2016/02/17: 南品川散歩;木瓜爺撮歩94-58 鳳凰山 天妙国寺 (No.2598)

いよいよ、今回の最終寺院「天妙国寺」です。「新編武蔵風土記稿」には、『(南品川宿下 妙国寺)拝領地二萬二千百七十七坪半 長徳寺の南隣なり 鳳凰山と号す 法華宗京都妙福寺末 江戸触頭三ヶ寺の一なり ・・・』ではじまり、13頁にわたる記述になっている、大変重要なお寺なのです。拝領地の大きさだけでもナミではないことが分かりますね。「品川寺」が四千八百坪でした。五倍近い大きさです。

m94-58- 01 天妙国寺

永代供養の納骨堂「鳳凰堂」10万円からのようです。「真了寺」から、間違えて裏門の方に行ってしまったのですが、途中にあった看板です。勝手口のようなところに行ってしまって、これはいけないと、路を戻り、正門の方に出ました。

m94-58- 02 天妙国寺

正門は、例の古東海道らしき路にありました。「青物横丁商店街 東海道品川宿」と書かれています。左に「天妙国寺」の入口があります。足元には「品川百景」の標識。

m94-58- 03 天妙国寺

m94-58- 04 鳳凰山天妙国寺

山門は、奧の方に見えます。ポスターの写真と同じですね。石碑の土台部には「妙国寺」となっています。

m94-58- 05 鳳凰山天妙国寺

「東京寺院ガイド」というサイトには、こう記述されていました。

『天妙国寺(てんみょうこくじ)・顕本法華宗別格山 品川区南品川2−8−23   天妙国寺の沿革:鳳凰山 天妙国寺は京都総本山妙満寺の末寺にあたり、顕本法華宗
(法華宗妙満寺派)に属する。「妙国寺縁起」によると、弘安八年(1285)、日蓮大聖人門弟中老の天目上人によって創建され、堂宇建立成就の日、鳳凰が舞い降りてきたため鳳凰山と名づけ、妙法蓮華経の力をもって国家の安穏を祈る精舎との意味で妙国寺(現 天妙国寺)と称したとある。第二祖日叡上人の代、日什教学に帰し、檀信徒の帰依深く、各時代の地域の有力者に保護され、寺領の寄進を受けて広い寺域を有した。
品川は江戸時代以前より交通の要衛として栄え、十五世紀の中頃には、品川湊の豪商だった鈴木道胤が施主となり当寺に梵鐘を寄進、さらに十七年の歳月をかけて七堂伽藍を建立した。寺領十石,二万二千余坪の拝領地を有し、塔頭四院を擁し、堂塔の偉容は
品川郷に輪奐の美を誇った。慶長十九年(千六百十四)八月二十八日、品川の象徴として愛着を受けた五重塔は台風のため倒壊、哀惜する郷民の意をくみ、寛永十一年(1634)三代将軍家光により再建されたが、元禄十五年(1702)二月の大火により類焼し、現在に至っている。』

m94-58- 07 鳳凰山天妙国寺

山門をくぐって正面に本堂らしいものが見えますが、かなりの距離です。

m94-58- 08 鳳凰山天妙国寺

左の方に鐘楼がありました。「本堂」に近づきます。こちらのご本尊は、「釈迦如来」だそうです。

m94-58- 09 鳳凰山天妙国寺

m94-58-14 C_5383

m94-58- 10 天妙国寺

欄間にある彫刻は何でしょうね? 日蓮上人伝説の一部でしょうか? ちょっと思い出せないので、拡大画像をいれておきます。m94-58- 11 天妙国寺

このお寺が大きい理由というのが、やっと分かりました。ここは、天正18(1590)年8月、徳川家康が江戸入府の前日に宿所としたのです。それで、徳川将軍家との所縁が生まれ、寺域や門前町が拝領地となったということです。家光も鷹狩などの際にしばしば立ち寄ったようです。 本堂に手を合わせたあと、境内の隅に喫煙所を見つm94-58- 12 天妙国寺け一服しに行きました。脇にある屋敷的な囲の所に、この「遠州流」という石碑を見つけました。庭造りの遠州流は「小堀遠州」が元祖のはずだけど? 「本松齋一得」という方は江戸時代の華道家だそうです。とんだ勘違いで、お恥ずかしい。

「新編武蔵風土記稿」にも沢山書かれていましたが、「品川区指定文化財」も沢山有るようで説明板が出ていました。

どこにあるのか分かりませんでしたが、WEBで見ていると、「五重塔礎石(心礎も含む)が中庭より発掘されると云う。
現在は品川区文化財に指定され、境内西側に展示保存される。」などという記事もあります。ちょっと広すぎて空腹状態だった木瓜爺は歩き回れませんでした。 m94-58- 13 天妙国寺

「ペットボトルのお茶」と「タバコの烟」でお腹をふくらまし、蕎麦屋をさがそうと、歩きはじめた木瓜爺、「東関森稲荷」まで行ってから、バッグの底に「非常食」が入っていたことを思いだしたのでした。と言うわけで、大惨事となった?「第三次品川遠征」は、此所までです。明日からは、別の場所に行きますが、いずれ「海妟寺」を皮切りに「鮫津付近」の第四次を試みます。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中