2015/09/06: 青梅街道 芋窪;木瓜爺撮歩98-45 豊鹿島神社〔2〕境内社 (No.2433)

豊鹿島神社のパンフレットを見ながら、境内を歩きます。神社の沿革のところには、「武蔵名勝絵図」に記載されていたという「社伝」が書かれていました。『創建は文武天皇の慶雲4年(707)、武蔵の国に来た鬼神を常陸峯に鎮めて、天智天皇第四の姫宮及び蘇我倉山田石川麿が建立したものとしています。』昨日の東大和市の記述は、この創建を採用した記述ですね。このときの鬼神が三面であった古例にちなんで、祭礼で三面の獅子を用いた獅子舞が舞われたそうで、その獅子頭が重文になっているとのことです。

m98-45-01 F9663日吉社社殿の右側(神様が参拝者の方を向いておられるとして、神様の右手の方)、つまり我々の左手方向にある末社は、ちょっと見つけにくいのですが、「日吉神社」でした。祭神は「大己貴命(おおなむちのみこと)」福徳開運 担当だそうです。この神様は「大国主命」と同一視される神様です。大黑様なのに、下に恵比寿様が置かれていますね。居候のようです。

こちら側にはこれだけで、社殿の左側・・つまり我々の右手方向のほうが賑やかです。かつ、一段高くなった後部には鳥居も見えます。順番にお参りしながら歩きましょう。三社並んだ末社。向かって左端は「愛宕神社」次が「白山神社」、独立しているのが「滝沢明神」と書かれています。

m98-45-02 F9628

愛宕神社は「火産霊命(かぐつちのみこと)」火難消除。白山神社は「伊娑那岐命(いざなぎのみこと)」延命長寿、五穀豊穣。この滝沢明神については、神社のパンフにも祭神が書かれていません。「滝沢明神祠」をのぞき込みます。釋を持った人物像です。

m98-45-04 F9631滝沢明神

中央部に「瀧」の文字がありますね。「人王百四代・・」、この神社にあった「棟札」のことが「風土記稿」に書かれていましたが、それが「人王百四代」ではじまっていました。御土御門天皇ですね。現時点では、滝沢明神については何も分かりません。写真を見ると、扉の陰に札があったのですね。これに気が付かず、写していません。失敗の巻です。

石段を上がって、背後の高台に出ます。m98-45-05 F9639

 

社殿後部の覆殿の中に、昔の「本殿」が置かれているのでしょう。

上の段の左端は、稲荷神社でした。ここは「正一位」と表示されていますから、伏見稲荷の系統なのですが、祭神「豊受昆売命」としています。m98-45-06 F9640立て札には「豊受姫命」。

m98-45-07 F9641厳密に言うと違うのだけどなあ・・・嘘だと思ったら「伏見稲荷大社」のホームページを見てください。この名前はありません。「稲荷大神」にしておけばよいのに・・・関東には「東伏見稲荷」が作られていますが、そこでもこの名前はありません。『関東地方の稲荷信仰者たちが、東京にも京都の伏見稲荷大神のご分霊を奉迎してその御神徳に浴したいとの熱望が高まり、京都伏見稲荷大社の協力で、昭和4年に創建されました。東伏見という地名は、神社ができてからついた地名です。ご鎮座にあわせて西武新宿線の駅名も上保谷から東伏見に変わりました。   宇迦御魂大神うがのみたまのおおかみ:人々の生活を豊かに楽しく守り導いてくださる衣食住の大祖神さまです。農業の守護神として農家の崇敬も篤い神さまです。  佐田彦大神さだひこのおおかみ:海陸の道路を守り、人々の行なう事を良いほうに導いてくださいます。  大宮能売大神おおみやのめのおおかみ:   歌舞音曲方面に信仰の篤い神さまです。長寿また愛嬌の神さまとしても信仰されています。  上記御三座を、東伏見稲荷大神と総称します。』これが、東伏見稲荷のHPの記述です。 「豊鹿島神社」の境内社になっている「稲荷」は両方とも「豊受姫」なのですが、「豊受姫」とする稲荷は、土着の稲荷に多い気がします。つまり、農家の屋敷神から育った神社です。 そもそも、「豊受大神」というのは、伊勢神宮の外宮におられる神様です。外宮は「豊受大神宮」とも呼ばれますが、「農耕の神様、衣食住の神様、あらゆる産業の神様」です。「豊受大神」の別名は、「豊宇気毘売神(とようけひめ)、屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめ)、豊宇賀能売命(とようかひめ)」など、様々ですが、伏見稲荷大神の「宇迦之御魂大神」とは別の神様。日本書紀の方の神様の系図でいうと、「豊受大神」は、「伊弉諾尊」「伊弉冉尊」揃っている時の子供で、兄貴に「大山祇神」がいます。一方「宇迦之御魂」は「倉稲魂神(うかのみたま)」という名前で出て来ますが、「大山祇神」の孫なのです。正確に書くと、「大山祇神」の子供である「神大市比売」と「素戔嗚尊」の間に生まれたのが「倉稲魂神」。これを同一神にしてしまうというのは、どう考えても納得出来ない木瓜爺です。ごっちゃにしてしまったのは誰なのでしょうね? ごっちゃにした理由は、御神徳というか御利益が、同じだからなのでしょう。庶民のお伊勢参りの副産物かもしれませんねえ・・ただ、豊受大神宮は国レベルでの御利益、稲荷社は個人レベルの御利益、という大きさの違いがあるわけです。「豊受大神」なのに「正一位」の表示はうさんくさい! 自称かも知れませんねえ?

