2014/10/30: 続・日野市散歩;木瓜爺撮歩90-06 青龍山 萬福寺 (No.2123)

「安養寺」を出て、「万願寺中央公園」の南側を回り北に向かおうとしています。m90-06-01 F1116

というのは、この地図でへんな名前の公園を見付けたからなのです。

m90-06-02 F1117

「日野万大六天公園」です。日野は良いとして、「万」というのは「万願寺」の短縮でしょう。その後の「大六天」は神社の名前ではないかと思ったのです。「大六天」については、何度の書いているので省略しますが、大元は「他家自在天」という「悪魔」を祀った神社若しくは「祠」です。Choi-Boke爺ちゃんのブログを紹介しておきます。18-木瓜爺撮歩56-15 片倉町の大六天神社  (No.1593)

「万願寺中央公園」の塀沿いに北上。中央公園の正面口の前を通過します。

m90-06-03 F1120

突き当たって左・・・歩いているうちに、このシリーズの冒頭にかいた、将棋の地口、「王手は日野の万願寺」について、ちょっと一言。日野の観光協会などは、この万願寺について、江戸の町に攻撃をかれる時の急所というか、守りの要になる地点であるからこの地口が生まれたなどともったいを付けていますが、木瓜爺はそうは思いません。軽口を叩きながら将棋を指す庶民が、そんな軍事的なことをいう筈が無いのです。土地の名前が出てくる地口を思い浮かべてください。例えば「おそれいりやの鬼子母神」 おそれいりました・・入谷の鬼子母神 たんなる「音あそび」なのです。木瓜爺の想像ですが、「万願寺渡し」では、渡る人を負ぶってわたる人足がいたのではないでしょうか? だから、「王手」と「(背)負う手」を引っかけて「おうては日野の万願寺」とやったのでは? そして王手をされた方は「所沢の東吉も、王手にや逃げる」と、返したような気がするのです。

ぶつぶつ言っているうちに、公園に着きました。でも、単なる三角形の空き地です。

m90-06-04 F1126

m90-06-05 F1127

 

 

 

 

 

 

しかし、大きさとしては、小さな祠を祀るのに丁度良い位の広さです。多分、昔、そう言うものがあったのでしょう。 確かめたので、少し後戻りしてから、住宅の間を縫って、「萬福寺」に向かいます。まだ新築住宅建設中ですね。こんなに家をふやしても、最後はみんな廃屋になるだろうに・・・

m90-06-06 F1129

「萬福寺」というのは、臨済宗建長寺派のお寺です。新編武蔵風土記稿などで、「天正14(1586)年、心峰良益が開山」と伝えられています。かなり古いお寺ですが、現存する建物は、そう古いものではありません。

m90-06-08 F1131

このあたりの筈だがと曲がった道で、「庚申供養塔」の立つ入口が目に入りました。庫裡の入口だったようです。ちょっと先に寺の入口がありました。

m90-06-09 F1132

「青龍山萬福寺」です。このお寺、日野市では花の寺として有名なようです。花と言っても、「蓮の花」なのです。なんでも、28年掛けて50種類ほどの蓮を咲かせるようになったとか。

m90-06-10 F1135

池ではなくて、こういう水瓶鉢での栽培です。もう花は終わっていますが、こういうものを分けて頂けます。生け花などの材料でしょうか?

m90-06-11 F1136

では、本堂の方を・・・あまり本堂らしくみえないなあ・・

m90-06-12 F1137

m90-06-13 F1138

この位置が、本堂正面ですね。本尊は、新編武蔵風土記稿の頃までは「達磨大師」だったようです。座禅の元祖ですね。現在は木彫りの「薬師如来」だそうです。

m90-06-14 F1140

案内を請うとき叩く板、正式名称は何だったけ?「開板」だったかなあ? に書かれていることを読んで、木瓜爺首を傾げました。「修證義」を短縮したみたいだ・・「修證義」は曹洞宗の経文ですが、臨済宗も禅宗ですから、ポイントになる部分は、共通なのでしょうね。「生死事大」「無常迅速」「光陰可惜」「時不待人」。

合掌一礼。帰ります。 手水鉢、苔が見事に乗っています。

m90-06-15 F1142

古いお寺なので、もう少し石物があるかとおもったのですが、さっぱりしていました。m90-06-16 F1149考えてみると、モノレールが動き出す前は、このあたり一面の畑でした。人が住んでいなかったのだから、石仏もいないわけですね。

駅に戻る途中に貼ってあったポスター、「東光寺」ってどこだろう? 「東光寺みち」というのが、日野のどこかにあったなあ・・後で調べたところ、八高線の「小宮」駅と中央線の「日野」駅の中間あたりに、成就院東光寺というのがありました。そのうち出かけます。

モノレール、万願寺駅に戻って来ました。今回は一旦引き上げます。次は、「万願寺域」の西にある「上田」と「川辺堀之内」という地域を回ります。

m90-06-17 F1153

広告
カテゴリー: , 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中