2015/04/04: 皇居周辺;木瓜爺撮歩74-05 靖国神社へ (No.2279)

2015/3/24のことです。この前日、東京のソメイヨシノ開花宣言が出ました。この気象庁の宣言は、靖国神社の「能楽堂」の前にある「標準木」に5輪以上の花が咲いたと言うことなのです。よし、本当に5輪咲いているかどうか見て来よう・・疑り深い木瓜爺、懐具合も考えずに歩き出しました。電車賃は、オートチャージされるスイカのお陰であまり心配しません。但し、使いすぎると、引き落としのかかる月にお小遣いから差し引かれるという厳しい(?)仕組みになっております(放っておくと、どこへでも出かけてしまう木瓜爺に、山の神がかけた防護ネットなのです)。

「九段下まで行くのは、東西線だから中野乗換だな」「荻窪ですよ」「そうだったかなあ?」 中央線にm74-05-01 F3587九段下出口のってから手帖を出して地下鉄の路線図を確認。荻窪は「丸ノ内線」だった。「山の神」は嘘を教えていました。

長い地下通路を通って、靖国通りに出て来ました。このあたりは、何度も歩いている場所ですから、まだ地図は鞄の中です。

m74-05-02 F3588

市ヶ谷方面に進みます。道路の向こう側には、「日本武道館」に行く道です。お堀を渡って、城門をくぐり、北の丸公園に入って行くのです。あの門の名前は何だったっけ? 思い出しません。

m74-05-03 F3589 北の丸公園入口

帰りはあそこに出てくる事にしよう。暫く歩くと「靖国神社」の鳥居が見えて来ました。

m74-05-04 F3590 靖国神社

「さくらまつり」の看板が出ているようです。境内参道には、その祭りの期間に店を並べる準備が進められているようです。「靖国神社」というと、軍国主義との結びつきイメージが強くて、嫌われる方もおられますが、ここは神道の墓地みたいなもので、通常の「神様族」の神社とは違います。でも、形式としては普通の神社です。「九段」という土地は、霊地の一つであらしく、すぐ隣に「九段教会」も建っています。

m74-05-06 F3592 九段教会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袴を着けた女性が歩いていますね。この日、日本武道館で法政大学の卒業式が行われてm74-05-07 F3593いました。境内に「大東亞戦争 終戦70年」という大看板。「大東亞戦争」などという古めかしい名称が使われています。これだから嫌われるのだ・・「大東亜共栄圏」って言葉ご存じですか。これ現在の「環太平洋なんとか」と相通じる思想なのです。ただし、当時は、植民地だらけだったのです。『欧米諸国(特に大英帝国・アメリカ合衆国)の植民地支配から東アジア・東南アジアを解放し、東アジア・東南アジアに日本を盟主とする共存共栄の新たな国際秩序建設を目指した、第二次世界大戦における日本の構想である。』というのが、「大東亜共栄圏」。「植民地解放」を目指すことは、悪いことと思えないのですが、「日本を盟主とする」で、侵略戦争になってしまいました。

m74-05-08 F3594

「二の鳥居」が見えて来ました。あの鳥居の所に、ちょっと珍しい「子連れ獅子」がいるはずなのですが、行かれたことのある方は、覚えておられるかな? おっと、その前に、「靖国神社」の石柱。大きいですよ。そして、有難い看板を発見。これ、喫煙所の表示なのです。デジカメを記憶装置に使って、あとで利用します。

m74-05-09 F3595

m74-05-10 F3597

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老人参拝者が多いから「禁煙」というわけに行かないのかな?と、思ったのですが、 実際に利用して見たら、若いサラリーマンが圧倒的に多かったです。

m74-05-11 F3598

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「狛犬」が見えました。紹介しましょう。珍しい形の子連れ獅子。

m74-05-13 F3600

m74-05-12 F3599 靖国の狛犬

 

 

 

 

 

 

 

可愛らしいのが、背中で花見しています。「靖国神社」なら何度も行ったよ・・と言う方で、「知らなかった!」も多いようですよ。こんなところ見て歩いてないのです。

m74-05-14 F3603

大きな鳥居ですから、28mmレンズ相当では、はみ出してしまいます。奥の方に、小さく銅像が見えます。「大村益次郎」です。維新の時、官軍の総司令官を務めた戦上手の天才。詳しくは、司馬遼太郎の「花神」を読んで下さい。銅像に逢いに行きます。

m74-05-15 F3605

もう、お参りか花見かを済ませて帰る方もおられます。

m74-05-16 F3606 大村益次郎

この日、木瓜爺もはじめて気が付いた事がありました。益次郎の左手に注目・・

m74-05-17 F3611

この角度が一番分かり安かった。「双眼鏡」を持っているのです。説明板を読むと、ちゃんと書いて有りました。ということは、この説明板を読んだのとがない木瓜爺でした。m74-05-18 F3612

 

 

 

 

 

 

 

 

益次郎が何故ここにいるかということも書かれているようですが、それは明日説明しましょう。

m74-05-19 F3613

上を見上げていたら、桜が目に入ってきました。所々に白くなった部分があります。

m74-05-20 F3614

一服つけたくなって、このあたりに喫煙場所があったな・・・あの売店の横だ・・・ついでに昼食にするか・・・

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 公園, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中