2016/07/30: 新宿散歩;木瓜爺撮歩102-16 白鳥山善慶寺、松榮山源慶寺  (No.2761)

この四ッ谷地域の散歩ブログは、数が多いようです。木瓜爺がちょこっと歩いて書くよりもよほど確り書かれたものが沢山ありますので、恥ずかしくなってきます。でもまあ乗りかかった船・・・歩きはじめた撮歩なので、最後まで書いておきます。

m102-16-02 F3761m102-16-01 F3759通りの向こう側に「善慶寺」らしき場所が見えて居ました。近づくと標識が立っています。「白鳥山 善慶寺」。浄土真宗大谷派のお寺です。寺は道よりも一段高い場所にあります。坂を上がって行きます。大谷派は素っ気ない所が多いのですが、ここも入って来るな! のようでした。

m102-16-03 F3762善慶寺

m102-16-04 F3764此のお寺は『善慶寺には「平秩東作墓」、「梵鐘」があります。』程度のブログが多い様です。「猫のあしあと」さんでさえ『善慶寺(真宗大谷派)新宿区富久町2-12』としか書かれていませんから、情報なし・・です。

木瓜爺もなすことなく、撤退します。木瓜爺がとちったのは、地図をよく見ると、この北西に「自証院」があったことを見落としてしまった事でした。

「源慶寺」という一文字違いの寺の名前のほうに、注意が行ってしまったのでしょう。

元の道に戻って西に進みます。「成女高・中」と地図に書かれているのですが・・・

m102-16-05 F3766

「成女学園」という学校の看板が見えます。それを過ぎて、交差点があるようです。

m102-16-06 F3768

この歩道橋を渡るようです。歩道橋の上で地図と見比べます。

m102-16-07 F3771

左に入って行く道が、地図上で「源慶寺」「東長寺」「長善寺」と並んだ道のようでm102-16-08 F3773源慶寺す。実際には「東長寺」の位置が地図とは異なっていましたが・・・歩道橋を渡って、「源慶寺」に行きます。「源慶寺」も浄土真宗東本願寺派の系統ですが、「単立」寺院だそうです。m102-16-09 F3781

 

 

 境内の手水鉢に、「松栄山」彫られていました。

 新宿の史蹟について書かれたものを見ますと、こんな記事が見つかりました。『この源慶寺には、明治9年10月29日に小網町にある「思案橋」という橋のたもとで起こった「思案橋事件」の断罪者である「竹村俊秀」「高津仲三郎」「井口慎次郎」の3名の墓所がある寺である。
m102-16-10 F3780 思案橋事件は、萩の乱に呼応して永岡久茂を中心とした旧会津藩士等が千葉県庁を襲い、佐倉鎮台を説き、日光を経て会津へ大挙する計画であったが、思案橋より出発する際に見咎められ、駆けつけた警官と斬り合いとなり、永岡等4名捕縛・3名逃亡の後捕縛、1名が明治11年喜多方で自刃し、捕縛の内、永岡は獄中にて死亡。竹村等3名は明治10年2月7日処刑される。

 現在、3名の墓は本堂真裏の墓地の中ほどにひっそり建立されている。また、渥美清(本名:田所康雄)のお墓があるお寺でもある。』

へーえ、渥美清のお墓があるのですが・・・境内には、「親鸞聖人像」もあります。

境内に作られた休憩所は屋根が撞いていましたので、一休みさせていただきました。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中