2016/08/24: 御岳渓谷散歩;木瓜爺撮歩86-16-1 御岳渓谷1 (No.2786)

御嶽山下りで痛くなった太ももの腱は、何とか痛まなくなりました。8/17 堰下橋m86-16-01 B_1081の上に佇んだ木瓜爺です。台風も通り過ぎたのか、素晴らしい青空です。軍畑から成木の方に歩いてみようかと思ったのですが「暑いなあ」。水の傍なら、いくらかましかな? 川風を期待して、堰下橋から、御岳渓谷にワープ!着いた所は、玉堂美術館の前の河原でした。というところから、漫歩開始です。まだ正常速度で歩くのは不安。

m86-16-02 B_1083御嶽渓谷

ここは、秋によく来る場所ですが、勿論「もみじ」も青々としています。この上流にカヌーの練習場がありますので、今日はそこを覗きに行きます。

m86-16-03 B_1084

 

カメラの目ですと、岩と水を睨んでいるだけでも、楽しいのですが、三脚を担いでこなかった木瓜爺、スローシャッタ-が使えませんので、動きのある方にカメラを向けましょう。m86-16-04 B_1086

 

m86-16-05 B_1089御岳大橋をくぐります。カヌーなどで遊ぶ(?)人々がいるようです。この前のオリンピックだったか? いや2008年です。北京の大会、八年前かあ・・ここの出身者が活躍しましたね。調べて分かるかな? 分かりました・・竹下百合子選手でした。カヤックシングル4位入賞でした。今年のリオでは、男子の羽根田卓也選手が銅メダル! この方はスロバキヤで練習をされている方でした。

木瓜爺の散歩は、足だけではなくて、こうして記憶とインターネットを利用する上半身の運動(?)を併用して、ボケを遅らせております。涙ぐましい?努力。それでもボケていってしまう悲しい記録・・・はっきり見える位置まで来ました。あれ?見慣れない姿の人がいます。カヌーのうえに立っている? いや、サーフボードのようなものの上に立っています。m86-16-06 B_1092

 

この時点では、まだ木瓜爺の知識には、このスポーツの名前も入っていません。ただ、ひっくり返らないのが不思議でした。

m86-16-07 B_1105

 

高い位置からの写真なので、カヌーの迫力はなかなか撮せません。見事なオール捌きに感心して見守るだけです。なに? オールはボート用だ? これは、「バドル」というのだ! カヌーとカヤックでは「バドル」に違いがある? 叱られてにわか勉強・・・

この写真は、「シングル ブレード バドル」を使っているので、カヌーで良いそうです。カヤックというのは、水掻きが棒の上下に二つ付いた「ダブル ブレード バドル」を使うのだそうです。成る程ねえ・・・それでは、これは何なのだ?

m86-16-08 B_1112「スタンドアップ バドル サーフィン」なのだそうです。 立ち上がって、バドル を使うサーフィン?・・・ハワイ生まれの比較的新しい遊びだそうです。サーフボードみたいなのは、「スタンドアップ バドル ボード」というようです。ゴム製で中に空気を入れているとか・・・

m86-16-09 B_1119

女性もおられるようです。しばらく眺めていましたが、やはり方向転換のとき、バランスを崩して、水に落ちる方もおられました。この写真では分かりませんが、ボードと人間は離れないようロープでつないでいるようです。次の写真だと、それらしいものが見えて居ます。

m86-16-10 B_1125

さーて、方向を変えようか・・木瓜爺下流に向かうことにします。

m86-16-11 B_1129

出発点の「御岳小橋」に戻って来ました。この下流は、釣り人以外はあまりいないでしょう。

広告
カテゴリー: 公園, 川原, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中