2014/08/23: 木瓜爺撮歩86-06 夏の御岳渓谷 (No.2056)

第二の熊野神社は、出直して、渓谷を眺めながら行く事にしました。今日はそのときの様子です。

m86-06-01 F6844

御岳駅を降りると、大勢の方が御嶽山下に入るバスの停留所の方に行きます。木瓜爺は逆方向です。

m86-06-02 F6845

このみちも歩道が無い道です。右側通行すべきなのですが、左側の川原に下る場所を探さねばならないので、あえて、左側を進みました。それ程遠くまで行かないで、下れるはず・・

m86-06-03 F6847

ここはちょっと広めですね。さっき少女がここを入ったので、後を追う形で入ります。m86-06-04 F6849すぐに右に曲がるようです。成る程、カヌーの練習の基地のような家らしい。前を通らせて貰って、進みます。 すぐに、川沿いの道に合流しました。当分は川沿いに進みます。

暫く行くと、練習しているカヌーが見え始めました。あの赤い船は、激しい流れを抜けてきて、岩陰で一息入れているようです。

暫くすると、下流の激流にこぎ出して行きました。追っかけ写真を写したいのですが、今日のカメラは、コンパクト・カメラのFINEPIX F100 なのです。望遠機能もあまり有りませんので、さらりと参ります。

m86-06-05 F6850

この日は、カヌーばかりでなく、ゴムボートに大勢乗っていました。高校生か中学生・・何かの訓練でしょうか?

m86-06-06 F6856

m86-06-07 F6858

えーと、この橋ではないな・・・もう一つ先の橋をわたることになっています。画面の右端に何か見えますね。あれは白丸ダムから、地下パイプで送水してきて、山の上から落としている水の出口です。

m86-06-08 F6860

歩いている遊歩道はこんな道です。

m86-06-09 F6861

渓流釣をしている人もいます。ボートと喧嘩しないのかな?

m86-06-10 F6862

m86-06-11 F6864

さっきの水の出口のところ、「あぶない」というのは、ボート向けなのか、水遊び向けなのか、分かりませんが、ここで水温も変わるのかも知れません。これより上流は、ややボートが遠慮する場所のようです。つまり、釣の方が優先権? いや水遊び最優先のようですね。

m86-06-13 F6865

 

 

 

 

この右、上流側には釣り人が頑張っていました。表示をみていると、ルアーを投げられる場所らしいです。

m86-06-15 F6869

でも、普通の釣をしているようですね。

m86-06-16 F6872

m86-06-17 F6874この上流は、人が減りました、渡る橋が見えて来ました。あの橋の手前に、「ツリークルージング」をする場所があります。つまり「木登り遊び」です。この木です。綱がぶら下がっていますね。今日はいないのかな? 道端に、リュックサックが三つほどおかれていましたから、どこかにいるのでしょう。

さて、橋を渡ります。m86-06-19 F6882

この橋は「かみじはし」というようです。

m86-06-18 F6877

m86-06-20 F6884

この橋を渡り、ちょっと右に行ってそこから坂を上がって行くと、御嶽神社の大鳥居の前にでるのです。言い換えると、神社から歩いて戻って来た時は、この橋を渡って駅に戻るのです。

広告
カテゴリー: , 里山, 自然観察, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中