2015/03/03: 小金井市散歩;木瓜爺撮歩95-21 雲龍山西念寺と小金井小次郎の墓 (No.2247)

今日は雛祭り、京王百草園の雛の祭り写真です。左の方にあるのは「吊るし雛」。

DSCF6230 雛祭り

撮歩の続きに戻ります。

m95-20-12 F5844

「公明寺跡」から少し北に進んで、右折。そこにあったバス停。質屋が坂の上にあったのかな? 面白い地名ですね。m95-21-01 F5845

 

小金井のバス停名は、何故だ? の疑問を持ちながら歩くと、結構面白いですよ。そんな閑はない?

m95-21-02 F5846

上の道は、多分「小金井街道」昔からある方の道です。これをくぐって行きます。ほどm95-21-03 F5848西念寺墓地なく、「西念寺墓所」があります。そこに、ちょっとした有名人の墓標があります。墓地が見えて来ました。「西念寺」は左に曲がりますが、真っ直ぐ行って墓地の入口を入ります。まず出迎えてくれるのは、庚申塔です。m95-21-06 F5948

 

 

 

「寛文6年(1666)庚申塔」です。古い形式なので、青面金剛ではなくて、「地蔵尊」の庚申塔になっています。この形は珍しいものですが、説明板には、この近くにもう一体あることが書かれています。

墓地の中央に進みましょう。ひときわ大きい石柱があります。

m95-21-05 F5947

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m95-21-04 F5940 小金井小次郎墓所

高さは3mほど有ります。墨痕淋漓と言いたいのですが、彫られた文字は、山岡鉄舟の書と言われています。山岡鉄舟というのは、勝海舟の命令で西郷隆盛に逢いに行った使者です。そう江戸城無血開城の交渉係。当時の名前は「山岡鉄太郎」。

「小金井小次郎」というのは、ご当地に席をおいていた博徒。やくざの親分です。小金井の名主であった「関家」の出身です。罪を得て三宅島に島送りになったりもしたのですが、縁あって、火消しの親分「新門辰五郎」の舎弟となり、辰五郎親分に感化されて、小次郎もただのやくざではなく、地域に役立つ人間になっていったようです。浪曲などの主人公にもなった有名人です。晩年の清水次郎長などとも逢っているようです。

3mの石碑(墓そのものではなく、追悼碑)の周囲は「関家」のお墓でしょう。その中のどこかに眠っているのかな?

と言うことで、墓地を出て、西念寺の本堂に行きます。前にバス停がありました。

m95-21-08 F5849

m95-21-09 F5850

「雲龍山 西念寺」浄土真宗本願寺派のお寺です。

境内にある由緒掲示によると、『本寺は、元和三年(1617年)本願寺第十二世法主准如上人が江戸浜町に浜町御坊(別院)を建立せし時、その末寺として元和七年(1621年)開基釈宗練法師が開創す。明暦三年(1657年)正月十八日有名なる振袖火事で類焼の厄に遇い、別院と共に築地に移転す。m95-21-12 F5856
大正十二年(1923年)九月一日関東大震災にて再び堂宇、古記録等悉く烏有に帰す。
その後区画整理の為第十五世宗慰法師が門信徒と協議、昭和三年(1928年)六月一日現今地に移転す。
門信徒の格別の御尽力により、前住職悲願であった本堂は昭和四十年(1965年)に、庫裏は昭和五十二年(1977年)に落成し来法灯現今に至る。』ということです。

最初は、1617年に「浜町」に建てられた寺、「振袖火事」で、築地本願寺などと同じように「築地」に移転。1923年関東大震災で焼失。1928年にここに再移転。という歴史です。

1977年に庫裡も落成したとありますが、写真は本堂にとどめます。庫裡は、向かって左手前にあります。

m95-21-11 DSCF5852

境内で目につくものとしては・・・これは、庫裡新築の記念碑ですね。

m95-21-13 F5857

m95-21-14 F5858

本尊は「阿弥陀如来」でしょう。小金井市史に書かれていたかな? やはりそうですね。

『西念寺 (所在地)中町4-11-10。浄土真宗本願寺派。阿弥陀如来を本尊とし、釈宗練法師を開基とする。徳川家康江戸入府ののち、江戸浜町に浄土真宗本願寺別院を創建したとき、その末寺として元和7年(1621)創立されたが、その後、明暦3年(1657)本願寺別院とともに江戸築地に移転した。大正12年(1923) 9月1日、関東大震災で類焼、震災後東京市街の区画整理により寺域を削減された。よって15世住職勝田宗慰は檀家と協議のうえ、昭和3年(1928) 6月1日現在の地に移転した。寺宝に碧山作の四睡の図がある。』

由緒碑とほぼ同じですね。 さて、次は、直ぐ近くにある「天神山 金蔵院」真言宗豊山派のお寺です。

広告
カテゴリー: 行事, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中