2016/02/27: 南品川散歩;木瓜爺撮歩94-59-1 幸稲荷から補陀落山 海晏寺へ (No.2608)

「海雲寺」の親寺であった 「補陀落山(ふだらくさん) 海晏寺(かいあんじ)」は、曹洞宗系ですが、現在は「単立」になっているようです。2/19 「青物横丁」の海晏寺を皮切りに、「鮫洲」を通って「立会川」までの撮歩を試みました。その次第を、一週間ほど書き綴ります。というのは、此の期間、木瓜爺ちと忙しくてブログ処ではなくなる危険があるのです。書きためておいて、小出しにしようというずるい魂胆です。まあこれも、連続投稿ペースを保とうという、あさはかな目標?達成のためです。

m94-59-00 F2438

「青物横丁」駅を出たのですが、正しくは品川よりの出口の方に行って、陸橋で「第一京浜」を渡るのが「海晏寺」への近道でした。この写真は、「海雲寺」の方に行く道です。ここから右に曲がって、第一京浜の方に出ようとしました。つまり、のっけから遠回りコースを選んでしまったのです。ただし、悪いことばかりではなく、小さなお稲荷さんを見つけました。このあたりの町内会「三睦会」が守っている稲荷神社です。「幸稲荷」と書かれていました。

m94-59-01 F2439

「幸稲荷」というのは、芝公園の近くにある「幸稲荷」がかなり昔の神社と聞いていますが、そちらとの関係はわかりません。神社の横にはこんな名簿?がついていました。氏子さん達の名前が連ねられているようです。今日最初の神社なので、まず前途の安全祈願をします。使い狐が、噛みつきそうな顔で見守っていました。

m94-59-02 F2440幸稲荷

m94-59-04 F2441

ちょっと中を覗きます。

m94-59-05 F2442

「初午」の時にでも使ったのでしょうか?飾りが積まれています。祭壇の所はよく見えません。

m94-59-06 F2443ここから右に進路をとって、「京急線」をくぐります。くぐると、「第一京浜」に出ます。目の前に「海晏寺」が見えています。m94-59-07 F2444

横断歩道がないかと探したのですが、さっぱり見えません。目に付いたは歩道橋です。それが、冒頭に書いた駅の北口につながっている道だったのです。しまった、しまった・・と、ぼやきながら、北にすすみ、歩道橋を渡り、向こう側の歩道を戻ります。m94-59-09 F2447

m94-59-10 F2449

歩道橋から南の方を見ています。間違いないかって?日影がこちらに落ちているから、大丈夫です。

「海晏寺」は、昔は大きなお寺だったようです。「新編武蔵風土記稿」によると、『(南品川宿下 海晏寺) 除地二段九畝二十六歩 年貢地五段四畝二歩 海雲寺の南隣りなり 補陀落山と号す 禅宗曹洞派 三田功雲寺末 寺伝に云 昔 建長三年 品川海上に大鮫死して浮出るを漁夫得てこれを割くるとき腹中に正観音の木像出現す 人々不思議の思いをなす 今に門前を鮫洲と号するは其故なり 当時鎌倉執権 最時寺時賴 聞て是を奇とし伽藍一宇を建て安置せよとて 南北二十町余 東西十町余の寺城を賜ふ 土木の功成しかは建長寺開山大覺禅師を開山 第一世とし寺領百貫の地を寄附し 別に八十貫文の地を寄て 寺中四院二庵及堂宇各二所をも建つ 禅師は弘安元年七月二十四日寂す されと元亨釋書 当寺の事に及ばず 又弘安の頃 相模守平時宗 新に堂を造 所持の阿弥陀像を安置し供養料二十貫文の地を寄す この余境内の鎮守に白山権現 神明 春日 八幡 稲荷 辨天等の社あり』  まだ続いていますが、一息入れます。 「鮫洲」という地名の由来も分かってしまいましたね。鮫の腹中からでた観音様を祀ったのが始まりで、それを指示したのは、北条時賴、さらに北条時宗も保護していますね。

「時賴」は、後に曹洞宗開祖になった「道元」を永平寺から招いて説法を聞いています。しかし「道元」の考えは理解出来なかったようです。「道元」も「政治」との接近を嫌って、北国に戻ってしまいます。それで「時賴」は中国から「臨済宗」の「蘭溪道隆」を呼んで「建長寺」を造らせ、北条時宗は、「無学祖元」に円覚寺を開山させています。この「海晏寺」の開基は「蘭溪道隆」のようです。つまり、最初は「臨済宗」のお寺だと解釈できます。どこで、曹洞宗に変わったのか・・・それは、明日、書かれるでしょう。

m94-59-11 F2462

わ、この道の表示もややこしい。15が「第一京浜」で、交わっているのが421の池上通りですか・・おそらく、この「第一京浜」なども境内地だったのでしょう。何しろ東西10町南北20町というのですから・・・鎌倉時代の一町は100m位でしょうか?

m94-59-08 F2445海晏寺

此の写真は、まだ道路の向こうで写したものですね。門を入る所から、明日にしましょう。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中