2016/03/13: 高尾山(附近)漫歩;木瓜爺撮歩51-08-1 大光寺の梅 (No.2623)

先日「成就山浅川金刀比羅大権現」を書いて、そういえば、高尾山の金刀比羅神社のブログがないなあ・・と、気が付きました。久しぶりに金比羅台まで登って見るか・・とm51-08-00 F9951思い立ったのが、今回のブログなのです。結果を先に書きますと、京王線の高尾から、高尾山登山口に向かう電車の中で、右足裏が神経痛? びりびり痛くなりまして、ケーブル登山に切り替わりました。でも、金刀比羅神社参拝の御利益で、下りは徒歩で下れました。というわけで、今回は、「高尾山漫歩」的な内容です。のんびり、木瓜爺の世界(?)を楽しんでください。本筋には関係のない、この日の朝、羽村堰下橋からの風景です。黒い鳥は「カワウ」白い鳥は「ダイサギ」。今日は漁場争いにはならないようです。

八王子市館町の浄泉寺墓地に行き、花を換えたのですが、何故か開いた花が二首落ちてしまいまして、今日は縁起が悪いなあ・・花屋さんが、花が痛まないようにという心遣いか、セロハン的なものでカラーm51-08-01 G_0066を付けていたのですが、どうも是が逆に茎を痛めていたらしい。カラーごとぽろりと落ちてしまったのです。クレームを付けたいけど、戻るのは面倒だし・・・ゴメンネと花を水に浮かべて供えました。

これは、浄泉寺墓地の観音様。良い天気です。見えている山は高尾山の北の山・・八王子城山の方でしょう。このあと、バスで「高尾駅南口」に戻り、京王線で、「高尾山口」に向かいます。京王線ホームから、「大光寺」が見えます。ここは「枝垂れ桜」の名所、左が現役?の枝垂れ桜、右の方につっかえ棒付きの古木があります。中間に白い花が咲いていますね。「梅」でしょう。途中下車して、見て来ましょうか・・・・m51-08-02 G_0073実際は、数日後の写真なのですが、お話として、ここに挿入して、今日のブログにしましょう。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

このお寺は、「真言宗 正名山 地蔵院 大光寺」。「新編武蔵風土記稿」では、巻之十四之下「由井領 上椚田村」に出て来ます。山名などが少し字違いになっています。『境内除地千百坪 小名初澤にあり 勝名山と号す 新義真言宗高尾山薬王院末 (中略)本尊弥陀 木の坐像にて二尺五寸なるを安す 別に本尊の前に不動を安す 木の立像長一尺三寸 左右の童子は各長五寸余にして 共に定朝の作なりという (以下略)』 境内に「住吉社」と「地蔵堂」があったことが記録されています。「地蔵院」の院号はこの「地蔵堂」に由来しているのでしょう。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

本堂です。欄間の彫刻は、目玉が光っています。「正名山大光寺の桜」は、Choi-Boke爺ちゃんのブログでも書いています。18- 木瓜爺撮歩44-11 正名山大光寺の古桜見物 (No.1531)

実際に訪れた日は青空ではなかったので、写真が綺麗に写っていないのですが、・・・

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAこの「梅の木」も支えがついていて、結構古木のようです。後ろの方は「枝垂れ桜」が支えられています。最近の「枝垂れ桜」は何時書いたのだっけ?07- 八王子散歩;木瓜爺撮歩81-04 正名山地蔵院大光寺のしだれ桜  (No.1919)  かな? 昨年は「花御堂」を書きましたね。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

しばし梅を眺めて・・・「不動堂」は桜の古木の後ろにあります。「不動堂」の方を書いたのは、7月21日:木瓜爺撮歩09-4  初沢城址周辺 正名山地蔵院大光寺 でした。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

境内の「稲荷神社」。ここは「吒枳尼天」のお稲荷さんです。あと、観音霊場と八十八箇所霊場が並んでいます。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA山門の所に、こんなビラがありました。

これは音響的には興味があります。残響があって、言葉は聞き取り難いかも知れませんねえ? お経が聞き取れないことが多いでしょう? ただ、美声?のお経は、すごく良いのです。声の周波数帯域と、お堂との相性があるみたいです。一度聞いてみたい気もします。

m51-08-13 G_0076ホームに戻りました。見えているのは、「みころも霊園」の納骨堂です。あの右横の山には、「菅原道真像」があります。先ほど引用した「初沢城址周辺」の撮歩シリーズに書かれています。反対側に見える「八王子城址」のある山の写真は都合で後日。電車が来ました。乗って、一駅だけですから立っていても何でも無いですのですが、空いて居たので腰を下ろしました。そこから、足の裏の痛みが始まったのです。

広告
カテゴリー: 里山, 花・紅葉, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中