2016/04/19: 江戸の古社;木瓜爺撮歩77-15 堀留町・椙森神社 (No.2660)

新橋から、地下に潜り込み、浅草線で銀座へ、銀座で千代田線に乗り変えて「小伝馬町」に下車しました。此所までは順調だったのですが、地下鉄というのは、地上に出て来た途端に方向が分からなくなります。地図も磁石も持っている木瓜爺ですが、またまた下らない失敗をしてしまいます。どういうことかというと、磁石は、近くに鉄骨などがあると、引きつけられて狂った方向を指すことがあるのです。

m77-15-01 F1297

十字路の交差点に出て来た木瓜爺、高い所から周囲を観察することにして、高架の横断歩道に上がりました。この時、方位計を見た位置が悪かったのか、磁石が少し狂った方角を指示してしまったようなのです。ははあ、こちらの方向らしいな・・・実は、この方角ではないことを、目玉の方は捉えていました(脳が認識していません)。それは、「首都高」が見えて居たのです。本当は、この位置から左に進まねばならなかったのでm77-15-02 F1299す。高い所から下りて、あっちに向かった木瓜爺ですが、目の前に「首都高」がはっきり現れて、あれ? こんな筈はない! 90度方向違いだ! また振り出しに戻ってきました。目に付いた「住所表示」は「堀留町1-4」、神社があるのは「堀留町1-10-2」ですから、そんなに離れて居るとは思えません。

また迷走開始です。所が1-7位までは行くのですが・・m77-15-03 F1300途中でこんなモノを見つけました。「旧日光街道本通り」の標識。そういえば、この辺からスカイツリーが見えて居る筈なのですが、下ばかり見ていたらしく、全く意識しませんでしたねm77-15-04 F1302。ふと気が付くと、いつの間にか「大伝馬町 1-7」 町の名前が違っている! またまた、振り出しに戻れ!

m77-15-05 F1303

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかしいなあ? この道で良いはずなんだけど、・・・迷った末に、お店の前で作業している方を見つけて伺うと、真っ直ぐ行けば左側にあるよ・・ 今度は、真っ直ぐ行く所を、右折してしまっていたようでした。教わった通りに歩くと、見つかりました。

m77-15-06 F1305

都市部の住所表示も、きちんと並んでいるわけではないようです。こんな所に1-10が現れるのかあ・・でした。

m77-15-08 F1306椙森神社

m77-15-10 F1311m77-15-09 F1310

もう一枚読みにくい説明板がありますが、先に読みやすいほうを入れました。これは、境内にある「富塚」の説明なのです。「富くじ」の事ですね。いまでいう「宝くじ」みたいなモノ。今度は、狛犬さんを先に写そう・・

m77-15-11 F1308

m77-15-12 F1309

ストロボを使ったので、かえって見にくくなったか・・「阿」のほうが「子獅子」を連れています。こちらが、社殿です。

m77-15-13 F1313

『当社は遠く一千年の昔、田原藤太秀郷、将門(まさかど)の乱を鎮定の為、戦勝を祈願するを始めとする。
文正元年、太田道灌、雨乞祈願に霊験あり、伍社稲荷大祭を遷し祭祀する。江戸時代には江戸三森の一つに数えられ恵比壽大神を祭り祭祀す。』説明板は、歴史をもう少し詳しく書かれているようです。

m77-15-15 F1317

m77-15-14 F1315

こちらは、「恵比須神」も祭られているようです。なお、「椙森神社」は「すぎのもり」と読むのが正しいそうです。

東側の道のほうに、鳥居がもう一つありました。裏門のようですが、こちらの方が分かりやすかったのかもしれません。

m77-15-16 F1322

では、最後の「柳森神社」に向かいます。一旦、「小伝馬町駅」に戻ります。それにしても、「小伝馬町駅」から出てくると、「大伝馬町」になっていたりして、本当に田舎者は迷います。

広告
カテゴリー: , 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中