2016/06/18:津久井散歩;木瓜爺撮歩97-51 中野・八幡山寶壽寺 (No.2719)

雲居寺から、中野方面には、小さな峠を越えて行きます。なお、この「中野」という地m97-51-01 F1740名は、根小屋村の小名としての狭い「中野」と、隣村の「中野村」(「新編相模国風土記稿」未入手状態)があるようです。・・峠のピーク点は切り通し的な路になっています。m97-51-02 F1744

 

 

 

 

 

 

峠を越えて、下りになりました。多分、峠を越えると「中野村」なのでしょう。

m97-51-03 F1751また、津久井湖が見えて来ました。道は大曲をして、下って行きます。

m97-51-04 F1761

m97-51-05 F1763あの橋は「三井大橋」かな? 「峰の薬師」に行く時、車に脅かされながら渡った橋でした。現在は歩道が分離しています。

m97-51-06 F1772お堂を発見しました。ここからショートカットして下って行きます。

m97-51-07 F1775

駐車場の所に、地蔵堂と寺名を書いた「石標」がありました。この附近、m97-51-08 F1776寶壽寺道路整備をしています。その関連なのか、お堂の方も立入制限区域になっていました。お寺の名称は、「八幡山 寶壽禅寺」 臨済宗建長寺派です。この「寶壽寺」に関しては、今日現在では住所や電話以外の情報は見つかりませんでした。そこで「新編相模国風土記稿」を見つけ、急遽PDFをダウンロードしました。『寶壽庵 八幡山と号す 根小屋村雲居寺末 開山観叟悦 嘉慶元年十月九日化 本尊阿弥陀。八幡』 やっぱり「阿弥陀様」だった・・この感想は後ほど説明・・見た感じで云いますと、駐車場の所にあったお堂を、後ろに引っ込めたように見えます。一番外にあるのが、六地蔵ですが、ちょっと苔が付きはじめた、程良い古さのようです。この写真で見ると、後ろの丘は墓地だったのかも知れませんね。そんな感じで、石碑が散在しています。m97-51-09 F1778

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m97-51-10 F1779

お地蔵様が、髪があるように見えたので、ちょっと失礼して、頭巾を持ち上げました。途端に「ゴツン!」頭を叩かれました。軒先が拳骨を振るったようです。「失礼いたしました。 たしかに、お地蔵様です。」

頭をなでなでしながら、お堂の方に行きます。ところが、周りに柵が巡らされていて近づけません。でも柵の中に、工事人らしき風袋の方が一人おられます。お堂沿いに道を回って行くと、境内に入る階段口の掛けがねが外れています。しめしめ、と侵入しました。境内におられた方に、「すみません、お堂の写真を撮らせてください」と断って、一枚写したのが、次の写真。左側には、堂守さん用なのか、小さな家が付いています。すると、見ていた職人さん(?)が、ガラガラとm97-51-11 F1782m97-51-12 F1788本堂の扉を開いてくださいました。鍵はかかっていなかったのです。その本堂内部が次の写真。

ご本尊が真ん中におられます。臨済宗なら「お釈迦様」が有力なのですが、何となく「阿弥陀様」を感じたのです。それで、その方に「阿弥陀様ですか?」とお尋ねすると、「そうです」という返事でした。 戻ってから写真を拡大して眺めたのですが、右手が上にあって「施無畏印」左手が垂れて与願印。これはお釈迦様にもある形なので、どちらが本当か、分かりかねていました。「新編相模国風土記稿」が、本尊阿弥陀と書いてくれていたので、木瓜爺の直感が当たっていた・・というのが、先ほど書いた「やっぱり」なのです。

この親切な方は、大工の棟梁のような立場の方だったようで、このお堂の仏壇の所の柱などが400万円だという話をしてくれました。今、三つのお堂の修理が進められているとかで、大変な金額になるそうです。お話頂き、ありがとうございました。
「新編相模国風土記稿」の「中野村」には、「祥泉寺」「観音寺」「友林寺」などというお寺があり、これがみな「津久井観音霊場」として残っています。どうやら、またおいでと招かれているようです。今回は、バス停への道すがら、もう一箇所、「中野神社」に寄ります。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中