2015/01/28: あきる野市散歩;木瓜爺撮歩82-18 薬王山長泉寺(廃寺?)と御堂 (No.2213)

珠陽院から、瀬戸岡に向かって歩き出した所です。それはそれとして、ちょっと脱線しまして、このあたりの廃寺について書いておきましょう。2014/12/12に書いたブログで、大澄山の上に何か施設があることを書きました。そのことを調べていましたら、これが「廃寺」になってしまった「世界平和観音」という物だと分かりまして、前述のブログに追記した所です。その他に、草花には「薬王山長泉寺」という寺があります。多西小学校の近くで、地図にはまだ寺名が残っています。それがこの建物です。住所は草花2977のようです。

この寺「廃寺」だという方と、「無住」とされている方がおられて、判然としません。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

「墓地」はそのまま使われているようです。ですから、状況的には「無住」という状態に見えます。かっては「秋川34札所 第14番」とされていたお寺で、本尊は「釈迦如来」。「弘法大師の爪彫り薬師像があった」とされています。「長泉寺坂」という地名もあるようです。なお、木瓜爺撮歩82-12「福寿山 慈勝寺」に書きましたように、本尊「釈迦如来」は「慈勝寺」に引き取られたようですから、やはり「廃寺」と見なすべきなのでしょうね。最近頼りにしている「あきる野市寺院一覧」には、「長泉寺」の名前は出て来ません。

長泉寺の西の方になりますが、「御堂中学校」が有ります。バス停の名前にも「御堂」が使われています。この「御堂」が何を意味するのか、いろいろ調べてみたのですが、よく分かりません。しかし、ちょっと離れたところに、木瓜爺がいつも気にしている「お堂」があります。

m82-18-04 F4678 お堂

m82-18-05 F4695

草花通りから平井川の方に下る坂道の途中にあるのですが、左の写真は坂の上から見た所、右の写真は坂の下から見たところです。入って行く石段がついていましたので、上がって見ると、こうなっています。

m82-18-05 F4692

「お堂」と脇にもう一つ「宝物殿?」。境内に立つのは、観世音と丸い頭の石は、墓石m82-18-06 F4683か供養塔か? 宝物殿? と書いた屋根の中には、墓碑のような石が収められていましm82-18-07 F4685 本然青心禅者た。それが、左の写真ですが「本然青心禅者」という字がみえます。「法名」なのでしょうか? 「禅者」というのは「禅を学ぶ者」というような意味のようです。このお堂、「庵」と言われるような、個人のお堂かも知れません。

m82-18-08 F4690お堂の方ですが、ちょっと隙間を作れましたので、中を偵察しました。中央部だけしか見えませんが、僧形の石仏と、お釈迦様の立像がお祀りされているようです。この配置をみると、どうやら個人レベルの「持仏堂」的なもののようです。

「失礼致しました。南無釈迦牟尼仏」。えーと、「合掌一礼」で行こう・・・

お堂の壁が注意を引きます。先日歩いた「奥多摩むかし道」の記憶が蘇ってきました。2014/11/11に書いた「耳神様」。穴の空いた石をお供えしていましたね。

m82-18-09 F4691

ここでは、釘にかけてあります。これが、何を意味するのやら?

孔のあいた石で願掛けをするのは、各地にあるようですが、耳神様に相当するのは、岡山県加茂町青柳にある「耳王明神」。近くでは狭山市にある「徳蔵寺」のお地蔵様がやはり穴あき石で、耳の治療でした。石神様などで、別の願掛けに使われることもあるようですが、ここではとりあえず「耳」修理をお願いした方が大勢おられるのだなあ・・木瓜爺もお願いしてみようか・・・と、思いました。石探しの方は忘れていました。

穴あき石というのは、初期の「通貨」ですね。それで、お賽銭的な意味合いが残っていて、各地に「穴あき石」を供えるという願いの方法があるようです。

m82-18-11 F4597

いろいろ書いている内に、滝山街道に出て来ました。瀬戸岡の交差点です。

m82-18-12 F4599

このまま北に進むと「菅瀬橋」で平井川を渡ります。渡ったら左折。

m82-18-13 F4602 菅瀬端展望

大岳山から伸びてきた尾根、あれは「馬頭刈尾根」だったかな? 「馬頭刈山」はあれでも、標高900m位有るのですよ。手前の「金比羅尾根」の方もよく見えていますね。

m82-18-15 F4605

平井川をさかのぼる形で、尾崎観音を目指します。たいした距離ではないのですが、この辺まで来ると少し疲れて、遠く感じます。

m82-18-16 F4607 尾崎観音

望遠で確認。見えました。観音堂の横の鐘楼が見えて来ました。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

2015/01/28: あきる野市散歩;木瓜爺撮歩82-18 薬王山長泉寺(廃寺?)と御堂 (No.2213) への2件のフィードバック

  1. taj1325 より:

    十里木ー高明山ー馬頭刈山ー大嶽山ー鋸山ー氷川へと歩いた懐かしい山並みを見せて頂きました。

    • bokejii より:

      私は逆コース専門でした。高明山からですと、長い登りですねえ。年寄りには、馬頭刈までで、もう根気がなくなるでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中