2015/03/17:国分寺市散歩;木瓜爺撮歩95-30 武蔵国分寺薬師堂 (No.2261)

この国分寺薬師堂のことは、何度か書いたつもりなのですが、探すと出て来ない? Choi-Boke爺ちゃんのブログでは、12月23日:木瓜爺撮歩24-13 仁王様&雑木林のみち でしょうか。 木瓜爺ブログでもある筈なのですが・・現在の国分寺のことを書いていませんね。この次、行った時には、今の国分寺を主眼に書いて見ましょう。

m95-30-01 F6536八幡神社からは、一直線に行けます。社殿前から東に入ればよいのです。こんな道です。数十メートルで、お地蔵様が迎えて下さいます。m95-30-02 F6537

 

 

 

もうここは、薬師堂の前です。大きな説明板が立っています。

m95-30-03 F6538

等身大の大きな薬師如来です。木瓜爺が高校生くらいの時は、お堂に穴が空いていたりしたものですから、何度か実物にお会いしていますが、最近は全くお目にかかれません。

m95-30-04 F6539

鐘楼があるのですが、撞木が外されています。付けておくと、ごんごんと鳴らされるからでしょうが、ちょっと淋しいですね。

m95-30-05 F6541

お堂は6間の平方形でしょう。扉が締め切りなので、お薬師様の似顔絵(?)m95-30-06がおかれています。これにお願いしておけば伝わるのでしょう。ウイキペディアにはこう書かれています。

『医王山国分寺縁起』によれば、武蔵国の国分寺は、元弘3年(1333年)の分倍河原の戦いで焼失し、建武2年(1335年)、新田義貞により薬師堂が再建されたという。その後衰退し、宝暦6年(1756年)頃に薬師堂が再建された。

これが正しいとすれば、お堂はもっと小さかったという木瓜爺の記憶は間違っていることになりますね。でも、ぼろけていたから薬師様に逢えたわけですし、最近の改修の事が抜けているのでしょうね。なお、新田義貞が再建した薬師堂は、今は国分寺跡とされている金堂跡の所だと思います。宝暦からこの位置に変わったのか?

「国分寺市有形文化財調査報告書」では、『医王山最勝院国分寺は国分寺崖線に沿って西元町に現在の寺地を構えています。崖線際に本堂、前面に楼門を置きます。そしてその西方崖線上に薬師堂、その前面の崖線中腹に仁王門を構えます。
国分寺は奈良時代、武蔵国分寺以来の来歴を持つもので、当初の堂宇は金堂、講堂、七重塔などの伽藍を誇りましたが、元弘3(1333)年、元弘の兵火に遭い焼失しました。現在の寺は石村喜英の研究によると、この後、新田氏からの寄進で旧金堂付近に薬師堂が建立されましたが、薬師堂管理のため、江戸時代初期、やや離れた西勝院を現在地に移したとされます(『武蔵国分寺の研究』)。近世の国分寺は貞享4(1687)年以後出開帳が実施され、世人に広く知られており、『新編武蔵風土記稿』では旧金堂の礎石、古瓦なども併せて紹介されています。』と、書かれています。でも何かすっきりしませんね。

m95-30-07 F6542

どうみても、この天井板は新しいですよね。市の「重宝指定」が昭和51年なので、その頃に改修が行われたようだということにしておきましょう。

m95-30-08  F6554

こちらが仁王門。薬師堂より低い場所にあります。この仁王門は昭和39年に市の重宝に指定されていますが、部材の一部に「新田義貞の作った金堂の古材が使われていた」とかいう話でした。仁王様もいつだったか化粧直しか内m95-30-09 F6549m95-30-10 F6547部調査かで不在の時がありました。仁王門に蜂が住み着いて、危険表示が付いていた事もあります。悪口言っているわけではないのだから、そんなに怖い顔しないで・・・

最近は訪れる爺婆が増えて賑やかになったね。

仁王様に挨拶したあとは、最後は仁王門前の「青面金剛庚申塔」に挨拶です。

m95-30-11 F6551

では、講堂跡か金堂跡で、食事・・・ああそうだ、今日は山用の非常食である「カロリーメイト」が賞味期限なので、かたづけることにしているのです・・雨が心配なので早く食べよう。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中