2016/04/12: 桜三昧2016; 木瓜爺撮歩101-09-3 多摩森林科学園 (No.2653)

「釣舟草ベンチ」というのは、「釣舟草通り」のベンチということだったのですが、「関山ベンチ」というのは、「関山桜」が植えられていたからついた名前だったかなあ?m101-09-28 F0977

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下から上がってくる道が合流すると、「関山ベンチ」の休憩所です。

m101-09-30 F0981

このあたり、道が何本も集まってくるので、立っていたボランティア案内人に、「私の歩く道はどれでしょう?」

「昭和林道」を使って、「柳沢林道」に出るとショートカットになるようです。

ベンチに腰掛けて、森林科学園の入口で仕入れて来た「桜餅」を一つ口に入れました。残り一個は、お土産です。

変な話ですが、老夫婦だけの世帯では、普通のお土産ですともてあますことが多くなりました。一度に食べる量が少なくなったというのが、最大の原因でしょう。

m101-09-31 F0985この写真の左端の道が「昭和林道」です。

ちょっと歩くと「越のヒガンザクラ」の説明板。

m101-09-32 F0988

m101-09-33 F0989この樹でしょうか? キョロキョロしながら、下って行きます。

m101-09-34 F0990m101-09-35 F0993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コヒガンザクラ」(髙遠の桜」も花を付けていました。

m101-09-36 F0997

m101-09-37 F1001

m101-09-38 F1012

m101-09-40 F1023下まで来ました。左に進むと「里桜」のゾーンに行けるのですが、まだ殆ど咲いていないようなので、割愛しましょう。あそこで、右に行きます。

m101-09-41 F1028

m101-09-42 F1030ややっ? 一本横になって咲いている不精者がいました。「浅川の紅彼岸」です。

「おまえなあ、いくら地元桜だといっても、まだ50才くらいだろ? 寝ていることはないだろう?」「俺だって起きたいよ、でもなあ、ぎっくり腰だか何だか、立っている力がなくなってってな。これでやっとなんだ。」だそうです。

「もう一回くらい来られるわね」という話し声が聞こえました。パスポートという切符を買った方なのでしょうか? たしかに、里桜に合わせて、もう一回見に来られると良いでしょうね。「里桜園」というゾーンは、平地に桜が並んでいますから、普通のお花見気分になれるのですが、宴会は禁止のようです。焚き火、携帯コンロ、酒類持ち込み、飲酒はできません。食事はベンチのあるところでお願いします。・・・等々、園内案内図に印刷されていました。 「森の管理室」まで戻って来ましたので、「多摩森林科学園」から、さようなら・・・

広告
カテゴリー: 自然観察, 花・紅葉, 公園, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中