2016/07/11: 羽村漫歩;木瓜爺撮歩73-45 禅福寺のアツい奴 (No.2742)

今日の写真は7/1の「散歩写真」です。暇人であるはずの木瓜爺が、いろいろ用事が重なって、ブログ種に困る事態となっています。今日も町内会から頼まれた作業があるので、撮歩には出られません。明日の分も何か見つけなければ・・

m73-45-01 ヤブカンゾウ F31387月になると、河原にはノカンゾウやヤブカンゾウが咲くのですが・・これは、公園の横っちょに咲いていました。去年まではここで見た記憶はありません。鳥が種を運んで来たのでしょうか?

此の朝は、タバコを補充に行ったあと、根搦み田圃の方まで足の運動をした日です。天気はすごく良くて、暑い日でした。m73-45-02 ネムノキF3495

 玉川上水の縁に、合歓の花が咲いています。こんな所に何本も生えているのに今まで気が付かなかった・・鳥が運んで来たわけではないですから、見て居るようで、案外見ていない物があるのですね。m73-45-03 水番所F3142

 水神様の横に、「陣屋」という人もいますが、玉川上水の水番・・江戸時代に作られた役所の門が残っています。過日、「水道局」のほうで改修工事をし、すっかり綺麗になったのですが、水神様もろとも金柵に取り囲まれてしまいました。

この先で、奥多摩街道を横断し、旧奥多摩街道である崖上の道に入りました。桜もチューリップもないので、「禅福寺」に行きます。この「妙徳山禅福寺」も、Choi-Boke爺ちゃんのブログ、2010/11/30「羽村の秋4(禅福寺)」を皮切りに、何度も登場して居ます」。

m73-45-04 禅福寺 F3155

こちらの山門が、相当古いもののようです。以前書いたブログでは1400年代になってしまいました。そこまでは古くないでしょうが、山門が火事で焼けたという記録が見つかっていないので、創建以来なら1400年代になるという事です。

m73-45-07  F3158

門の前に「選挙の候補者掲示版」が出来て居ます。「支持政党なし」党 というのが現れています。なんでも、「自分たちの政策の主張も持たず」、「決議すべき事項」に対して、インターネットで大衆意見をつのり、賛成が多ければ「賛成」反対が多ければ「反対」の行動を取りますという、へんてこりんな党が出来たようです。「日和見主義 金魚の糞型議員」を誕生させる選挙民がいるのでしょうか? 

m73-45-06 暑いねえF3153このお寺のブログは「夏編」は今回が初めてなのですが、「夏」は暑いです。だって、こんな二人連れが、前にいますからねえ・・

此の寺の詳しい事は、木瓜爺ブログの方で、2014/2/21 あたりに書いています、画面の右の方にある年月で、探していただくか、サイト内検索「禅福寺」で見つかると思います。今日は、「新編武蔵風土記稿」の記述を紹介しておきましょうか。

『禅福寺 御朱印地の内 境内二百坪 小名田ノ上にあり 田上山と号す 村の中央多摩川の岸なり 臨済の禅宗 当郡長淵村玉泉寺の末 御朱印十三石の寺領を附せらる 本尊正観音木像 長二尺許立身 本堂七間に五間半南向 開山を無二和尚と云ふ 廃寺にひとしく住持等もなし  薬師堂 二間半四方 境内にあり 木の坐像長九寸許』

m73-45-05 禅福寺 F3154

「新編武蔵風土記稿」の書かれた時代も、荒れ寺になっていたようですが、墓地の役割は果たしていたのでしょう。その後、火災によって本堂・薬師堂は焼失したようです。本堂が再建されたのは、平成になってからだったと思いますが、前述のブログにはちゃんと書いたはず。

m73-45-08 禅福寺 F3156

門前の「延命地蔵」と「六道地蔵」もおなじみですね。「六道地蔵」は、今までに無く良く写りました。トップライトを地面の砂利がレフ版代わりに反射してくれたようです。

m73-45-09 禅福寺 F3157

今日はこんな所で・・・

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中