2016/08/26: フィッシング・メール台風 (No.2788)

このブログを書いている日は、関東地方は台風の影響による雨に見舞われています。不思議なことに、まだ多摩川の投げ渡し堰を払うサイレンは鳴っていませんので、多分小河内方面(奥多摩湖)は、まだあまり降っていないのでしょう。

今日のブログは、昨日の散歩で写したコンパクトカメラの写真を挟みながら、今月の初め木瓜爺の携帯電話を襲った「フィッシング・メール」台風のあらましを書くことにしDSCF8572ました。それは、全く突然に起きた災難?でした。

木瓜爺の携帯電話は、前に書いた事があると思いますが、最初はdocomo のムーバ-というシステムの機械でした。当時、仕事で地方に行く事が多く、全国ネットともいえるこの方式を利用していました。古くなってバッテリーがもう製造されていないので修理出来ないといわれ、かつ、フォーマーのネットが広がったので、山地でも大丈夫ですからといわれ、カメラ付きのフォーマーに買い換えました。ところが、これが嘘でして、木瓜爺のあるく先々、全然アンテナが立ってくれないのです。これじゃ駄目だ・・ムーバに戻してくれ・・と、ムーバ-が3台目になりました。それの電池を替えに行ったら、新しい機械はフォーマーでも、切替えでムーバ-使えるようになりました、といわれ、デュアル契約して4台目。所が2年ほどで、ムーバ-はなくなります。

DSCF8578(写真はウバユリ)

年も取りましたし、面倒なのは手に負えないと、「らくらくケイタイ」というカメラも何もないシンプルな年寄用が5台目。インターネットも携帯では、普段使いません。メールは一応インターネット・メールも使えるようにはして有りましたが、実用上はSMSが主体。いわゆるガラケーの最も単純な状態で、ここ数年を過ごしていました。電話というより、歩数を計測して、自動的に自分のPCに送信するために、iメールがあったのです。この5台目、7年になるそうです。途中で家内の携帯もdocomo にして、2年契約の割引プランにしたのですが・・・これが、今年、契約自動更新を迎えました。この契約更新が、どうも嵐を呼ぶ切っ掛けになったような気がします。

DSCF85837月の半ばに、家内の方に「契約更新の知らせ」が入りました。なにも変更する気もありませんので、そのままにしておきます。やがて、木瓜爺のほうに「自動延長しました」の知らせ。この辺からおかしなことが始まりました。というのは、受信したはずの「自動延長の知らせ」がいつの間にか消えてしまったのです。間違って削除してしまったのかなあ? 狐につままれた感じ・・・(写真は羽村神社の展望場所)

そして、8/2あたりからおかしなメールが入り始めました。一日に40通くらいになった日も有ります。最初はやたらに着信の信号が鳴るので、設定を変更し、メールセンター保管に切り替えましたが、あとで、メールセンターの許容量をオーバーしましたという通知が来た程沢山到着しました。

この一連の迷惑メール、いくつかの系統に分類できるので、分けて書くことにします。と、ここまで書いた所で、「土砂崩れ」発生です。濁水が我が家の玄関目指して押し寄せました。暫時、応戦・・・・写真は8/22 泥流の一部が流れて来たところです・・・このとき「土砂崩れ災害警報」が出ました。もう起こってるよ!DSCF4220約2時間後、PCの前に戻りました。・・・床下浸水になる寸前で雨が小降りになってくれました。慌ててていたので、最高水位になったときの写真を写し忘れました。もっとも、風と雨ですから、まともには写せませんでしたが・・・写真は、8/22 崩れた場所から噴出している雨水です。位置的には昔の沢が復活したようです。以前にも崩れたこのがある場所でした。

DSCF4241

話を戻しまして、書き分けの第一分類。業務連絡を装っています。「ドコモユーザーにお送りしております。あなたのメールアドレスを確認してください。****@docomo.ne.jp」 一瞬「はい」とやってしまいますね。疑り深い木瓜爺は??? と、思いました。あのいい加減なdocomoがそんなことするはずがない! メニューから「差出人等を確認」・・・これが、何だか複雑なアドレスなのです。PCの前に行き、ドメインを検索。横文字が並んでいます。書かれていることを判読すると、メール情報を管理するようなことをしている会社のようです。日本の企業ではないようです。・・・個人のメールアドレスを集めて、何か商売にしている感じ。これは「削除」だ! 所が、2度も3度も同じメールが来ます。「24時間以内に・・」というタイムリミットまで付けてきました。「無視!」。「回線の契約を・・・」馬鹿野郎そんなことでだまされるか!・・・途中で、docomoショップに寄って、こういう確認メールを外注して問い合わせることがあるか? と、質問しましたら、そんなことはありません。という返事でした。ですから、安心して「削除」です。この一件では、docomoユーザーのリストが、どこからか流出したことが感じられます。以前にJTBのツアーに参加された方のアドレスがdocomo から流出したことがありましたが、そういうことが何かおきているのかもしれません。 (下の写真は、8/21の羽村神社からの展望・・プール用の臨時駐車場に車が沢山入っていました。)

