2015/04/24: 奥武蔵散歩;木瓜爺撮歩08-03 飯能市 八幡神社 (No.2299)

飯能市には八幡神社はいくつもありますが、「八幡町」の八幡神社です。「玉寶寺」の庭石に腰を下ろして地図を確認したところ、玉寶寺の北側の道を西に真っ直ぐ行くと、この八幡町八幡神社に出るようです。そして、八幡神社の横に「廣渡寺」があるようです。廣渡寺は、八幡様の別當寺だったのかな?

見当をつけて出発。しばらく「玉寶寺」の前の道を進んだあと右折して、次の道を左折。寺の北側の道に移ったわけです。そのまま歩くこと数分。廣い通りにぶつかりました。299号、県道かな?

m08-03-01 F7180

何だ、横断歩道がないぞ? 車の来ない時を見計らって、駈け渡りました。

m08-03-02 F7181

道は突き当たりになりそうですが、あれは寺の塀っぽい。ということは、手前左あたりに神社がありそうです。・・・こういう感は、歩いているうちに次第に身についてくるようです。右手に寺の駐車場が並んでいました。

m08-03-03 F7182

m08-03-04 F7183

そして、神社が見えました。赤い建物は境内の摂社でしょう。

m08-03-05 F7184 八幡神社

境内をナナメに抜けて、正門? いや、鳥居の所に出ます。

m08-03-07 F7188

「八幡神社」「八幡神社」「八幡宮」 表示を見比べています。「八幡神社」で良さそうです。なんでこだわっているかというと、後日立ち寄るところが「諏訪・八幡神社」という合祀神社なので、ここも何か頭についていないかと気になっていたのです。

m08-03-06 F7187

かなり廣い境内です。どういう神社か調べて見ましょう。飯能市の資料があるようですが・・・「創建年月日は、はっきりしない。新編武蔵風土記稿は「創起不詳、別当真能寺村広渡寺持」と記し、明細帳は勧請不詳、文禄年中(1592-1595)旧堀米村から現在地へ遷座と述べる。明治5年村社に列し、同40年飯能町字原の無格社神明社を合祀した。」

新編武蔵風土記稿では「高麗郡之四中山村」の所にあり、「八幡社。 別当真能寺村広渡寺持、当社の起建年代詳ならず。社後ろに囲1丈6尺に余れる橿ありて是を神木とす。いかにも古社と見えたり。例祭春は3月15日、秋は8月15日なり。これは真能寺村の鎮守なれども当村にあり。其故は往古真能寺村は、当村の分村なる故に然りと云。社地及び除地は畠1段2畝17歩なり。」だそうです。旧堀米村、真能寺村、中山村と三つの村が出て来て、木瓜爺混乱しております。「中山村」というのは、西武線の線路の北の場所だと思うのですが・・つまり、昔はもう少し北のほうにあった神社と言うことでしょうか?現在所在地:埼玉県飯能市八幡町十二番地六号 ・・・「猫のあしあと」で、纏めた記述を発見・・・「八幡神社の創建年代は不詳ですが、文化・文政期(1804-1829)までは中山に鎮座、八幡町附近真能寺村の鎮守でした。明治維新後当地に移転したものと推定されます。明治5年には村社に列格、明治40年飯能町字原の無格社神明社を合祀しています。」

m08-03-08 F7198

m08-03-09 F7197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狛犬が二組あるのは、合祀された神明社のものが加わっているのでしょうか? これが社殿から遠い方の一対。

m08-03-10 F7199

灯籠が並んだ参道を進んでくると、もう一対現れます。この後口の方ですが、「参宮記念」となっていますね。これは「お伊勢さん」にお参りした記念ということですから、多分「神明社」系の狛犬でしょう。

m08-03-12 F7203

m08-03-13 F7204

 

 

 

 

m08-03-11 F7207

「猫のあしあと」のデーターでは、祭神を「誉田別命」としていますが、神明社の合祀があったとすれば、「天照大神」もならべておかないといけませんね。

m08-03-14 F7213奥神殿は一体型というのか、立派な屋根の部分ですね。

さて、最初に目に入ってきた末社のほうを見ます。二社ありますね。鳥居の額が見慣れない文字です。

m08-03-15 F7215

m08-03-16 F7217

神社の名前ではなくて、「末摂社」。左の方の神社は「山王大神 三峯神社」となっていますね。祭神としては「大山咋神」と考えてよいのかな? 三峯神社は「イザナギ」「イザナミ」でしたねえ? このあたりの神様、木瓜爺もこんがらかっていますが、「山王大神」というのは「大山咋神」のはず、イザナギ・イザナミの子供です。紛らわしいのが「大山祇神」で、これは「山の神様」で「木花咲耶姫命の父」別神のようです。 木瓜爺の過去のブログで、咋神を祇神と書いてしまったものがあるかも知れません。気が付いたら訂正して行きます。m08-03-17 F7219

もう一つは「真能稲荷大明神」と表示され、使いきつねは、すべて金網の中に入れられ、遊びに行けなくしてありました。「真能村のお稲荷さん」ということでしょう。

m08-03-18 F7224

一通り拝んで、となりの「廣渡寺」に行く事にします。このお寺は、tajiさんのブログでも書かれていますので、重複がひどくならないよう注意して書きます。八幡神社の方は、写真も鳥居と社殿くらいしかなかったようなので気楽に書きましたが・・・

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中