2014/08/21:武蔵御嶽神社参道;木瓜爺撮歩86-04 福昌山心月院 (No.2054)

早起きすると、秋の気配を感じますね。残暑がどのくらい続くのか・・・

m86-04-04 G_8498

今、吉野街道の「桧沢」というバス停を通過しています。真っ直ぐ行って、左に出てくる橋を渡ると御岳駅に着くという位置です。

m86-04-05 G_8502

道端の地蔵堂。後ろの山は杉林だったのですが、杉花粉対策で伐採されてしまいました。花粉の少ない種類の木に植え替えるのでしょうか?

m86-04-06 G_8504

中華料理(ラーメン屋?)の看板が見えます。あの前辺りに寺の入口があったような記憶。合っていました。カヌーが積まれた家の奥にお堂らしいものが見えます。

m86-04-07 G_8505

m86-04-08 G_8507

山門は、笠木のない鳥居みたいなタイプ・・正しい名称は何だったっけ?「冠木(かぶき)門」でしょうか? こう呼ばれるのは、横に袖が付いていたように思います。

m86-04-09 G_8509大きな「不許葷酒入門」の碑、「戒壇石」とか言うらしいです。年号が入っていました。「元治(げんじ)元年」というと、1864年。江戸の末期ですね。この寺、創建年代不明ですが、江戸期からあることは確かなようです。

m86-04-10 G_8510 心月院

「福昌山心月禅院」曹洞宗のお寺で、本尊は「薬師如来」だそうです。

 

 

 

m86-04-11 G_8512

大きな庚申塔も立っていました。左の方にお堂がいくつか建っています。

m86-04-12 G_8514

m86-04-13 G_8515

 

 

 

 

 

 

 

一つは、如意輪観音と地蔵菩薩のようです。これは薬師如来ではないから、例の「奥多摩新四国八十八ヶ所第22番札所」ではないわけだ・・・

m86-04-14 G_8516 如意輪観音

m86-04-15 G_8517

もう一つは・・・庚申塔かな? 馬頭観音かな? 庚申らしい・・・

m86-04-16 G_8518

m86-04-17 G_8520

本堂です。「福昌山」の額がかかっています。合掌・・・「オンコロコロセンダリマトオギソワカ」です。

m86-04-18 G_8522

更に二つお堂を見付けました、なになに?左側の青い幟「南無大師遍照金剛」です。左が例の20番札所ですね。右の赤い幟は「南無薬師如来」! しまった、薬師様はこちらに居られるらしい・・

m86-04-19 G_8523

m86-04-20 G_8524

 

札所の方は、確かに二体の石仏、弘法大師と薬師如来ですね。薬師堂の方も石仏かな?

m86-04-21 G_8526

m86-04-22 G_8528

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、厨子に入られた薬師様のようです。改めて、ご挨拶。

思いがけず沢山の仏様にお会いできました。さて、この辺で失礼して、「熊野神社」に向かいます。ちょっとだけ離れたお隣さんのようです。ここの写真は、G9の強いコントラストのお陰で、割合鮮明に写せましたね。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中