2014/11/25: 続・日野市散歩;木瓜爺撮歩90-16 萬照山 成就院 東光寺 (No.2150)

地蔵堂の存在に気が付き、一旦道路の方に出ました。

m90-16-01 F1701 地蔵堂

割合新しい建物のようです。道路には側面を見せています。まだ改修工事中のようですね。石造りの郵便ポストがおかれています。どういう意味なのか?

m90-16-02 F1705

天台宗東京教区の寺院についてかかれたサイトでは、萬照山東光寺 成就院(通称:東光寺の安産薬師)に「水子地蔵尊堂」という言葉が出て来ますので、この地蔵堂の事でしょう。このサイトの説明の一部をコピーしておきます。本尊についての詳細がありました。

『薬師堂本尊:東光寺の安産薬師如来(木彫坐像、等身大、室町期、市指定重要文化財)  脇侍: 日光・月光両菩薩(木彫立像、一尺八寸、室町期、市指定重要文化財)      眷属: 十二神将』

成就院については、『開創:開創年暦等不詳  本尊:阿弥陀如来 (木彫坐像、一尺三寸、舩後光付、相傳テ慈覚大師ノ作ト云)』

と書かれています。

その「成就院」がどこに有るのか、道路の方を少し先まで行ってみました。すると、ちょっと離れたところに、それらしき建物が見つかりました。

m90-16-14 F1706 成就院

ひっそりしていますが、ここが「成就院」本堂のようです。

m90-16-15 F1707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お留守番をされているのは、「宝珠」を持たれた地蔵菩薩でしょうか? 後ろの方に達磨大師もおられるようですね。ちょっとうろうろしたのですが、裏の方に大きな石灯籠がありました。

m90-16-16 F1711

どうも、地蔵堂の後ろに、車もありましたから、あの辺りが、人間の生活との接点のようです。まだ何かあったように思えて、もう一度引き返しました。

m90-16-03 F1691

呼び返して下さったのは、この観音様のようです。「ぼけ封じ観音」これはお詣りしておかないと・・・

ここで、右の方に、四天王が立って居られることm90-16-04 F1694に気付きます。これは、「広目天」でしょうか? ほかにもう3体おられる筈。探して見ましょう。でも近くには居られないのです。m90-16-05 F1695

 

ここはお地蔵様ゾーンらしい。

後ろに六地蔵が居られるようです。

「六地蔵堂」になっていました。

m90-16-06 F1696

そして・・小さな地蔵様と釣り鐘・・・

m90-16-07 F1697

m90-16-08 F1698

 

 

 

 

 

この辺ではないらしい・・・

m90-16-09 F1700

あれ? 寺らしい柱・・・この一角が現在の成就院の本部(?)かな? 「こっちだよ」 木の間から声がかかって(?) 「増長天」です。ついで・・

m90-16-11 F1718m90-16-10 F1716

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塔を掲げた「多門天」あれ? 東方守護の「持国天」が見つからない・・・最初の広目天のところに戻ってみよう・・・なんだ、地蔵m90-16-13 F1726堂の裏だった。鎧兜に身を固めた「持国天」です。

全体としては、四方を固めた形になっているのでしょうが、真ん中になにもないので、見付けるのに苦労しました。

とにかく、全部見付けたので、次に進む事にしましょう。

次は「日野宮神社」という神社なのですが、1km程東になります。少し疲れたなあ・・・ 気分的に迷いながら、バス通りに出てみたら、運悪く(?)バスが来てしまいました。一旦引き上げ、出直すことにしましょう。

明日は、ちょっと脱線します。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

2014/11/25: 続・日野市散歩;木瓜爺撮歩90-16 萬照山 成就院 東光寺 (No.2150) への1件のフィードバック

  1. へーすけ より:

    成就院の本堂は只今建て替え中で更地です

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中