2014/12/09:続・日野市散歩;木瓜爺撮歩90-22 清谷山 蓮華院 真照寺 (No.2164)

大宮神社から川崎街道に戻り、ほんの少し東に「わかくさ幼稚園」があります。この幼稚園、実は真照寺と関係があるようです。

m90-22-01 F0921 真照寺

m90-22-02 F0922

真照寺の説明板を見ましょう。なお、ここは地図の境界線が読みにくいのですが、「百草」ではなくて「落川」という地域になるようです。

m90-22-05 F0926

真言宗智山派・・高幡山金剛寺と同じです。本尊は「大日如来」ですが、観音堂があり、「千手観音」と「恵比寿天」を祀っています。観音様の方は、武相33観音の第8番。弘法大師の方は、多摩88霊場の第17番と石碑に書かれていました。そして、「恵比寿天」は、「日野七福神」だそうです。

m90-22-03 F0923

こじんまりとした山門ですが、元禄期の建造物だそうです。

m90-22-04 F0924

「南無千手観世音」の幟がはためいていました。境内の彩りが綺麗ですね。

m90-22-06 F0930

今の時期が一番綺麗な季節なのでしょう。

m90-22-07 F0931

m90-22-08 F0932

 

 

 

 

 

 

境内には、供養塔などもいくつか立っています。

まず六道地蔵にご挨拶しておきましょう。

 

m90-22-09 F0934

境内の紅葉が素晴らしいです。

m90-22-10 F0935

 

m90-22-11 F0940

m90-22-12 F0944

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m90-22-13 F0943本堂の扉が開いていました。大日如来が拝めるようです。 「大日如来」は座像ですね。後ろの壁には「曼荼羅」が掛けられているようです。 観音堂の方は、閉まっていました。m90-22-14 F0946観音堂

m90-22-15 F0948

m90-22-16 F0953

「十三重塔」もおかれています。境内の仏様にもご挨拶して行きます。m90-22-17 F0964

 

 

「聖観音」が紅葉に彩られて、実に綺麗です。

写真は省略しますが、「弘法大師」も居られますし、「多摩の寒葵」という絶滅危惧種も残っているようでした。このお寺見かけによらず(?)中身のあるお寺です。

ホームページもありますので、検索してみてください。日野観光協会の案内では「本堂横手の墓所には源義経の重臣で四天王の一人といわれ、歌舞伎「義経千本桜」で有名な佐藤忠信(1161~1186)の墳があります。」というのが目をひきました。

佐藤忠信といえば、歌舞伎の世界では「狐忠信」。この地に墓があるというのは、どういう関係なのでしょうね。 さて、この先は、落川(地名)に、神社が一つありましたね。そろそろ、「多摩市」との境目なので、うっかりすると越境してしまいます。

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中