2015/02/15: 青梅街道狭山付近;木瓜爺撮歩98-09 殿ヶ谷地蔵尊 (No.2231)

「阿豆佐味天神社」の境内社からはじめるわけですが、だいぶ手入れが進んだ「阿豆佐味天神社」も、境内社のほうは未整備に見えます。社殿の左後部(神様の位置からみて)、山の上にある社は「奥宮」でしょうか?

m98-09-02 F5384

石段がついています。「交通安全」の幟が立っていました。鳥居の表札(?)は、文字が見えません。ついていなかったのかな?

m98-09-03 F5387

建物の中には、神棚がありますが、周囲は物置状態です。今日の撮歩で自動車にぶつかれないようお願いしておきました。「交通安全」の神社というと、国立市の「谷保天満宮」が、平成20年だったかに「日本最初のドライブツアー100周年. 交通安全祈願」というのをやっていましたね。Choi-Boke爺ちゃんのブログに書いたと思っていたのですが、書かなかったようです。いきさつは、次の通りです。『谷保天満宮梅林の「有栖川宮威仁親王殿下台臨記念」の石碑は、明治41年8月1日に、宮様ご先導による「遠乗会」と称されたわが国初のドライブツアーが谷保天満宮を目的地として開催された証です。宮様御一行は拝殿に昇殿参拝の後、帰途に就かれ、故障や事故もなく無事に東京に戻られました。』

その他に「猿田彦」を祀る神社が「交通安全」に力を入れていることも多いでしょう。ここは、どなたなのか?

最近では「交通神社」というのが出来て居ます。一昨日訪ねた「須賀神社」の調査をしたときに出てきたのは、京都市左京区に鎮座する「交通神社(こうつうじんじゃ)」が、須賀神社(すがじんじゃ)と同じ社に祀られていました。そして、1964年に須賀神社より分祀され、独立創建されたとのことです。 「阿豆佐味天神社」も、「交通神社」を作ったのかもしれません。

m98-09-04 F5393

これは、神様の右手方向(向かって左)。境内社長屋?です。赤い鳥居は、「正一位稲荷神社」、一昨日の「大野稲荷社」と同じく、「伏見稲荷」の系統です。ここは分かったのですが、隣が分かりません。昨日書いた「猫のあしあと」の情報によると、「神明宮、八幡社、熊野社、雷神社、厳島社、須賀神社」ということになります。

そういえば、社殿のすぐ横に、石祠があったなあ・・・これです。

m98-09-01 F5386

「幣」が入っているので神社だと思います。

さて、ここで方向転換して、青梅街道に戻りましょう。どこにワープすれば良いのかなあ? カメラ任せで、えいっ!

m98-09-10-DSC_3840

これは、「石畑」あたりでしょうか?

m98-09-11-DSC_3841

道路脇に置かれた石祠。こういうのも「屋敷神」の名残でしょう。

m98-09-12-DSC_3843

これは、道標。木瓜爺の手元にある地図では、新遊歩道は出ていないみたいだなあ・・これかな? 「たち山地蔵尊」の横の方を通って瑞穂第五小学校の手前を上がって行く急坂のところ、桜が綺麗な道のようです。春の散歩ですね。

m98-09-13-DSC_3845

 

 

 

 

やっと、「福正寺」入口が出て来ました。この先で奇妙な釜をみたのだった。

m98-09-14-DSC_3847

大きなお屋敷の入口のようですが、大釜がすわっているでしょう。お寺かと思ったのですが個人のお屋敷でした。「いしづか」という看板が見えますね。もしかすると・・と思って、横断して表札を確かめにゆきました。表札に書かれていたのは「石塚幸右衛門」。瑞穂町の町長4期目(2017年まで)。恐れ入りました。旧家の貫禄が、この大釜に表されているのかな?

m98-09-17-DSC_3851

さらに青梅街道を東へ・・・これは、名前をメモするのを忘れましたが、福祉関連の集会場のようですね。

m98-09-18-DSC_3853

m98-09-19-DSC_3854

 

 

 

 

 

 

ここにも、屋敷神のお稲荷さんが見えます。やっと、「殿ヶ谷バス停」に来ました。こm98-09-20-DSC_3856のちょっと先に十字路がありまして、お地蔵さんが居られます。火の見櫓が目印・・現在は、実用には使われていないようです。

ここです。「殿ヶ谷地蔵尊」。由来などは定かでありませんが、長く青梅街道を行き交う人々を見守っていて下さるようです。横に立っている石碑は文字が読めません。

この横に、「力石」がおかれていました。

 

m98-09-21-DSC_3857

m98-09-22-DSC_3859

m98-09-23-DSC_3860

 

 

 

 

 

 

 

この力石と、火の見櫓の由来が説明されていました。

m98-09-06 F5400ここを過ぎると、「阿豆佐味天神社」の入口が近づきます。入口に立っている大きな石碑を見て、今日はおしまい、この先は「武蔵村山市」に入ります。武蔵村山市では、「岸 須賀神社」「里山民家」「須賀神社奥宮」「禅昌寺」「宿薬師堂」「赤稲荷」を訪ねます。なんとか2/20までもつかな?    m98-09-05 F5399 青梅街道付近からみた阿豆佐味天神社そろそろ次の仕込みに出かけ無いといけませんね。

広告
カテゴリー: , 公園, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中