2015/06/01: 続・ときがわ散歩;木瓜爺撮歩88-10 水月山 竜蔵寺 (No.2336)

花菖蒲園と町役場の位置関係がよく分からない木瓜爺、建物の間を縫うように、方角だけ考えて進みました。 m88-10-03 F8083 赤い線で描いたように動いたようです。これが、最初に目に入った案内図。「アスピアたまがわ」の横に出てきたときでしょう。 m88-10-01 F8081 m88-10-02 F8082ときがわ町役場 これが「ときがわ町役場」の横を通過・・やっと、道路にでました。 m88-10-04 F8084 回れ右して、この道路を、後方に進み、左折し、「竜蔵寺」を目指します。 m88-10-07 F8086 龍蔵寺 あのお堂のようです。うーん、裏から入ることになったようです。 m88-10-08 F8088 道路を横断して・・「一ト市地区」? 何と読むのやら・・「ひといち」らしいですよ。「いちといち」かと思った・・・旅館の案内を見ていましたらこう書かれていました。『武蔵嵐山駅 下車 タクシー約5分(1,000円前後) 「玉川一ト市(たまがわひといち) 交差点の町田屋旅館まで・・・」と お申しつけください。』 集落センターというのは、お寺のことかなあ? 隣にあるのかなあ? 多分、あのお年寄り集団は、センターに行かれるのだろう。 これが、「水月山 竜蔵寺」本堂です。曹洞宗のお寺ですが、普段は無住。管理は隣町の越生にある「龍穏寺」がしているとのこと。新編武蔵風土記稿によると、「本尊釈迦を安す。他に正観音の像一軀あり、安阿弥の作という」となっています。m88-10-09 F8091 m88-10-10 F8090 m88-10-11 F8092 m88-10-12 F8093ここは、「入比板東33観音の15番札所」だそうです。従って、実質的ご本尊は観音様なのですが、ちょっと変化観音になっていまして、「白衣観音」とのことです。 集落センターは横にありました。 m88-10-13 F8095 01 竜蔵寺庚申塔2007年の記録境内に、お墓や忠魂碑などが建てられています。2009年にここに来られた方のブログでは、入口に「庚申塔」が並んでいたそうです。その写真が、これです。裏から入った為に気が付かなかったのか、模様替えされていたのか・・・全く気付きませんでした。集落センターの横のように見えますが、模様替えしたのかな? m88-10-14 F8102 お参りを済ませて、次は、「今宮神社」というのを訪ねます。 m88-10-15 F8106 元の道に戻りました。少し先に十字路があります。あそこを右折です。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中