2015/08/14: 武蔵御嶽山のレンゲショウマ 2015 (No.2410)

今年もレンゲショウマを見に行って来ました。老人クラブの散歩写真サークルの皆さんと8/4に出かける筈だったのですが、私の所に「弔事」が飛び込んできて、1週間延期しましたら、皆さん体調不良になってしまわれて・・・それだけ、今年の夏は暑い日が連続しているということなのです。結局一人淋しく(?)出かけました。昨年は、8/18のブログで書いております。No.2051 だと思います。サイト内検索は、この番号でしていただくのが早いでしょう。

暑さに慣れてしまった木瓜爺、気温はあまり気に成りません。腕時計の温度計は、羽村駅で32.2℃を示していましたが、あと全然見ませんでしたから、たいした変化はなかったのでしょう。勿論、山の上は若干涼しかったと思います。

御嶽山駅(ケーブルの山頂駅です)で、御岳登山鉄道のHPに書かれていた「レンゲショウマの写し方」という20頁の無料パンフレットを貰おうと思ったのですが、もうなくなっていたようです。もっとも、8/16にCASIOが、カメラ・無償レンタルの撮影会(ただし、参加費3000円)をするそうなので、残っていてもそちらに回すでしょうね。

そんなパンフを誰に読ませるのだ? 今日のカメラは、HS-30とX20なので、その2台に読ませようと思いまして・・・昨年は、G9に教えたのでした。

F6807 タマアジサイ

レンゲショウマの群生地の下で、タマアジサイが咲いていました。HS30の「EXR」という「賢いAUTO」を使って見たのですが、あまり賢くないようです。最近の木瓜爺、頭が疲れてくると、機械任せで写し始めます。でも、やっぱり少し頼りないです。このフジフィルムの2台は、露出過度の方向にずれて居るように感じます。常にマイナス補正しておく必要があります。

レンゲショウマの群のなかに、ツリガネニンジンを見つけました。写真を撮していると、女性に花の名前を聞かれたのですが、「ツリガネニンジン」が出て来ない・・多分もう少し時間を掛ければ思い出したのでしょう。昔は割合ポピュラーな草でしたが、浅間岳でもいつの間にか消えてしまいました。それで余計思い出さなかったのでしょう。

F9358ツリガネニンジン1

F6808 ツリガネニンジン2

主人公の「レンゲショウマ」は、かなり咲いており、皆さんローアングルで健闘中・・・

F6851レンゲショウマ5

狭い道にしゃがみ込みますので、後ろを通るときにぶつかりそうで・・・

DSCF9356

このくらいの間隔ですと写しやすいし、通るのも安全なのですが、ちょっと人がふえると、上の写真のようになってしまいます。よい位置に花のある場所は、どうしても混雑します。

F6841レンゲショウマ4

F6818 レンゲショウマ1

F6821レンゲショウマ2

「レンゲショウマ」は、こんな林の中の花ですから、ボケの綺麗なレンズでないと、バックの光の形が気に成ります。幸いにフジのレンズは、ボケが綺麗なので助かります。

F6833レンゲショウマ3

花の終焉は、こんなになるようです。つまり、中央の筒状の部分が、花びらのようですね。これははじめて知りました。

DSCF6864

こんな花がありました。蕾状態らしいのですが、名前は目下調べ中・・・筒花が1m位の丈になっています。手持ちの図鑑にはないので、後でゆっくり探します。

「産安神社」(昨年、詳しく書いています)の方に上がって行くと、赤い花がありました。F9333

唯一の赤い花なので、虫にももてるようです。

F9330

ちょっと怪しい雲が湧いてきたようなので、ロックガーデンの方には回らず、こんな所で下山します。夏休みの孫達が、遊びに来てくれるようですから・・・

F6859レンゲショウマ6

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 公園, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中