2016/01/12: 文京区散歩;木瓜爺撮歩25-06 佛以山得解院一音寺と浄土山正覺院十方寺 (No.2562)

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

昨日は、羽村でも「どんど焼」がありました。久しぶりに、団子を焼いて食べる方にまわりました(いつもは、遠くで写真だけ写しています)。これで、今年は風邪も引かないことになりました?・・昨日のブログの続きを始めます。

「白山上」交差点から「向丘2」交差点にゆく100m程の間にも、お寺があります。それが、「佛以山得解院一音寺」。なんと読むのか? 「ぶついさん えときいん いちおんじ」でしょうか? 書いている内に分かって来たら修正して行きます。

m25-06-01 一音寺

浄土真宗のお寺です。詳しい事は・・・「猫の足あと」さんに頼りましょうか・・・

『一音寺:同町(駒込東片町)百零六番地にあり、佛以山得解院と號す、元和二年神田に創建し、寛文の頃此地に移る、僧玄海の開基にして本願寺派なり、本堂總修復工事中とす、槇町通に面し、門前に大日本佛教図書館掲示牌あり。(御府内寺社備考より)』

m25-06-02 一音寺

「寛文」の建物ではないですね。僧玄海が開基となり元和2年(1616)神田に創m25-06-03 一音寺建、寛文年間(1661-1672)当地へ移転、よく分かりませんが、関東大震災、東京大空襲で焼かれて、戦後再建した建物でしょう。住所は「文京区向丘1-9-28」

境内に立っておられるのは「親鸞聖人」です。「浄土真宗」も「浄土宗」も「南無阿弥陀仏」を唱えますが、その唱え方というか、スピードが全く違うのですね。木瓜爺も初めて浄土真宗のお葬式に参列したとき、「なーむーあーみー・・・」何を言ってるのか理解出来なかった記憶があります。多分、浄土真宗の中の派によっても違うのでしょう。

ありゃりゃ? 後光がさして、写りませんねえ・・木瓜爺のスピードで「南無阿弥陀仏」をとなえ、退散します。

m25-06-04 一音寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m25-06-05 一音寺

これはどなたでしょう? 「親鸞聖人内室 恵信尼」、「お内儀でしたか、はじめてお目にかかります。」ご挨拶して、「向丘2」交差点から南(正確には南南東でしょうか?)に向かいました。交差点付近にも幾つもお寺はありますが、この「本郷通り」に入口があるところだけ寄ります。この条件で最初に出てきたのが「浄土山 十方寺」です。

m25-06-07 十法寺

m25-06-10 十法寺

『十法寺:同(駒込蓬莱町)四十六番地にあり、浄土山正覺院と號す、浄土宗浅草源空寺末なり、開山木食圓譽、天和元年根津に創建して、後此に移るといふ、小野篁作と稱する地蔵尊あり。(東京名所図会より)』 「じょうどさん しょうかくいん じゅっぽうじ」でしょうか? 「方」と「法」どちらが正しいの?

『「本郷區史」による十方寺の縁起  十方寺:駒込蓬莱町に在り、淺草源空寺末、浄土山正覺院と號す、元和元年根津に起立、寛文二年太田備中守下屋敷内なる現地に移轉した。開山圓譽靈門の下谷源空寺より隠居して之を建立する所で、圓譽は寛永十九年に寂した。犬塚印南(通史家斉時代参照)の墓がある。(「本郷區史」より)』

m25-06-11 十法寺「十方」と「十法」の違いをどう見れば良いのでしょうか? 区史では「十方寺」となっています。「根津」で創建されて、「駒込鳳来町」に移り、また「向丘」に移ってきた。そのどこかで、「十法寺」から「十方寺」に変化したのでしょうか? 「猫さん」も間違えることがありますので、「名所絵図」を確認してみたいな。現住所は「文京区向丘2-29-1」です。

大銀杏がまだ見事な彩りを残していました。

「開山400年記念碑」がありました。2015-400=1615 元和元年! 合ってる!

m25-06-12 十法寺

安心して、本尊「阿弥陀如来」に「南無阿弥陀仏」。「十方寺」のHPらしき物を、ただいま発見。一部引用させていただきましょう。『文京区向丘の“浄土宗十方寺”は400年近い歴史を持つ由緒あるお寺です。“浄土宗十方寺”を開かれた円誉上人は1590年頃から昼夜を分かたず念仏弘通に尽力され、当時老若男女の上に帰依する者がおびただしく、この業績が徳川家康の知るところとなりました。その後慶長9年(1604年)徳川家康より湯島に土地を拝領し、源空寺を創設しました。この寺に住職として40年、73歳で亡くなられましたが、46歳の時に根津に十方寺(じっぽうじ)を建立。その後の寛文2年(1662年)に現在の場所に移転しました。』開山者の紹介です。

このあと、どこに寄ったっけ?

広告
カテゴリー: 行事, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中