2013/11/24: あきる野市横沢;木瓜爺撮歩46-07 珍しい庚申塔 (No.1784)

無名の神社の脇の坂を下ります。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

人家が並ぶ少し手前、3体の石仏が並んでいました。向かって右の端が問題の庚申塔です。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA まず全体像を見てください。庚申塔の形や図柄はいろいろあるのですが、これは、「角柱型庚申塔」。庚申懇話会監修の「石仏を歩く」という本を見ると、形状的には、「板碑型庚申塔」「舟型庚申塔」「角柱型庚申塔」「角柱笠付型庚申塔」「丸柱笠付型庚申塔」「駒型庚申塔」「丸彫型庚申塔」などがあげられています。主神が「青面金剛」のものの図柄では、本格的なものでは、2童子、4夜叉、2鶏、3猿、とか、日、月、蛇、女人、邪鬼、なども登場するようです。

庚申信仰というのは、仏教ではなくて、中国の道教に端を発するようですが、日本の民間信仰となる段階では、もう「何でもあり」になっています。道祖神とは一線を画しておいたほうが良さそうですが、猿田彦あたりが使われると、そのへんも怪しくなってきます。

本題に戻って、この角形青面金剛庚申塔、何が珍しいかというと、台座の三猿部分なのです。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

関東地方で多いのは、「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿ですが、これは違います。猿らしいのは烏帽子をつけた向かって左端のものだけです。これは、「三番叟」の図柄だと思います。「三番叟」というのは、「式三番」という能楽、伝統芸能のセットで、「父尉の舞」「翁の舞」「三番猿楽」で構成されます。どうもこの「式三番」の舞を表しているのではないかと思うのです。右端が仮面をつけた男の舞、真ん中が翁の舞、左端が猿の舞。・・・と、木瓜爺は解釈しました。

家内は、青面金剛が踏んづけているのも猿だと聞いたというので、その部分を拡大します。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

木瓜爺は、真ん中の頭は、「蛇の頭」だと思います。問題は、蛇に飲み込まれかけている物体ですね。サンショウウオがひっくり返っているようにも見えるし・・・・ここをどう見るか? 知恵を貸してください。青面金剛の持ち物も、一つ一つ考えたい感じです。ゆっくり研究します。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

庚申塔の前の谷に土管で水がでています。これは、横沢入からの水流のようです。斜面を地中の管で下ってきたのですね。

さて、帰途につきます。しばらくは「瀬音道」と呼ばれる道をたどります。

足音に驚いたわけではないでしょうが、鷺が飛び立ちました。この五日市付近の秋川は、戸倉辺りから、大きな蛇行を繰り返して流れて行きます。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

川の中に妙な水車が・・・・ジャガイモを洗う道具だそうです。常設してあるところが凄い。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAあれ? 瀬音道はもう一つ上の道かな? この上の道は、岩走神社の前の道ですね。二つの道路を結んだ道は自動車は通れません。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

川岸の紅葉は、これからのようです。やがて、下の道が坂道になって上に登ります。上の道との合流点には、おなじみの庚申塔があります。ここも何度かブログに登場したように思います。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA真ん中の庚申塔は、「笠付き角柱型」で普通の三猿がいます。青面金剛の足元は、何かに乗っているようなのですが、崩れてしまっていて何かわかりません。感じとしては鶏などが彫られていたように思います。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

これは、「駒形」の像ですが、少女でしょうか? 髪の毛があるようです。墓標ではないように思われるのですが・・・

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA  この石もいつも気に成っている石。何か彫られていますね。自然石の中に、浅い彫りで舟型をつくり、お稲荷さんのマークのようなものも浮いてみえます。下の方には梵字のようなものもあるのですが、木瓜爺にはまだ解読できていません。

五日市駅に戻る前に、もう少し川沿いを見物。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

これもご存じの場所。時宗の寺「金玉山大光寺」でKONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAすが、この横で河原に下れる道がありました。 ここで、小休止です。紅葉はもう一息です。写真に写っている大光寺の山門をみて、時宗のお寺はこういう山門? と家内に聞かれたのですが、藤沢にある時宗の総本山、「清浄光寺(通称 遊行寺)の総門が、この「冠木門」でした。ただ、時宗の専売特許ではなくて、元々は武家屋敷の裏門などに用いられていた形です。他の宗派の寺院でも裏門などで時々お目にかかります。大光寺の場合も、ここは裏門(車が入れる門)の位置に使われていて、正面の山門は屋根のある門でした。

あとは、一路、五日市駅へ・・・途中ちょっと川が見える場所があったので、市街地の秋川の様子を写しておきました。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

かくて、横沢歩きは終了です。
明日からは、また青梅線沿線? いやその前に、村山貯水池だなあ・・・

広告
カテゴリー: , 自然観察, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中