2016/04/03: 桜三昧2016; 木瓜爺撮歩101-03 大光寺のシダレザクラ (No.2644)

続いて、庫裡の前にある「枝垂れ桜」をご覧頂こうと思います。太陽がこんな位置だったので、少々写しにくいのですが、何とかやって見ます。

m101-03-01 F0664

m101-03-02 F0665

昨日の計算の意味がおわかりいただけましたか? この樹齢400年という桜は、開山の頃植えられた木と言うことでしょう。落雷でやられてしまって、皮一枚で生き延びたという凄い生命力の樹なのです。

m101-03-08 F0693

主幹の部分です。回りには支柱が枠のように組まれています。

m101-03-03 F0666

でも、写真にはなりますね。松葉杖ついた老桜だ・・・音から云うと「老翁」だな・・

m101-03-04 F0667

m101-03-05 F0669これは「白髪」かな? どちらが良いかな?横位置の松葉杖なしの方が良さそうですね。

m101-03-06 F0673

こうすると、二本の木があるように見えますね。桜の周りを木瓜爺ぐるぐる回って写していました。

m101-03-07 F0684

樹齢400年に元気を頂いて、羽村に戻ることにします。

m101-05-09 F0706

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中