2014/11/10: 奥多摩町散歩;木瓜爺撮歩92-05 [縁結び地蔵] 観音に化けた地蔵 (No.2134)

珍しい「牛頭観音」を後に、「奥多摩むかし道」を下ります。この部分は、旧青梅街道なのだろうと思っていましたが、大昔の道とは異なるようで、旧の旧道というような道もあるようでした。ちょっと後ろを振り返った風景。駅の方から登って来る方は、こういう景色を見ながら歩いているわけです。 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA                     KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA 木瓜爺の進行方向は次の写真。左の岩や石垣には落石防止の金網が掛けられています。昔の道は、馬と牛が車でしたから、ガソリンスタンドがあります。「馬の水飲み場」です。ここには、馬子や乗客(?)用の休憩所も出来ます。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA             KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA 馬つなぎ場などが残っている場所もありますが、ここでは明確ではありませんでした。茶屋の名残的な家屋はいくつか残っているようです。そういう家で使っていたのか、湧き水を利用した水道がありました。結構水があるらしくて、道路際にこんな水槽(下右)まであります。 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA             鯉が睨んでいました。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA     滝も見えますね。さてしばらくはまた紅葉を楽しむか・・・ KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA               KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA   「縁結び地蔵尊」が近づいて来ました。ここはかねてから疑問に思っていた「お地蔵様」なのです。崖の上に、二つの石碑があるのですが、木瓜爺にはどうしても「地蔵菩薩」に見えないのです。今日はちょっと長いレンズを付けていますので、アップして確かめます。まずは「説明板」から見て頂きましょう。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA         ちょっと上の方が切れてしまいましたが、「縁結び地蔵尊」という名前です。「二叉の大根」をこっそり供えて祈れば「結縁成就」だそうです。でも、崖の上に供えに行くのが一苦労ですよ。崖の上には、二つの石仏が並んでいます。向かって右の方が、問題の地蔵だというのですが・・アップして並べます。 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA 左のは、「文字碑」ですが、「馬」の字が見えます。つまりこれは、「馬頭観音」です。問題の右の仏様。地蔵様は丸坊主の筈ですが、明らかに頭に何か乗っています。「如来の肉髻」なのか、「観音菩薩の冠」なのか? 「地蔵菩薩ではない!」と言わざるをえませんねえ・・皆さん何仏と思われますか? 「奥多摩は寒いので、頭巾をかぶっている地蔵様だ」などとおっしゃる方もおられるかも知れません。 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA 徽章(?)の付いた冠ですね。「地蔵の頭にリスがへばりついているのだ!」 右の耳辺りは欠けているようです。左側は大きな耳たぶが見えます。 木瓜爺の出した結論(?) 地元の人が「地蔵」だと言うのだから、「観音菩薩に化けた地蔵菩薩」である! 横に馬頭観音碑があるのですから、これも馬頭観音に化け損ねた(?馬がつぶれた?)地蔵様なのでしょう。 「縁結び地蔵」の次は・・「しだくら橋」という「吊り橋」の名所。ところが、へたくそな歩き方で、橋を揺さぶっている爺ちゃん集団がいるので、木瓜爺は「説明板」だけ写して、パスです。この橋、3人が制限人員なので、混むと順番待ちになってしまいます。 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA この辺りの渓谷、川幅が狭いので、筏が組めないのです。材木を一本一本バラで流していたのです。 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAこの「惣岳渓谷」、回りの樹木が多いので、あまりよく見えません。それで、先ほどの「しだくら橋」の上から眺めようと思うのですが、ゆらゆらするので、写真も撮せなくて逃げ帰ることもあります。m92-06-00 F7702 「がんどう馬頭尊」? これがよく分からなかったのでした。ここにあるわけではなくて、旧道の旧道の方にあるらしい・・・本来の「馬供養碑」のようです。説明板の下におかれているのは、丸い石? どういう意味かな? 下にある台の方の文字に意味があるのでしょうね・・・m92-05-19 F7703

広告
カテゴリー: 里山, 自然観察, 花・紅葉, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中