2015/07/06: 町田街道;木瓜爺撮歩97-12 大戸・八雲神社 (No.2371)

観音様から、町田街道に戻ります。ここを右に行くのですが、どうも気に成る山の佇まいです。神社かお寺がありそうな・・・

m97-12-01 F6254

地図を見ると、山の中腹に「江柄八幡神社」というのがあるらしいのですが、もう少しm97-12-02 F6255東のようです。道端に白いアジサイ・・最近流行の西洋アジサイですね。「白」という色が好まれるのは、「清らかな色」と言う面と、「何色にでも変えられる」という二面があるようです。m97-12-04 F6259

 

 

道の向かい側に、観音様つきの供養墓? 小さな墓地のようで、山の下腹?に墓石が見えていました。地図には出ていませんが、この辺りにお寺があったのでしょうか?m97-12-04 F6260

 

多摩の古道を歩いて研究されている方の記事によると、「大戸には安閑天皇を祀る三つの神社がある。蔵王権現、江柄八幡、御嶽社 である。」とのこと。祭神が安閑天皇であるとは思えないのですが、まあ、古社であることを云いたいのだろうと解釈しました。安閑天皇は、大和朝廷政権の直轄地や藏を広げた方ですから、そういう意味合いでm97-12-05 F6261の関係はあるでしょう。そろそろ八幡様に入る場所なのだけど・・あれえ?「八木重吉記念館」だ? 「八木重吉」というのは、相原町生まれの詩人ですね。キリスト教徒でもあります。だから、隠したわけではないのでしょうが・・・木瓜爺はまんまとだまされて、通り過ぎてしまいました。この記念館の建物を回って、裏の方に行くと、「江柄八幡神社」の参道があったのだそうです。

そんなこととはつゆ知らず、木瓜爺は東に進んでいます。おかしいなあ? 何もないm97-12-06 F6264よ? 地形的には、そろそろ「子の神社」の入口のはずなのだけど・・・「相原保善会」「相原幼稚園」・・・おかしいなあ?「子の神社」の入口もないよ?

途中で一度引き返して見直したのですが、やはり見つけられません。「子の神社」は「相原幼稚園」とこの「相原保善会」の間から山に上がる階段を見付けなければならなかったようです。

「子の神社」入口も通り過ぎてしまいました。この神社についてのインターネット上の情報は未発見です。m97-12-07 F6266

 

 

とある細道に入口で、小僧さんを見かけたのですが、上の方に「曹洞宗中山永昌院」と書かれています。これは、どうも八王子市中山にある「飯盛山 永昌院」の墓地の宣伝のようです。m97-12-08 F6267

 

 

 

 

何だか寺っぽい家がありましたが、これは、後で出てくる八雲神社に土地を提供した方のお屋敷だったようです。しばらく歩いて「大戸会館」についてしまいました。そこで、神社を見つけました。上の方にあります。

m97-12-09 F6278

m97-12-09 F6280八雲神社

 

 

 

 

 

 

「八雲神社」です。昔の名前は「牛頭天王社」でしょうね。「新編武蔵風土記稿」は、これかな? 『天王社 見捨地三十坪 これも六本松にあり 小社』 最近の情報・・「多摩の神社準備室」では『八雲神社 鎮座地 相原町4393 祭神 素盞嗚命 (すさのおのみこと) 例大祭 8月第一日曜
解説 土ケ谷・五反田の天王社を合わせて当地に祀った。通称大戸の天王様という。例大祭では大戸囃子が奉納される。』 成る程、あちこちにあった「天王社」を集めた神社のようです。

m97-12-11 F6283

m97-12-12 F6285

 

 

 

 

 

 

「八雲殿」と書かれていますね。木瓜爺も羽村の「八雲神社(ただし春だけ)」の氏子m97-12-13 F6286ですから、そのむね申告いたしまして、お参りです。中には拝殿があり、奥に神棚がありました。

町田市史によると、創建不詳ですが、相原の郷土史研究の方の記事では「創立 大正11年(1922)、再建昭和56年(1981)。 大戸の天王様という。 土ヶ谷の天王社と五反田の天王社を合祀して社名を八雲神社としたのであり、松日楽氏の土地寄進により現在地に奉斎した。 祭神 建速素盞鳴男命(たけはやすさのをのみこと)を奉斎する。」としています。大正11年というのは、この場所への建設年ですね。

m97-12-14 F6288

素戔嗚尊が毎日眺めておられる景色です。社殿の脇に、こんな石碑もありました。

m97-12-16 F6290

今までこの種の石碑にはあまり関心はなかったのですが、最近Choi-Boke爺ちゃんのブログにコメントを下さった方に教わりました。我々は戦没者の霊というと、護国神社や靖国神社を思い浮かべてしまうのですが、多くの出征兵士は地元の神社にお参りして出征して行きました。だから、地元の神社で霊にお礼を言うべきなのだという考え方です。そういう意味合いでこれを見ないといけないのです。

m97-12-15 F6289

西の方を見ています。見つからなかった「八幡様」が見えないかなあ・・の思いです。

m97-12-17 F6282

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下に下ってきました。「大戸囃子」の記念碑。町田市の指定「無形民俗文化財」、説明が有りました。

m97-12-18 F6279

広告
カテゴリー: 里山, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中