2014/12/06: 続・日野市散歩;木瓜爺撮歩90-19 高幡山の紅葉 (No.2161)

木瓜爺珍百山に欠かせない「山」が、この「高幡山」です。本名(?)は、「高幡山 明王院 金剛寺」通称「高幡不動尊」。境内の半分以上は「七生丘陵」に属する「不動ヶ丘」で、まあMounten でもあります。ここは、京王線高幡不動駅から3分、老人の足でも10分足らずで到着します。参道には土産店も食べ物屋もあり、空身でもお金さえもっていれば、心配いりません。境内を見て歩くだけでも、結構運動になりますし、「不動ヶ丘」に少し登れば、足のトレーニングになります。「あじさい」「紅葉」と年2回は、目を楽しませてくれる時期もあります。それと、「だるま市」も開かれますし、境内に出ている屋台売店が、地方の産物などを売っていたりして、結構楽しいのです。

今回は、11/27の紅葉をお目に掛けます。多分、今日、明日あたりは「名残の紅葉」になっているのではないでしょうか? 多摩地域で、ここより遅い時期に紅葉を見たければ、後は国分寺の「殿ヶ谷戸庭園」でしょうか? 多分、あそこが最後の紅葉だろうと思います。(念のため12/9に「殿ヶ谷戸庭園」を確認しましたが、もう遅すぎました。あまり違いはないようです。お詫びして訂正します)。 それより遅い場所? うーん、鎌倉まで遠征してください。冗談はさておいて、11/27、入手していた情報は「五重塔付近が綺麗」でした。

m90-19-01 F0814高幡山

駐車場の方から、山の方向もチェックします。

m90-19-02 F0821

結構色づいているようです。この日は、不動様の五重塔まわりの紅葉だけ写して、門前の「開運そば」で昼食をとり、百草園の「大宮神社」を探そうというプランでしm90-19-03 F0829た。散歩の相棒は、X20。旨く写せると、1グレード上の画像が出来そうな気がするカメラです。天気が良いので、そこそこ写るだろう・・ただ、まだISOの選択が掴みきれないでいます。山門をくぐりますが、ちょっと仁王様を写して見よう・・金網がついているので、顔だけのアップをトライです。m90-19-04 F0830

 

 

 

 

 

 

m90-19-05 F0832

m90-19-06 F0831

うん、これなら使えそうだ・・・フジノンらしい描写・・・なんて、勝手なことを言っております。

m90-19-07 F0833

何はともあれ、本堂に参拝。五重塔との間に出ている屋台で、「生姜糖」を仕入れるつもりだったのですが、屋台はあるのに荷を広げていません。今日はお休みらしい・・「しょうがねえなあ」とダジャレを言って、「丈六不動尊」は、ここから拝んでおこう・・・

m90-19-08 F0834

この五重塔は、写真に入れると、高幡不動であることが分かるシンボルです。

m90-19-09 F0838

m90-19-10 F0841どういう具合に紅葉と組み合わせようか?? 定番的な組み合わせです。これ、ストロボの光を右上の紅葉に送っています。それがないと、この葉が黒くつぶれてしまいます。m90-19-11 F0846

 

 

 

 

「不動ヶ丘」に入って、彩りだけを写して見ました。下のようなものも有りですね。m90-19-12 F0859

m90-19-13 F0874

「虚空蔵菩薩堂」の方に回って見ました。これは面白いかも・・・きりがないので、このくらいにしておきましょう。太陽の方向との関連がありますので、参考にはならないかも知れませんが、これは、12時に近い午前中の光線でした。

予定どおり、門前のそばやに入って昼食(木瓜爺撮歩としては珍しいことです)をすませ、「百草園」に移動します。

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 寺社, 散歩, 木瓜爺珍百名山 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中