2015/05/09 : 青梅街道狭山付近;木瓜爺撮歩98-17 上の森稲荷神社 (No.2314)

幼稚園の前にゲートボール広場がありました。羽村では、ここ5年ほど殆ど姿を見なくなりました。ゲートボールさえ出来なく成る程高齢化してしまったのか? 単なる流行の問題なのか?

m98-17-01 F4712

ここ5年間は「ペタンク」という競技の方が盛んでしたが、次は「グラウンドゴルフ」というのを普及させようとしているようです。ただし、問題もあります。ペタンクというのは、かなり重い金属ボールを転がします。グラウンドゴルフというのは、やはりクラブを振り回します。やっている本人達は、多分「傷害保険」などを掛けて、怪我に備えていると思いますが、関係のない第三者などをクラブで叩いてしまう、ボールをぶつけてしまうというタイプの事故が起こる危険があるのです。今までこういう事故についての保険がなかったのですが、昨年、全国老人クラブ連合会の保健係が「損害賠償保険」を用意してくれました。つまり、期せずして、加害者となってしまった時に役立つ保険です。やっと出来たか! と、木瓜爺の所属する老人クラブは、喜んで加入しました。 4年前、老人クラブの旅行の途中、クラブ員の一人が歩いていて、他の老人クラブの人にぶつかり、吹っ飛ばしてしまったために、相手が転んで怪我をし、その治療費を請求された事件が起きたことがありました。こういう時に役立つわけですね。

m98-17-02 F4713

ここで左に入って、もう一度右折だな・・・道は、山の斜面にかかります。山と言っても、今は住宅地です。

m98-17-03 F4714

角を曲がったところに、その神社はありました。

m98-17-04 F4716

m98-17-05 F4717

「正一位上ノ森(うえのもり)稲荷大明神」です。正一位をうたっているので、伏見稲荷系でしょう。詳しいことは分かりませんが、神社データーベースによりと、『稲荷神(推定)
[同類]宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)[別称]倉稲魂命。稲荷神:五穀豊穣の神  ご利益 商売繁盛 他』などと書かれています。創建不明、所在地:東京都武蔵村山市三ツ木3-53 番地は木瓜爺の地図からの推定です。

石段を上がってお参りします。社殿というほどのものではありません。

m98-17-06 F4718

小屋の中に、小さな社殿が置かれていました。鳥居付きのものと、社殿だけのもの、二つ並んでいます。多分、このあたりの屋敷神か、土地神を合祀しているのでしょう。

m98-17-07 F4720

この稲荷の東側にある山に「伊勢神社」若しくは「神明社」とよばれる神社があります。山伝いに行けるのではないかと思っていたのですが、地図では、直接行ける道は存在していません。 この道など、行けそうに見えるのですがねえ?

m98-17-08 F4721

安全の為、元の道に戻りました。地図によると「美容院があって、そこの前を右に行く」という事のようです。これが美容院らしい。

m98-17-09 F4723

美容院の先で、右に入って・・何か、寺っぽい建物が出て来ました。「自治会館」のようですね。

m98-17-10 F4724

m98-17-11 F4725

この自治会館に沿って左折すると、神社のようです。「伊勢神社」という名前からは、「神明社」と同じだと思うのですが・・・「伊勢」と付いているとやたら険しい山登りをさせられることがあります。

m98-17-12 F4726

うーん、ここも登らされそうですねえ・・・「自治会館」は別当寺の名残か? はたまた「社務所」の名残か? そんな気分になります。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中