2015/04/14: 高尾駅周辺;木瓜爺撮歩44-26 多摩森林科学園 花見(2) (No.2289)

「関山ベンチ」という名前の「関山」というのは、多分桜の種類にある「関山」でしょう。時々日が翳るようになってきました。そろそろ帰途につけという事か。その前に、せっせと写しています。

m44-26-01 DSC_4755-

m44-26-02 DSC_4756-

m44-26-03 DSC_4758-

面白い名前ですね。「木花咲耶姫命」にちなんだ名前でしょうか?

m44-26-04 DSC_4759-

なかなか美しい八重の花です。

m44-26-05 DSC_4763-

これはまだ山の上の道で写したものでしょう。

m44-26-06 DSC_4764-

m44-26-07 DSC_4766-

m44-26-08  DSC_4768-

m44-26-09   DSC_4770-

m44-26-10   DSC_4781-

m44-26-14  DSC_4786-

m44-26-11   DSC_4782-

そろそろ、戻りましょう。この道には「釣舟草ベンチ」という休憩所があります。「ツリフネソウ」というのは赤い花、「キツリフネ」が黄色い花、木瓜爺のホームグランド「羽村 浅間岳」では、赤い方が消えてしまいました。今年はここに探しに来ましょうか・・なかなかベンチの写真が出て来ませんねえ?

m44-26-18     DSC_4803-

やっと見つけました。山の上の道からですと、こんな風にみえるのですが・・・

m44-26-25  DSC_4785-

昨日山の上の道の方が、10倍情報量が多いといった意味がお分かりいただけそうですね。

m44-26-19     DSC_4809-

青空なのですが、太陽の前にだけ雲がついていまして、時々暗くなります。

m44-26-20     DSC_4813-

m44-26-21     DSC_4816-谷間の道は、空を撮すだけのようです。

ヤマブキが咲いていました。山に上がった22番の標識に近い所で、説明板を見つけました。

m44-26-22     DSC_4827-

「エドヒガン×オオシマサクラ」つまり「染井吉野」に近い物を集めた表なのです。これらをすべてひっくるめて「ソメイヨシノ系」というようです。このうちの「昭和桜」というのは花がとびきり美しいようですよ。といった所で、「多摩森林科学園」の花見を終わることにします。このブログが公開されるころには、寄らなかった里桜ゾーンの比較的若い木が満開を迎えているでしょう。遅い物は4月末に咲きます。まだまだお花見できますよ。なお、所要時間ですが、休憩時間なしで、全体をみると約3時間、狙いを定めてそこだけ見るつもりだと1時間でしょうか・・・

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中