2016/08/14: 片倉城址公園;木瓜爺撮歩81-13 住吉神社とキツネノカミソリ群生 (No.2776)

毎年のことなのですが、7~8月のお盆の前後、浄泉寺の墓地にお参りした後の散歩の場所に迷います。迷った末に訪れるのが、片倉城址公園。涼しいというほどではないのですが、一応山の上なので、緑の風は味わえるのです。訪れたのは8/6でした。

m81-13-01 F4091片倉

京王線を「片倉城址」で降りて、十六号線に出て来ました。これを南に向かいます。m81-13-02 F4092

 

線路の下をくぐって進むと、交差点に日帰り温泉の広告らしいものが出ていました。こm81-13-03 F4093れは、全国ネットの日帰り温泉。八王子には「みなみ野店」があります。場所は片倉の中ですが、「松門寺」の西の方です。なお、発祥は名古屋市守山区竜泉寺に出来たスーパー銭湯です。

交差点を渡って、更に南へ・・暫く歩くと「片倉城址公園」のバス停。ここからJR八王子駅に行くこともできますが、混む道なので所要時間推定が難しい路線です。やがて、「湯殿川」を渡ります。この川も鳥が少なくなっています。古の名前は「時田川」とも云ったそうです(「新編武蔵風土記稿」より)。m81-13-04 F4096

 

建物の後ろの山が「片倉城址」です。中腹に「住吉神社」があり、下にはカワセミの姿が見えた「住吉沼」があります。しかし、最近は、カワセミ情報も聞きません。m81-13-05 F4102

公園の入口につきました。左の方に沼があるのですが・・・これは、駄目ですねえ。カワセミをエサにしてしまいそうな大きな緋鯉が居住しています。

m81-13-06 F4105住吉池池は二つに分かれていますが、もう一方の方には・・・トンボを待っているのか、亀が頑張っています。

m81-13-07 F4114見込みなさそうなので、カワセミ待ちは止めて、「住吉神社」にお参りします。

m81-13-08 F4117右に行くと城址への近道ですが、左の石段で足の運動して行きます。と、山腹に「キツネノカミソリ」が咲いていました。ああ、ここにも有るのだ・・・もしかすると、どこかに群生を作ってあるかも知れないな・・・

m81-13-09 F4120

 

東側から回り込むような道で、神社の境内に入ります。

m81-13-10 F4126

m81-13-11 F4127

「新編武蔵風土記稿」では、片倉村の『住吉社 城山にあり 村の鎮守なり 社は五尺の宮造なり 覆屋あり 三間に五間 本地十一面観音脇士に不動毘沙門を安す 運慶の作なりと云 神体は圓き鏡なり これにても近き鎮座にあらさることしらる 語り傳に當社は古へ大江備中守師親在城せしころの守護神なりと もししからは別に神体ありて この神体は後に造りしものなるへし 師親は応永の比の人なり 祭礼毎年七月十九日 慶安年中御朱印七石を御寄付あり 別當来光寺』

「新編武蔵風土記稿」では、掲示版にある「長井道広」の祖先である「大江師親」の頃だとしていますね。この頃は、科学的時代考証が出来ませんので、現代では誤っていると言われる記述も沢山あります。それは別として、風土記稿の時代には、神社ではあるけれど、実態的には観音堂だったと云うことです。この運慶作の仏像はどこに行ったのでしょうね。神仏分離のとき、来光寺に引き取られたのでしょうか・・・此の寺、今はなさそうですが・・・片倉に「来光寺公園」という公園があります。多分その辺りにあったのでしょう。ここからだと、北の方になりまうが、いくらも離れて居ません。

この神社には、「算額」があるそうです。書き直したものが掲示されていました。

m81-13-12 F4131

 

「算額(さんがく)とは、江戸時代の日本で、額や絵馬に和算の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納したもの。平面幾何に関する算額(特に円の中に多数の円や別図形のm81-13-13 F4138中に多数の球を入れるなど接点を持つもの)が多い。和算家のみならず、一般の愛好家も数多く奉納している。」という説明を読んで、上の写真を見ていただければ、興味も湧くでしょう。こういうものを見て歩いて勉強した日本人が沢山いたのです。 お参りを済ませて、神社の裏から、本丸跡に上がります。直登コースです。

上がった所で、太極拳をやっている女性をよく見かけたのですが、今日は誰もいませんでした。下の説明板にも書かれていますが、住吉神社のある東部分と、広い平面の西側との間に空堀が造られています。

m81-13-14 F4144

m81-13-15 F4150西側の草原に、寝そべって日光浴(?)をしている「おっさん」がいました。「日焼けサロン」にも「海辺」にも行けない人でしょう。熱中症にならなきゃよいのですが・・

北側に下りかけた木瓜爺、キツネノカミソリの群生地を見つけました。この斜面を下って行くと、谷筋に沢山あるようです。

m81-13-16 F4162

m81-13-17 F4171

ちょっと色あせた感じがしますが、もっと冴えた色のころに、訪れたいですね。ここは国立の城山より豊富なようです。一枚、ベルビア調に手を入れました。

m81-13-20 F4172sy

木瓜爺の失敗・・・この肝心なところで、RAWがOFFになっているのに気づかなかったのです。チョイ呆けが段々ひどくなってきましたね。ということで、片倉城址公園の散歩を終了します。明日からは、相模原を歩きます。

広告
カテゴリー: 花・紅葉, 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中