2014/08/14: 日野市散歩;木瓜爺撮歩63-22 大澤山宗印寺 / 平山季重の墓所 (No.2047)

平山季重神社から下って、駅への標識に逆らって、大澤山宗印寺に向かいます。といっても、地図に示された道は、かなり遠回りの様なのです。かすかな記憶に、墓地の横に登山道があったような・・・少なくとも、こんな遠回りの筈がない・・

m63-22-00 F8736

坂道を上がって行くと標識杭がありました。これを「少し先で左に入れ」と読みました。すぐに左に入ってしまう人が多いらしく、踏み跡道がついていますので、びくびくです。

m63-22-01 F8739

ここらで左に入れば良かろう・・・早く左に出た人もここで一緒になるようです。左に入って真っ直ぐ行くと、突き当たり部分で、左に入る小径がありました。道標は逆方向の表示だけですが、多分、これだろう・・突入!。違っていたら戻って来る・・

m63-22-02 F8740

 

 

道はぐんぐん高度を下げますが、視界が開ける場所もあります。

m63-22-03 F8741

平山季重は、西多摩に幾つか寺を建てているのですが、調べていて気付いたことがあるので、ここに書いておきます。もしかすると、どなたかがちゃんと調べてくださるかも知れない・・・

季重は、かってのボスだった「源義経」を奥州征伐で死に追いやることになってしまいました。しかもその功績で、鎌倉幕府にある程度の地位を貰い、領地も増えます。でも、人間として、義経に申し訳ないと思う心は起きなかったのでしょうか?

奥州世伐で義経を殺したのが、文治5(1189)年です。そして、季重が五日市横沢に「大悲願寺」を建立したのが、建久2(1191)年。・・・これは、義経の三回忌を意識しているのでは無いでしょうか? さらに、建永2(1202)年、季重は檜原村小澤という所に、「宝蔵寺」を立てています。これは義経13回忌を意識していないか? 季重がもっと沢山の寺を造っていればまた解釈が変わりますが、木瓜爺が知っているのはこの二寺だけなのです。季重が人間であったあかしに、それとなく義経供養を営んだのであって欲しい・・・木瓜爺の願望です。

 神社の方は、承元元(1207)年に、我が家に近いあきる野市の「小宮神社」を創建しています。木瓜爺の撮歩もだいぶお世話になっている事になります。小沢の宝蔵寺は、近日参上します。

m63-22-05 F8744

m63-22-06 F8747

 

 

墓地に出ました。右の方に寺がある筈。墓地の入口に、標識が立っていました。

m63-22-07 F8748

季重の頃の舘がどこに有ったのかは、説がいくつかあるようですが、この「宝印寺」も屋敷跡候補の一つになっています。日野市では「平山城址公園駅」のすぐ近くの屋敷跡候補地に「平山季重ふれあい館」と言うのを作っています。

m63-22-08 F8752

ここは、右に上がると山門です。

m63-22-09 F8754

「大澤山 宗印禅寺」。ここは「曹洞宗」。武相四十八観音霊場 第四十四番札所。 《金峰山永林寺末、本尊は聖観世音菩薩です。境内は昔、安行寺無量院のあったところといわれています。》と日野市観光協会の資料に書かれています。「金峰山永林寺」というのは、平山城址公園の南側つまりこことは反対側の山麓にあるお寺ですね。・・・また行く所が増えてしまった・・・

この「宗印寺」回りのお寺が廃寺になったりして、その遺物を収容しているために、見る物が沢山あります。今日一日では書ききれませんので、本堂と平山季重の墓だけ紹介し、後は明日に回します。

m63-22-10 F8756

まずは、山門。「大澤山」の額がかかっています。

m63-22-11 F8757

正面が本堂です。左の方を見ます。

m63-22-12 F8761

庫裡のようです。旧盆の回向のための卒塔婆が並んでいますね。

m63-22-13 F8758

本堂には、「宗印寺」の額です。「南無観世音菩薩」で合掌。 本堂の横に鳥居が見えます。何でしょうね? 額は善福閣でしょうか? 階段登りのようです。後回し・・

m63-22-14 F8763

更に右にカメラを振ると・・・お堂が二つ・・・

m63-22-15 F8762

「平山季重」の墓というのは、あの二つのお堂の間にあります。以前は、平山城趾公園駅のロータリー部分に「大福寺」というお寺があって、そこの墓地に季重墓があったのですが、廃寺になってしまって、こちらに墓を移動したとのこと。墓地は小学校になったようですね。

m63-22-16 F8770

墓としていますが、「五輪塔」のようです。壇地の所に上がって行きます。

m63-22-17 F8772

この「五輪塔」のようです。合掌!。明日はこの墓のまわりの紹介です。

広告
カテゴリー: 里山, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中