2016/03/22: 木瓜爺撮歩:昭和公園・寒緋桜を探す (No.2632)

朝日新聞だったか? 連休に入る直前に「昭和公園の寒緋桜」が咲いているという記事寒0 隣りの桜 F0163が載りました。老人クラブの決算作業で忙しい木瓜爺なのですが、領収書や報告書未着で集計できない項目がいくつか残り、作業中断。待っている間に、昭和公園覗いてこよう・・カメラ一台首にかけて、とびだしました。お隣の彼岸桜が咲き始めています。咋春は、ばっさり散髪されて元気がなかっのですが、今年は復活したようです。

多摩川を堰下橋で渡ると、川原に釣り師が大勢居ます。

寒1

川原に立てられた旗を見ますと「マス・ヤマメ放流場所」と書かれています。放流した魚を釣っているようです。通り過ぎるまでに20cm程の魚を取り込んでいる人を見ました。・・・・で、ヒドリガモの背中に乗せてもらって、「昭和記念公園」の水鳥の池に着水!

寒2

寒3

「昭和公園」も、休日のこととて、「案内相談」の幟を立て、大勢のボランティア・ガイドが詰めていました。「新聞で寒緋桜が咲いていると出ていたので、来ましたが、寒緋桜はレインボウプールの裏あたりでしたっけ?」、と尋ねると、地図をだして持って来てくれて(木瓜爺の手にはすでに地図があるのに・・彼女には見えて居ない?)、「花木園のこの辺です」と教えてくれました。 へんだなあ? そこは「修善寺寒桜」なんだけど・・「残堀川沿いに歩けば良いらしい。」ということだけは確かなようです。

「寒緋桜」というのは、「寒桜」の仲間でも、ちょっと変なやつなのです。名前も「緋寒桜」と呼ばれる事があります。あとで写真が出て来ますが、桜の花に見えないのです。「修善寺寒桜」は「彼岸桜」と似た花です。

F0356.jpg

お、これは「彼岸桜」ですが、「コヒガンザクラ」。開花したばかりのようです。「高遠」の桜ですね。高遠の桜も、もう十年以上見ていません。

「花木園」が近づいてきました。なるほど、「寒緋桜」も何本か散在しているようです。でも、木瓜爺の記憶の場所ではない。 残堀川沿いの「ピンク」の桜に、写真を写そうという人が何人かいます。

寒5

F0366.jpg

「修善寺寒桜」です。名札がありました。

寒7

と、嬉しいお仲間を見つけました。うら若い女性ですが、プロの卵(?)でしょうか?最近は写真学校の生徒さんにも大勢女性がおられます。この、三脚に載せたカメラを見てください。先日、木瓜爺が書いていた「ハッセルブラッド」の500CMのようです。「ペンタプリズム」まで載っています。ただ、このアングルですと、レフボックスで写す方が楽だと思うのですが? プロじゃないな・・なんて・・勝手な判断です。

F0371.jpg

 

「花木園」の休憩所の方に、「寒緋桜」が一本ありました。寒9

これでは、よく分からないでしょうが、筒型の花が下を向いているのです。後で大きく撮したのが出て来ますから・・寒10

 

 

川の左岸の方にも見えますね。どちらも支柱が付けられていますので、痛んだ古木なのでしょう。木瓜爺の記憶にあるのは元気な並木でした。「残堀川」をさかのぼって探します。一番早く春をしらせる感じの寒12 F0384河津桜「河津桜」は、もう葉桜になっていました。寒11 F0383

残堀川には水が見えませんが、ここにはもう一つ歴史的な水流が並んで流れています。「立川分水」とか「柴崎用水」とか呼ばれる、「玉川寒13 F0394上水」の分流です。説明板が立っていました。寒14 DSCF0395

 

拝島の方から地下を通って、ここに出てくるようです。「農業用水」なのです。昭和公園の先は、中央線の線路を越えて流れて行きます。

寒15

ちょっとした休憩所があり、そこにも「寒緋桜」が数本有りましたが、花をいじる人が多いらしく、手の届く位置はかなり痛められています。人間ってどうしてこう残酷なのだろう? それでは、クローズアップです。こんな花なのです。下向きにぶら下がっています。

寒16

ここまで来て、やっと木瓜爺の記憶の場所が目に入ってきました。下の写真です。綺麗でしょう? もう少し上流の対岸、つまり右岸になります。やはり、レインボウプールの裏です。

寒17 F0424

整備されたのは、近年だと思いますが、何時の記憶なのかはっきりしません。もう、昼になりましたし、ここを眺めて、帰ることにします。

寒18 F0431

寒19 F0435寒緋桜

ここは、まだ花が痛んでいません。訪れる人が少ないのでしょう。ボランティア・ガイドが知らない(?)位ですから・・・

寒20 F0451

「寒緋桜」をこんな間近で写すのは、木瓜爺もはじめてでした。マクロ付きのD700持ってくるのだった! でもHS30でも、このくらいには写せます。

西立川口に戻る途中、水仙が植えられていました。しゃがみ込んで、チルトモニターの使い方を復習・・・カタクリを撮しに行く日のためです。

寒21 F0454kirei

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 公園, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中