2016/04/28: 越生散歩;木瓜爺撮歩88-36-1 春日神社〔藤原季綱旧蹟〕 (No.2668)

春日神社の前に戻って来ました。参道の右(向かって)に社務所の建物があります。

m88-36-00 F1491

石碑には「越生総社」となっています。「新編武蔵風土記稿」では、20行ほど、由来など書かれています。その最初の部分をまず引用します。というのはタイトルに書いたことと関連しているのです。『春日社 慶安二年社領五石の御朱印を賜う 天支十二年(注:こんな元号はないと思うのです。後ほど調べます)龍穏寺第七世僧良筠か資し縁起て閲るに当社は昔藤原季綱と云人 左遷せられ此の越生郡に ■楼して一日阿諏訪山に遊猟せしに其氏の神はるはると慕い来り 秩父郡高山の峯に光てはなつ これ則 毛呂明神なり 季綱謹て拝し やかて一体を二所に祝ひ祀り 当所に祭れるち内裏明神と称せり』読めない字もあるのですが、要は「藤原季綱」という人が、同じ神様を「毛呂明神」「内裏明神」と二か所に祀ったということのようです。「内裏」と書きましたが、この場所の地名で、風土記では「内裡」という字を使っています。
(追記) 先ほどの「天支」という元号、「天文」の誤りと思われます。龍穏寺の中興開山が1430年頃のようです。そこから7代目の住職がいた時期と考えると、1550年頃になります。「天文12年(1542)」というのが最有力。

再び神社の正面に戻ります。

m88-36-01 F1456

m88-36-02 F1492右のほうに小さな赤い鳥居がありますね。あそこが、今日の主題になってしまうのです。それは後回しにして、こちらの神社には「流鏑馬」の行事が伝えられているのです。「坂上田村麻呂」の奉納に始まるというのですから起源としては、相当古いことになります。

よく知られた「鶴岡八幡宮の流鏑馬」は、文治3(1187)年8月15日、源頼朝が放生会の後に奉納したのがそのはじまりとされていますから、それよりだいぶ昔です。それでは、問題の場所に寄ります。m88-36-03 F1495

 

 

 

社務所の前庭なのです。赤い鳥居の奥にあるのは、「石碑」です。何が書かれているのか?

m88-36-04 F1496

m88-36-05 F1497

 

 

 

 

「史蹟」「藤原大納言 遠峯・季綱邸蹟」「桓武平民新皇 平将門 内裏蹟」

おやおや・・「平将門」の方は何となく分かりますが、こうなると、どうしても、藤原大納言を調べないとならなくなります。とりあえずウイキペディアを借用。『藤原 季綱(ふじわら の すえつな、生没年不詳)は、平安時代中期から後期にかけての廷臣・漢詩人。藤原南家貞嗣流、文章博士・藤原実範の四男。官位は従四位上・右衛門権佐』この人は、あちこちの国司も勤めたこともあります。歴としたお役人ですが、終わりの方が分からない方なのです。何かで左遷されて、武蔵国にやってきた可能性はあります。しかし、「新編武蔵風土記稿」をみると、『藤原季綱(すえつな)旧蹟 字内裡にあり 此地昔藤原季綱か配せられて謫居せし所なりと云 季綱後に横見郡吉見領御所村へ移りしと云伝ふ 然に土人は季綱親王と号するは全く誤なるへし 配所と云も 又うけかたきこと前に弁せし如し おもふに越生氏の祖 大納言藤原遠峯なとの邸蹟なとにや』・・・どうやら、「新編武蔵風土記稿」の著者が言っていることが正しそうですね。「越生氏」というのは、平安中期から鎌倉期、南北朝時代と活躍した豪族・・鎌倉武士の一族です。系図も作られていますが、越生氏の祖になっているのが「遠峯」なのです。遠峯と季綱とは直接の関係はなさそうです。 風土記稿では、「季綱」というのは、隣鄕の「毛呂太郎」が名乗った名前だと決めつけています。毛呂家も藤原の子孫なのです。

「越生氏」の本拠・・屋鋪跡は、「越生神社」と云われていますが、木瓜爺が行った「越生神社」ではなくて、「法恩寺」のほうにある「越生神社」のようです。

m88-36-06 F1498

石碑の横の方に、物置的スペースがありました。そこに小社が置かれて居るのですが、現役なのか、退役なのか、よく分かりません。

m88-36-07 F1500

とんだところで、時間を費やしてしまいました。え? 将門はどうした? 明日、「春日神社」の所で触れることにします。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩, 伝説 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中