2016/08/21: 100円ショップの「ろうそく」にみる物価上昇 (No.2783)

年寄りの割に元気に動いて居る木瓜爺ですが、連日35℃近い気温に、さすがに夏バテ気味。それがどこに出てきたかというと、歯茎に口内炎症状。身体の抵抗力が弱っているのでしょう。下の入れ歯がぐらつくと、この口内炎部分をこするので、痛くてたまりません。入れ歯の裏に口内炎の薬とグリップ剤の両方をぬって耐えていますが、調子が悪いと撮歩に出かける気分にもなりません。そんな「ある日」の発見です。

お盆も終わり、仏壇廻りを掃除していて、ロウソクが残り少なくなっていることに気が付きました。常用しているのは、5分、10分、15分、20分用の四種類なのですが、一番長い20分のものが、残り数本になっていました。そのあと、軽い山登りに使っている20lザックが汚れていたので洗濯し、改めると、内部に貼られた防水用皮膜のような部分が破けて浮いてしまっています。内外から防水スプレーの液を吹き付けて、応急処理しておくか・・・、スプレー買ってこよう、ついでに朝気が付いた20分ロウソクも買って来よう、ということになりました。

で、買ってきたのは100円ショップの、108円ロウソクです。ところが、残ってい160821-01IMG_0504た20分ロウソクの箱と、違って居ます。写真の右側が、古いもので、正確では有りませんが2014年の暮れ頃買ったものではないかと思います(製造年月表示なし)。これは「日本製」と書かれています。新しいのはMade in China  です。旧は100g入り68本となっていますが、新は重量表示なしで、本数は62本。箱の寸法も小さくなっています。単純に比較すると68本が62本に減った、つまり6本分値上げになっているのです。たかが6本・・いや9%値上がりですよ。売値は同じでも、中身が少なくなるというのは販売店の常套手段です。問題はこういうのが、物価統計にどう出てくるかということなのですが、恐らく値段は変わらないという報告になっているでしょう。といっても、これが物価調査の品目指定になっているとは思いませんが、こういう物の価格報告というのは、gあたり単価というような報告ではないので、売値がそのままでてしまうでしょうという意味です。

 ロウソク一本の重量が変わっていないかと、天秤をひっぱりだして、新旧の比較をしましたが、1本1.5gは変わって居ないようです。6本で9g少なくなったわけです。 箱の横をみて、あれ?と思った事があります。

160821-02 IMG_0506

旧の方は、実物大として、長さが表示されています。新の方は「およその寸法」と小さ160821-03 IMG_0508く書いて有ります。絵では5mm位違いますね。こんなに違ったのでは、20分も持たないだろう・・・中を取りだして並べます。全長は、旧の方が0.5mm程長く、肩の所では、1mm程度の差。新の方が少し短いのですが、大差ではありません。新がやや小ぶりですが、重量がほぼ同じだったので、パラフィンの比重が少し違うのか? 或いは太さがちょっと違うのか?

 燃焼時間については、いずれ調べてみます。これは、融点の問題が絡みまして、短くなった時にぐたっとつぶれてしまうことがあり、計測が難しいのです。20分が19分でも、消費者にはよく分からない可能性が有ります。寸法を曖昧にしたのは、次にロウソクを短くするための布石でしょうか? いろいろ智慧を絞っているのです・・消費者をどうだますか?

 100円ショップのお好きな方、だまされを楽しんで下さい。ただ、安全面の手抜きには、厳しく対応するか、予備知識に拠って防御して下さいよ。

物を作る立場の経験から云いますと、安くするには「耐用期間」を短縮したり「安全」を放棄するのが、一番楽なのです(ただし、事故ると損害賠償側で大変なことになります)。それをしないように、「質管理」を「製造」ばかりでなく、「企画」「研究」「設計」「購買」「販売」の各部門に徹底している企業が、減りましたねえ・・・せめて、消費者が、もっと賢くなって欲しいものです。

広告
カテゴリー: 雑談, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中