2015/08/31: 町田街道 相原;木瓜爺撮歩97-31 相原 諏訪神社 (No.2427)

八月も今日でおしまい。町田街道相原の散策も今日で終了。若干食べ残しもありますが、機会があればと云うことで・・明日はどこが書けるか? 天気の不安定が続いて居るために、下書きを書いている時点では決まっていません。候補地はいくつか用意されているのですが・・・

相原駅に入る道を通り過ぎ、相原バス停も通り過ぎ、どんどん西に進みます。右に入る道は注意して歩いています。この辺だな・・と、右に入って行くと見えました。

m97-31-01 F7061

『諏訪明神社 除地廿間ニ三十間 字丸山ニアリ 入口ニ石階二十四段ヲ設ク 小社ニテ覆殿アリ 三間ニ三間半 鳥居一基ヲ立 柱間二間 古ハ上中下相原村ノ鎮守ナリシカ 今ハ字八段丸山ノミ鎮守トス 例祭七月廿日 村内本山修験高岳院持』 「新編武蔵風土記稿」の記述です。其の時代は割合小さな敷地だったようですね。

「本山修験」という意味がよく分からない木瓜爺ですが、「本山派」というのは、天台宗にありました。天台宗の中でも特殊なグループで、「熊野修験道」だそうです。別當寺の「高岳院」というのは、弘法大師の作られた不動明王が祀られている寺として記述されています。字三堂谷にあったされていますので、8/7に書いた「地蔵山行昌寺」の近くですね。

m97-31-02 F7064諏訪神社

ははあ、二十段の石段というのは、奥の方にありますね。あそこから先が、風土記稿に書かれた明神様で、今は境内が大きくなっているようです。Fujiiさんの「町田の神社」を参照しましょうか。「町田市史からの要約」と「相原の歴史からの要約」が掲載されております。両方見比べて、合成してゆくと・・・

『養和元(1181)年、別當寺の高楽寺長温が信州下諏訪大明神を勧請。「相原大明神」とした。元和元(1615)年山火事で焼失、元和3年(1617)高岳院長厳(9世)が諏訪加賀他、郷上の志士と共に社殿再建(市史の方は、享和2(1802)年社殿再建となっています・・多分大幅な補修工事があったのでしょう。)。丸山獅子舞奉納される。文政5(1822)年・・先ほどの新編武蔵風土記稿の記述あり・・・、明治44(1911)年、大谷戸神明社、七国神明社、開都御嶽社(旧三社神社)、根岸日枝神社などを合祀、更に大正2(1913)年、境の山王社・稲荷社、陽田の疱瘡社を合祀。祭神:建御名方命、天之御中主命、安閑天皇、大巳貴命、少彦名命、宇迦之魂命』

と言うところでしょうか。文化財としては、『社宝の鰐口に元文5年(1740)の銘があり、仙光院よりの奉納である。例祭には、市無形文化財の丸山の獅子舞が社前で奉納される。この神社境内の名木百選のケヤキには豆蔦の寄生が有名である』

境内の由来説明板は下の写真のようになっています。合祀された神社などに若干の違いがあるようです。(例 橋本御嶽社)

m97-31-03 F7067

m97-31-04 F7069

丸山獅子舞の説明板は写したけど失敗です。

m97-31-05 F7071

「手水舎」のところに、「雲龍梅」という杭がありました。名木なのでしょうか? 情報なし・・・

m97-31-06 F7073

こちらの龍君は健在。よこでゴジラが応援しているようです。

m97-31-07 F7074

二の鳥居です。鳥居の先に、獅子型狛犬がいるようですが、岩山にのぼっているな・・

m97-31-08 F7075

これは、賑やかな獅子家族ですよ。谷落としスタイルなのですが・・・

m97-31-10 F7080

m97-31-11 F7079

分かりますか? 左の親が谷底を覗いて居る方は、子獅子が二匹います。右の方は、子獅子一匹のようです。

m97-31-12 F7082

m97-31-13 F7086社殿前にきました。「諏訪宮」の額がかかっています。右の方の榊のような飾りはちょっと珍しいかも。m97-31-12 F7083

 

礼拝して横をみると、右横に大きな建物がありましたが、社務所に使われているようです。

m97-31-14 F7087

社殿は前方が祈祷殿、後方が覆殿の中に神殿が納められているようです。後部、左右に「石祠」が並んでいます。多分、合祀された神社の「小祠」でしょう。

m97-31-15 F7088m97-31-16 F7090

 

お稲荷さんや、石仏も並んでいますね。つぶれてしまったような祠もありますが、「触らぬ神に祟りなし」で、そっとしておくことがあります。

「諏訪明神」を最後にして、木瓜爺は引き上げる事にしました。この方面では、津久井湖の近く(旧)三井村は少し歩いたのですが、(旧)根小屋村にも訪れたい場所が残っています。「新編相模国風土記稿」も、この二村については入手しましたので、秋に歩くつもりでおります。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中