m98-45-08 F9645御嶽神社

次の境内社は、「御嶽神社」でした。祭神は特に書かれていません。「武蔵御嶽神社」ならは、祭神は「櫛真智命 大己貴命 少彦名命 (配祀)日本武尊 押武金日命」その他大勢?なのですが、この土地では「大口真神」も混入している可能性大です。

次にちょっと変わった神社がありました。「産泰社」というのですが、「木花咲耶姫命」が祭神だと書かれていました。安産、家内繁昌が御利益。「産泰神社」というのは、前橋にあるのが総本社でしょう。そこのHPではこう説明されています。『【産泰神社(さんたいじんじゃ)】
創建年代などは定かでありませんが、社殿背後の巨石群などから、神社信仰の発現形態の一つである巨石崇拝に基ずく古社である考えられています。 社名の通り、安産・子育てに利益があるとされ、昭和年代まで参道で売る底の抜けた柄杓(ヒシャク)を奉納する慣わしが有りました。この風習が広く知られ、県内はもとより近県からも参拝者を集めていました。
社殿は、前橋城主酒井氏の造営になるもので、内外とも多くの彫刻で装飾されています。また見事な茅葺きでしたが、現在は銅板葺に改められています。境内には、隋神門・拝殿・本殿のほか神楽殿もあり、例祭に奉納される太々神楽が市の無形文化財になっています。所在地:群馬県前橋市下大屋町』

m98-45-09 F9647

これが、先ほどの「御嶽神社」の後方に少し離れて建っていました。「御嶽山蔵王大権現」と筆頭に、「八海山提頭頼神王」、「三笠山刀利天」、「猿田彦尊」・・・13程m98-45-10 F9651並んでいます。木瓜爺の知らない神様もおられます。山岳信仰か修験者の奉納した石碑でしょうか? もう一つ似たようなものが有りました。これは、戸隠神社に関連するものらしく「奧社 天平力雄命 中社 天八意思兼命 宝光社 天表春命 九頭竜大神」などと書かれています。「石井梅光謹書」とサインされていますが、石井というのは、代々この神社の神主さんを勤められる家の苗字ですから、多分神主さんが書かれたのでしょう。m98-45-11 F9652

 

一番端も稲荷社のようです。「紅葉稲荷神社」祭神も御利益も最初に出てきた稲荷とおなじです。

m98-45-13 F9656

m98-45-12 F9653

「紅葉稲荷」でぶつぶつ云っていましたら、罰があたって、足を滑らせ、あぶなく転倒する所でした。慌てて平地に下ります。

m98-45-14 F9660

雄2雌1の獅子舞があると書かれています。江戸後期に作られたもので、東大和市の重宝ですか・・・「重宝」というのはどういう定義なのでしょうか? よく分かりません。

トイレに寄って、昼食も食べたいな・・・先ほど「日吉神社」を見に行った時に、下の方に公園のような広場が見えました。多分あそこに行けば・・・

m98-45-15 F9668

m98-45-16 F9671

神社の裏参道を隔てて、遊園地広場が出来て居ました。簡易トイレも出来ています。

ベンチに腰を下ろして、昼食休憩。このあと、「厳島神社」の方に行くことにしました。この「豊鹿島神社」本来は由緒正しき神社なのですが、どうも、明治の神社再編成に加えて、大正の貯水池建設で、ぐちゃぐちゃにされてしまったようですね。「摂社」(特に関係の深い神社)としてパンフレットに載っている「住吉神社」と「八雲神社」は、多分、先日書いた「消えてしまった八雲住吉神社」のことでしょう。平成の道路工事でさらにぐちゃぐちゃにされているお気の毒な神社でした。

なお、2010年頃の「豊鹿島神社」や、此の後出てくる「厳島神社」「熊野神社」などの様子は、Taji1325’sBlog 2010/12/26 及び 2010/12/19 で拝見できます。

https://taji1325.wordpress.com/2010/12/26/12%e6%9c%8827%e6%97%a5%e3%80%80%e3%80%80%e8%b1%8a%e9%b9%bf%e5%b3%b6%e7%a5%9e%e7%a4%be/

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中