2013/12/24: 奥多摩町鳩ノ巣;木瓜爺撮歩75-11 鳩ノ巣小橋 (No.1814)

今夜はクリスマスイヴ。浮かれて外出すると、すべって転びそうだから、おとなしくブログでも書いていよう。

m75-10-18F6799さて、気になる水神様ですが、社殿の中には御弊が入っているだけでした。旧道を離れて、左に下ります。m75-10-19F6802

m75-10-20F6803道の正面は、国民宿舎が幕に覆われています。左の方に、観光者用トイレがあるのですが、そこが遊歩道の入口でした。m75-11-1F6804

ここは、整備されているのですが、階段を下った途端に・・・

m75-11-2F6805

おいおい、石積がくずれるって・・どこが危ないのか?m75-11-3F6806

下のコンクリートで固めたところではなく、上の段のようです。早く通り抜けましょう。m75-11-4F6807

遊歩道は、舗装されています。濡れていなければ、問題なさそうな道です。ただ、紅葉が散って幾日も経っていませんので、落ち葉に滑らないように歩いてゆきます。m75-11-5F6809

渓谷を覗くと、ちょっと怖いです。身体がふらつくようになってから、高所恐怖症になってきました。

m75-11-6F6810 鳩ノ巣小橋

「鳩ノ巣小橋」に到着です。ここは、吊り橋です。基本的には、この2本のワイヤーに命を託するわけです。橋のたもとに「ぽっぽ」というお店(ギャラリー)があります。この日は「CLOSE」の看板が出ていました。吊り橋を渡ります。揺らさないように歩かないと写真が写せません。大勢の観光客がいると、困るのですが、今日は静かなものです。なお、この吊り橋は5人以上にならないように注意書きがあるのですが、子供も爺婆も読まないですねえ・・・

m75-11-7F6813

m75-11-9F6821橋の中央で写真を写しましょう。ワイヤーが一番低くなる所だな・・・上流方向です。やはり縦位置の方が落ち着くな・・左の方に細い道がありますね。あれが白丸ダムに行く道です。割合歩きやすい道だったと記憶しています。

さて、下流側です。他の方のブログなど見ると「下流側20m位の所に玉川水神社が見える」なんて書かれているのですが、言葉どおりに見えるかどうか?

いかがでしょう? 見えませんね? 木瓜爺は知っているから、分かりますが、初めての方には分からないです。説明の書き方が舌足らずなのです。見えないと探しますね。

m75-11-10F6814 下流側

「ぽっぽ」の並びにはないかな? 勿論、ありません。 距離もかなり離れています。m75-11-11F6815100m以上あるでしょう。どう書けば正しく伝わるのか・・・

鳩ノ巣小橋から下流を見ると、左岸の大きな岩の上の林に、玉川水神社の小さな社が見える。でしょうか? 望遠で覗けば、確かに見えています。 確認出来たので、吊り橋を渡りきりました。

m75-11-12F6817

橋のたもとに、ベンチがありました。時計を見ると、もう12時を過ぎています。

m75-11-13F6824m75-11-14F6825

ベンチに座って、昼食、一服・・・・大休止ですね。なお、河原の方から鳩ノ巣小橋を見上げると、こんな風に見えています。

m75-11-16F6835

ゆっくり休んで、さて、玉川水神社にお詣りするか・・・吊り橋を、渡り返します。渡り終わって「ぽっぽ」の横の道に入りました。

m75-11-15F6826m75-12-1F6812

広告
カテゴリー: 里山, 自然観察, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中