2016/02/26: 文京区散歩;木瓜爺撮歩25-13 「神田明神」通り抜け (No.2607)

神田明神については、2014/01/07 から 撮歩77-14- として、詳細に書いております。今m25-13-01 F9925回は、北から南へ通り抜けるだけにしましょう。勿論、実際にはちゃんとお参りしてきましたから、ご安心を・・・この北側の石段を上がりますと、鳥居があります。m25-13-02 F9926

 

m25-13-05 F9929 上がりきった所は「稲荷ゾーン」で、右側に末社の稲荷が幾つもあり、左は「祖霊社」などがあります。前出のブログの中では、一つ一つ説明をしています。

m25-13-03 F9927ピンクの梅の花が咲いていました。駐車場になった広場に、こんな稲荷もあります。m25-13-04 F9928

 

「石祠」ですが、使い狐の数は一番多いようです。案外「地主的存在」かも知れませんねえ?

m25-13-06 F9932

 

おなじみの「銭形平次」。野村湖堂の描いた架空の人物ですが、明神下に住む捕り物名人。映画やTVドラマでおなじみですが、演じた俳優さんで見た人の年が分かってしまう存在です。木瓜爺の場合は、「長谷川一夫」と「大川橋蔵」ですね。「橋蔵平次」は888話有るそうです。此の後が「北小路欣也」だったかな?「若山富三郎」「安井昌二」「風間杜夫」なども演じたそうですが、木瓜爺の記憶にはあまり残っていません。

神田明神の神殿におまいりしまして、今日は狛犬君と「にらめっこ」して遊びます。

m25-13-07 F9934

m25-13-08 F9937あれ? 狛犬には「のどちんこ」あるのかなあ? どれどれ? 「アーン」

m25-13-09 F9936ないらしい。 遊んでくれてありがとう。じゃ、帰るね・・・ 随神門で奇妙な画を見つけました。表の方には「右大臣」「左大臣」がおられるのですが、内側には「馬」がいます。日枝神社が「猿」でしたが、ここは「午年」の初詣用ですね。ただ、ガラスの反射が強いので、こういう絵になるのです。これはこれで面白い。「PLフィルター」があれば、いろいろやってみる所ですが、今日は忘れて来ました。

m25-13-11 F9939

 

m25-13-12 F9940

「馬」君とも遊んだし、本当に帰ろう・・・

m25-13-13 F9944

「天野屋」で「甘酒」買って帰ろうかなあ・・いや、糖尿病ぶり返すから止めとこう。

m25-13-14 F9945

一杯の甘酒の値段は、湯島天神境内の方がやすかったな・・・でも、ここのは「本物」イメージが強いです。長年の馴染みも有るからでしょう。

m25-13-15 F9946

「ニコライ聖堂」の屋根が見えて来ました。「お茶の水駅」まで、直ぐです。こんな所で、「湯島散歩」は終了です。明日は、また「品川」に行きます。何日か時を稼いで、越生梅林に行ける時を探しております。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中