2015/04/27: 奥武蔵散歩;木瓜爺撮歩08-06 天覧山〔1〕  (No.2302)

ブログの舞台裏話になりますが、書きためてあった筈の下書きが残りすくなくなって、慌てております。今日は3日分くらい入力しておかないと・・ 良い季節になると、浮かれて外出してしまうものですから、間に合わなくなってきます。

天覧山の麓に着いた所からでしたね。

m08-05-14 F7291

2本の道にはさまれた所は、「中央公園」です。このあたりで右に入ったような記憶です。右の表示は何だ? 「能仁寺東参道入口」ですね。多分これだろう・・・

m08-06-01 F7293

少し入った所に、「天覧山入口」の標識がありました。ここを入りますと、公園の表示が出て来ます。真ん中に見えていますね。「奥武蔵自然公園」です。ただ、この公園はいたって範囲が広いので、通常の公園入口とは違います。この辺からはじまるのですよ・・位の意味です。右側は、「能仁寺参道=天覧山方面」の念押し。

m08-06-03 F7295

m08-06-04 F7298

 

 

 

 

 

天覧山は能仁寺の裏山、奥山的な場所で、「16らかん」などが祀られている部分は、能仁寺の施設だったと思われます。

m08-06-05 F7299

ここで、能仁寺参道と天覧山登山道が分かれます。登山道は右折です。左の方には「能仁寺東参道」の石柱が立っていますね。右の立て札は「天覧山登り口」です。

m08-06-07 F7303

天覧山という名前の由来が立っていました。筆の文字ですが、殆ど崩していないので、詠みやすいですね。

最初「愛宕神社」がある「愛宕山」だったのですが、羅漢がおかれて「羅漢山」になり、明治天皇が登られて近衛聯隊の演習をご覧になってから「天覧山」に変わったと書かれています。いろいろな岩の名前が出て来ますが、現在ではどの岩のことかよく分かりません。

m08-06-08 F7305

「能仁寺墓地」の入口がありました。ここは素通りして真っ直ぐ行きます。「忠霊塔」が立っていました。ここも素通りです。この忠霊塔の広場にはベンチもあります。

m08-06-09 F7306

m08-06-10 F7307

日清戦争から太平洋戦争に至る飯能市出身の戦没者の慰霊塔です。

m08-06-11 F7308

忠霊塔の横から、山らしい登り道がはじまります。

m08-06-12 F7309

新緑が美しいですね。全部で100m程の登りですから、あせらず、ゆっくり登って行きます。m08-06-13 F7310

山の中程に、トイレもある広場が出来て居ます。そこまで行って一休みする位の気分で歩きます。ヤマツツジが咲き出しましたねえ。

m08-06-14 F7312

ほらもう広場です。

m08-06-15 F7314

この広場に、出来たものがありました。これなのですが・・・

m08-06-19 F7396

これも「慰霊塔」なのですが、「産業災害で亡くなられた方々の慰霊のために建立」と書かれていました。いわゆる「労災事故」の慰霊塔のようです。

m08-06-16 F7319

ここからの展望。墓地が広がって足元まで押し寄せていますね。そう言えば、能仁寺では「新規檀家募集」という看板をたてていましたっけ。「檀家」になれるというのは、大変なしあわせなのだと思うようになりました。だって、何十年にもわたっての生活に経済的基盤があると言うことですからね。木瓜爺自身は、父が檀家になっていた寺から墓を公園墓地に移さざるを得なくなったのですから・・・まあ、最大の理由は、住処が離れてしまった為ですが。

m08-06-17 F7321

天覧山の周辺案内図が立っていました。結構歩いて来たのだなあ・・

m08-06-18 F7322

「天覧山中段」という表示。分かりやすいですね。ここで、道が二つに分かれます。どちらを行っても山頂には行けるのですが、左に進むと「十六羅漢」の生息地(?)である岩山コースです。真っ直ぐ行くとちょっと下ってから、緩やかな登り道。木瓜爺は躊躇なく左を選びます。羅漢さん(観音様もおられます)に逢いたいから・・・

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中