2015/05/02: 羽村漫歩;木瓜爺撮歩73-34 晩春の浅間岳 (No.2307)

飯能を歩いた三日後のことです。4/19でしたか・・浅間岳の花達が気に成りました。そろそろ「チゴユリ」が咲いているのではなかろうか? 運動がてら見て来よう。

アンクルウエイトという鉄粉を詰めた錘を両足に巻き付けます。今1kgと1.5kgを持っていますので、最大2.5kgまで付けられるのですが、久しぶりなので、一番軽い1kgで止めて置きます。このくらいですと、平地を歩くのには何の心配もありません。重い靴を履いたなあ、くらいの気分です。それでも、階段を上るときは、やはり「どっこいしょ」という感じになります。

m73-34-01  F4610 浅間岳

博物館裏の長屋門は新緑に包まれています。あれ? 高い所に白い花が咲いています。ミズキかなあ? いやちょっと違うようだ・・・HS30で覗きました。望遠鏡代用です。

m73-34-02 F4611 上溝桜

ああ、桜だ! 「上溝桜(うわみずさくら)」のようです。

m73-34-03 F4617

足元にはスミレが残っています。ユキノシタのほうはまだ変化なしです。

m73-34-04 F4618

m73-34-05 F4620

 

 

 

 

 

 

春を告げてくれたニリンソウの花もまだ残っていますが、可憐さはなくなって、野いちごのように厚かましい顔になっていました(あとで顔をだします)。

砂防ダムのある下部を通り過ぎて、木橋をわたり、登山道に入りました。

 

m73-34-09 F4628

木が一本倒れていました。左の方に「抜けた根っこ」がありまして、上部は切り離されm73-34-10 F4630て右に転がっています、この写真は、振り返って写しています。

シャガが咲いていました。麓の方はまだだったのですが、上の方で咲いていました。暖かいのでしょうか?

羽村神社(浅間神社)にあと一息と言うところで、「チゴユリ」が出迎えてくれました。これは珍しい!

m73-34-11 F4632 チゴユリ

山頂直下のこの斜面、以前は真ん中あたりにチゴユリの群生がありましたが、道端のほうにはあまり姿を見せませんでした。もう一段上の道には生えていたのですが・・・

m73-34-12 F4636

チゴユリが広い範囲に姿をみせるようになった理由・・・なんとなく、なのですが、陽当たりがよくなった為ではないかと思います。山頂付近の雑木や大きな樹の枝を払ったらしいのです。その切った枝などが、斜面部分に放置されています。つまり、以前にチゴユリが集まっていた部分は、その切った枝などで覆われて陽当たりが悪くなり、周辺は陽当たりがよくなった・・・そんな気がします。

とにかく、神社にお参りして・・・チューリップ畑の方をみました。

m73-34-13 F4639

だいぶ花の位置が変わってきました。真ん中あたりは終わりでしょう。山頂に向かいます。看板が新しくなっていました。右半分は古いままのようです。

m73-34-14 F4640

左側はどこが変わったのかな? 寺や神社が追記されたのかな? 増えているように思えます。

m73-34-15 F4642

この地図に書かれた寺社は全部歩いている筈なのですが・・・今度ゆっくりチェックしてみよう・・・

m73-34-16 F4643

山頂の休憩所は、珍しく男ばかりでした。「猿投イチゴ」の花は、そろそろ終わりのようです。

m73-34-17 F4647

さて、去年までチゴユリが群生していた窪地はどんな具合かな。

m73-34-18 F4649

大きな材木が転がっているでしょ。押しつぶされなかったチゴユリはちゃんと咲いていました。 チゴユリの花は、小さな花です。小さいのは径2cm 大きいので4cm位でしょうか。昨年までは、半透明にみえるような弱々しいのが多かったのですが、今年は割合生き生きとしています。やはり、陽当たりが良くなったのでしょう。

m73-34-19 F4662

さて、帰ろう・・・今日は来た道を戻ります。なんせ、両足に1kgづつぶら下げていますから。これ、くだらないようですが、続けてやって、鍛えておくと、少し高い山に登るとき、うんと楽になっています。

m74-34-20 F4678

下り道・・・桜の花びらが、どこからか運ばれて来ています。

m73-34-21 F4677

どこから来るのだろう・・・・・

えーと、明日のブログは、塩船観音を書こうか・・・狭山の続きを書こうか・・・

広告
カテゴリー: 里山, 花・紅葉, 散歩 パーマリンク

2015/05/02: 羽村漫歩;木瓜爺撮歩73-34 晩春の浅間岳 (No.2307) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2015/09/29: 木瓜爺珍百山-09 ;羽村・浅間岳 (No.2456) | 木瓜爺ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中