2016/07/09: 八王子散歩;木瓜爺撮歩91-13 宇津木町・埼玉神社 (No.2740)

大蔵院から南西方向に進むことにしました。北の方に進むと多摩川に出ます。「西玉m91-13-01 F3353淵」もちょっと見たかったのですが、ともあれ食べ残し?の埼玉神社を片付けることにしましょう。大蔵院の墓地の一角に植えられたあじさい。500m位進んだところで、162号線、つまり小宮から西玉神社の直ぐ傍まで歩いて来た道、に戻ってゆきましたが、この接続点の道路付けが分かりにくくて、まごまごしました。ふと電柱を見ると「丸山町10」と書かれています。これはおかしいと、ちょっと後戻りm91-13-02 F3358して確かめます。すると、道標を見つけました。m91-13-03 F3359

丸山町は「滝山城址公園」に行く道、つまり駅の傍でみた案内図の赤い点線部分に入り込んでしまったのでした。

正しい道は、此路に入らず左に進む道です。とすれば、この道だな・・と進行。ちいさm91-13-04 F3365な峠を越えて下ると右手に「宇津木 4号緑地」という杭が立てられた場所に出ました。昔の地図に書かれている稲荷神社は、この近くだと思うのですが・・・m91-13-04-2 F3366

この道かな? ではなさそうですね。地番からみると、この少し左のようですが、とうとう分かりませんでした。下の写真の右手の家の裏辺りが、匂うのですが、路地もないので、あきらめました。他のブロガーの投稿をみますと、やはり入口が分かりにくいことが書かれており、最近のものでは特色のあった狛犬がなくなってしまったことなどが書かれていました。あるにはあるけど、消えかけているということでしょうか?

m91-13-05 F3367

暫く歩くと、「龍光寺」の施設が見え始めました。これは通り過ぎます。

m91-13-06 F3368

m91-13-07 F3371

そして、ショートカットする道を使って国道16号線に行きます。前回は16号を横断m91-13-08 F3374する道が分からなかったのですが、今回は幸いに目の前に歩道橋が見えました。駐車場の脇から16号の歩道に入ります。m91-13-09 F3375

向かい側の森が神社くさいです。歩道橋に上がって、西の方を見ています。ここはUターン出来る場所のようですね。この東側に中央高速の八王子ICが有ります。方向を間違えて下ってきた車が修正出来るようになっているようです。

m91-13-10 F3377

16号を横断し、東に向かいます。神社への入り方は何通りかありますが、一番分かりm91-13-11 F3405やすいのは、この看板で右の階段を下る道。「UEMATSU」です。神社の鳥居の前にでます。m91-13-12 F3385埼玉神社

「埼玉神社」「さいたま」なのか「さきたま」なのかどちらでしょうね。ここという意味ではありませんが、延喜式神名帳には「前玉(さきたま)」の文字をつかった神社があるようです。現在、ブログを書きながら、神社DBを片っ端から調べていますが、ふm91-13-13 F3388りかな付きがありませんね。

「新編武蔵風土記稿」では、ここは『埼玉権現社 除地二段四畝 小名中村にあり 村の鎮守とす 社三尺四方 覆屋一間半に一間 神體は幣帛なり 又本地佛 毘沙門を安置す 長一尺五寸許 總體彩色を加ふ 勧請の年代は傳へざれとも神前に掛る所の鰐口は 應永二年の銘ありしものなりしに 何者か奪ひ去て今はなしといへども これらによれば古社なること知らる 年々九月十九日湯立を興行す 社前に鳥居あり 柱間七尺 兩控造なり 龍光寺持』このあと3社書かれていますが、後回しにしますが、関係はありそうです。

m91-13-14 F3391

「埼玉権現」の頃は、さきたまごんげんと呼ばれていたような気がしますが、証拠はまだ見つけていません。

m91-13-15 F3393

社殿は意外に広く、右の方には家電製品? までおかれています。祭神は・・・そうそう、外に書かれていました。この祠の並びなのですが・・・

m91-13-16 F3397

m91-13-17 F3399

「八幡神社:応神天皇」「天照神社:天照大日霊尊」「日枝神社:伊弉諾尊、伊弉冉尊」「青木神社:猿田彦命」が合祀されたということです。埼玉神社の祭神は本地仏毘沙門天でしたが、明治期には「大己貴命」と置き換えられたようです。 で、「新編武蔵風土記稿」の続きの部分ですが、『姫宮八幡宮 除地二十五坪 小名青木にあり 相傳ふ古此所に青木氏の人すみしが 其女故ありて池に入て死す よりて是を神にまつりて 姫宮八幡と號すと 其池は今も百姓地面の内に存せり 小名を青木と號するもその故なりと云 龍光寺持。
第六天社 社地、三坪、小名久保山にあり、これも同寺持にて、小社なり。
神明宮 除地、二坪、小社なり、小名中村にあり、同寺の持』

「姫宮八幡宮」が合祀された「八幡神社」、「第六天社」が久保山にあった「青木神社」の前身でしょうか? 「神明社」は中村ですから「天照神社」でしょうか? 「中村裏」? ちょっと違うような気もします。日枝神社がはみ出しましたが・・・宇津木村には「若宮八幡宮」というのがありましたが、これはインターの近くに、残っているようです。機会があれば探して見ましょう。

m91-13-18 F3404

社殿の後部を見に行きましたが、覆殿形式ではないようです。後部に出っ張った所が、祭壇でしょうか?

しばらくここで休憩。今日は午前中で散歩を切り上げることにしています。11:04です。左入村の薬師堂まで行くか!

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中