2015/12/28: 江戸の古社;木瓜爺撮歩77-08 富岡八幡宮〔2〕 (No.2547)

社殿に向かって左側に、「資料館」があり、その前に休憩所がありました。そこで一休みした後、社殿の左側を見ると、「力持碑」が並んでいます。

m77-08-30 F1625力持碑

どうやら、この丸い石の方で力比べをしたようです。奉納者というか多分持ち上げられm77-08-18 F1607た方の名前が書かれているようです。この前を通って行くと、参道は外に出てしまうようです。戸惑いながら石段を下ると、左側に「お手水所」というのが有りました。m77-08-20 F1609

 

 

 

大きな石の上部に水が入るようにしてあります。m77-08-19 F1608

そして、反対方向に境内社のブロックが造られていました。

m77-08-21 F1611

この道に、狛犬が二対あります。

m77-08-22 F1612

m77-08-23 F1613

 

m77-08-24 F1615

m77-08-25 F1617

 

光線の具合が思うにまかせず、へんな写真になっています。ストロボの調光が失敗しているのです。もう少し練習しないといけません。で、境内社なのですが、社殿が画一化されていて、ちっとも面白くありません。向かって左から「冨士浅間神社・金刀比羅神社」、「大黑社・恵比寿社」「鹿嶋神社・大鳥神社」。二つずつ1棟に入っています。

m77-08-26 F1618

m77-08-27 F1619

 

m77-08-28 F1621m77-08-29 F1622

一とおり礼拝して、今度は本殿の向かって右側に回ります。

m77-08-31 F1603富岡八幡

m77-08-32 F1630

「七渡辨天・横綱力士碑」という看板が出ています。m77-08-33 F1604ここをくぐって行きます。

 

 

 

 

「横綱力士碑」の正面に出ました。「辨天様」はそこから右に行くようです。

m77-08-32 F1631

 

 

この力士碑、裏面に歴代横綱の名前が彫られているのですが、もう一杯になって、左右に別の石碑を建て、続きはそちらに掘られています。

m77-08-34 F1632

この神社は、幕府の公認「勧進相撲」発祥の地なのですね。「連勝記録碑」なども有りm77-08-35 F1633ましたが、「白鵬」は彫られていたかどうか? これから新記録を出さないとも限らないので、まだ彫っていないかな?「谷風」は63連勝なのですね、凄い物だ・・この頃は、一年間の相撲数が、ずっと少ないですから、多分、何年も負けなかったということなのでしょう。同じような説明板が有りました。こちらは「江東区教育委員会」です。

横綱の名前が彫られた部分の頭と尻尾を写しておきます。尻尾の方には「日本人」はいませんねえ・・この前が「貴乃花」「若乃花」のなのですが。

明日は「七渡辨天」の方に行きます。他にも末社があるのですが、そこにいる「狛犬達」が面白かった。

m77-08-36 F1635

 

m77-08-38 F1643

m77-08-37 F1640

広告
カテゴリー: 古社, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中