2015/05/31: 続・ときがわ散歩;木瓜爺撮歩88-09 ときがわ花菖蒲園 (No.2335)

Choi-Boke爺ちゃんが、都幾川フォトウォークというブログを書いたのは、2011/11/20のことでした。そして、撮歩65 「ときがわ町」として 2013/7/26から10話書いています。木瓜爺ブログに変わって、撮歩88 「続・ときがわ町」を8話かきました。今回は、その続編ということになります。ただ、方向が少し変わって、嵐山町に向かいました。その切っ掛けは、2014/8/13に書いた「玉壺山龍福寺」にYuichi さんから、阿弥陀如来像が嵐山町平沢の平澤寺あたりから、伝わってきたものではないかというコメントを頂いたことです。その「平澤寺」にも行って見たい! と思い立ち、明覚駅から武蔵嵐山駅まで歩いて行けるか調べました。距離的には、今の木瓜爺には少々きついけれど、歩いて歩けない郷里ではありません。ただ、途中にいろいろな寺社が存在していて、なかなか面白そうなのです。それらに寄るには、何回かに分けた方がよさそうです。で、まあそのスタート部分が今回の撮歩ということになります。5回ほどに分けて書くことにしましょう。

m88-09-01 F8036明覚駅5/22 拝島7:44発川越行きから、高麗川駅で高崎行きに乗換「明覚駅」下車。6月になると、また花菖蒲のシーズンですね。「ときがわ花菖蒲園」に老人クラブの散歩写真サークルを連れて行こうか・・・でも、タクシーに頼らないといけないかな?というわけで、真っ先に写したのがこれです。タクシーは一つ手前の「越生」から来るようです。待っている車がいれば、所要時間を聞くつもりだったのですが、生憎一台もいません。 その代わり、「せせらぎバスセンター」に行くバスが止まっていました。この明覚駅に止まる路線は、m88-09-03 F8039「武蔵嵐山駅」からやってくるバスなのです。車の外で一息いれていた運転手が、「乗りませんか?」と声を掛けてくれました。「ありがとう、今日は反対方向なのです」。ここのバスは、元は町営バスでしたが、今はアウトソーシング。でも、運転手さん達の親切さは、町営の頃と変わりないのが嬉しいです。むしろ、予約制でなくなったらしいので、利用者としては改善されたと感じます。 この路線図を詳しく説明すると面白いのですが、下のゾーン運賃表の最高額は500円です。明覚から武蔵嵐山まで乗って360円のようです。

木瓜爺は徒歩。駅前から、まずは西に少し出て、県道大野東松山線に入ります。m88-09-04 F8040

コンビニはヤマザキパンでした。夏には、ここに飛び込んでアイスクリームを買う時間があるか? なんて、悩みます。

m88-09-05 F8041

右の方に進み、八高線の線路をくぐって東に進みます。m88-09-06 F8042

「喫茶店」がありました。こんな所で、商売になるのかなあ? 通り過ぎて、振り返ってみてなるほど! 「カヌー工房」と兼業です。こういう形だと、同好の人々が常連さんになってくれるのかも知れませんね。この工房、6月にNHKのTVに登場しましたね。脱サラで、ここに工房を開いたとの話。店の裏に船着き場もあって、カヌーに試乗できるようです。多分このお店だと思いました。

m88-09-07 F8043

m88-09-08 F8044

こちらの方向に歩く時には、必ずお参りする神社があります。

m88-09-09 F8045

m88-09-10 F8048岩淵神社

「岩渕神社」といいます。川の崖の上にある神社です。岩の淵という名前は良いとして、祭神などについては、ネット上の情報が見つからないので、ブログにかきそびれています。社殿の中に何かヒントがないかと、のぞき見しましたが、分かりません。口惜しいから調べまくりましたら、長崎県の長与町に同名の神社がありました。ところが、ナミの神社DBには祭神が書かれていません。いろいろ見ている内に、氏子さんのブログにぶつかりました。「思兼神(おもいかね)」だそうです。。「思兼神(おもいかね)」は知恵の神様です。「秩父国造の祖」でもあるそうですから、拝んでおいて損することはない!

「新編武蔵風土記稿」には、こう書かれていました。『岩淵明神 祭神詳ならず。岩淵と称するは、この社都幾川の岸に臨める故なる。 醫光寺持ち』・・木瓜爺ガッカリ。

m88-09-11 F8050

社殿の中にかかっている幕は伊勢神宮などと書かれ、神明社ぽいのですが・・・・。

m88-09-12 F8052

ガソリンスタンドにバスが給油にきました。。「回送」になっていますがかなり大きい車ですね。こんな大きな車だったかなあ? 路線に使われていたのは中型だったと思います。

「とうふ工房」このさき・・古いお店の場所に付けてありました。新しいお店になったm88-09-14 F8054のだな・・m88-09-13 F8053

賑わっているようです。 そろそろ、郵便局があるはず・・見えました。このちょっとm88-09-15 F8060手前を左に入るのです。ここだったかな?

m88-09-16 F8062

m88-09-17 F8063

これです。真っ直ぐ行って右にカーブします。曲がりきると、看板の前に着きます。

m88-09-18 F8064

m88-09-19 F8070

花はまだ咲いていません。6月に入ってからだそうです。でも、一輪くらい顔見せしている筈・・・

m88-09-20 F8066

m88-09-21 F8075

m88-09-22 F8073

みっけたー!「花菖蒲まつりは、平成27年6月7日(日)9時00分~15時00分※雨天開催」だそうです。ここは、「花づくりグループ「花菖蒲を育てる会」が遊休農地約10,800平方mに8,000株以上の花菖蒲を育てています」 ということでした。遠くに見えていた、畑をいじっている人々もこの会の方々だったのでしょうか?

m88-09-23 F8073

河川敷の方は護岸工事をしているようですね。花の顔を見たので、次は町役場の前に出たいのですが・・・

広告
カテゴリー: 自然観察, 公園, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中