DSCF8584

第二分類に移ります。これは、すごく手の込んだ話です。第一段階から始めます。女性の名前でこんな意味合いのメールが入りました。「あなたが、経済的にお困りだという話を聞き、支援しようという活動がはじまりました」ご連絡くださいというアドレスが付いています。木瓜爺たしかに小遣いが乏しくて、撮歩の遠出が出来ないでぼやいていますが、そういうのも、経済的困窮者にはいるのかなあ? 有難い話だけど、なんだかおかしい? 「削除」! 第二段階、別の女性名になりました。「ご支援の募金が集まっております。」 へーえ、奇特な人がいるものだ、どこの誰ともわからない人間のために募金してくださるのだ・・・でも、「誰に」という名前を全然書かないで、連絡しているというのはどう考えても変だ!「削除」! 第三段階、また、名前が変わりました。女性にも男性にも使う名前・・正確には忘れましたが、例えは「薫」というような類の名前だったか? 「お金が集まり振込担当部門に回って来ました」という内容だったと思います。 そして、第4段階、今度は「代表」という肩書き付きのメール。「あなたのことは、よく分かっております。送金いたしました。」・・・馬鹿野郎、どの口座に振り込むのだ?・・と、引っかかるのかなあ? 「削除」! 次の第三分類も含めて、全ステップで指定サイトに入ってしまうと口座番号や暗証を入力するプロセスになるのでしょうね。振込して貰うどころか、引き出されてしまう・・或いは、犯罪に加担してしまうか・・

次の第五段階に行く前に、別の分類 第三分類を割り込ませます。というのは、第五段階は、この第三分類も含めた意味合いがあったらしいからです。

第三分類は、「当選しました」メールです。最初は「奇跡が起きました!」からはじまっていました。「2200万円あたりました」になって、「4億5千万円です」まで行きました。何もしないで、数日間で、5億円ほど稼いだようです。宝くじでも少なくとも1枚買わなきゃ当たらないのに、不思議な世の中になったものです。

これらが、第二分類と同じ期間に受信されていまして、「削除」作業にいらいらしていると、第五段階が始まります。これがまた「代表/理事」の肩書きメールなのですが、名前が面白いのです。「△△じ、ゆん、子」 (△△の部分は、普通の苗字ですが、偶然の一致で気をわるくされるといけないので伏せ字にします)。こんな句読点が途中に入る名前は「削除」!、次は「△△純、子」。三通目は「△△じゆん子」、やっとまともになりました。・・・とにかく、日本人の名前さえ普通に入力出来ない人があつかっているようです。名前が完成したところで、一応読んでみました。「あなたは、様々なメールに悩まされているようです。私にお任せ下さい。解決して差し上げます。」で、httpを指定しています。

第四分類は、いわゆる出会い系サイトへの誘導だと思いますが、中には水商売を思わせる女性名からの「また来てね」的なもの、男性で「おれバツイチだけど」などというのも入って来ました。中には、「**さん」と呼びかけてくるのも有りますがこの**が全然心当たりない苗字だったりして、どうなっているのだろう? おかしいのは、個人名のお誘いの発信者がPCらしいのです。電話的ドメインではないのです。

もう一種ありました。第五分類です。「お知らせがおくれまして申し訳けありません」とか「夜分おそくなりまして・・・」ではじまるもので、「宅配便を届けたい」とか、「宅配便を預かっております」という、極めて危険なメール。押し込み強盗に化ける恐れさえあります。

フィッシング・メールの削除を楽しんでいた木瓜爺も、ついに、癇癪を起こしまして、docomo ショップに行き、月額200円の「迷惑メールおまかせブロック」という契約をしようかと相談をしましたところ、女性の係員が、いきなりそこまでしなくても、「簡単設定」という無料のブロック方法を説明しますので、試して見てくださいと、時間をかけて説明・実習して下さいました。それで、最初は「受信拒否 弱」という設定をして、様子を見ましたが、思うように減少しないので、「受信拒否 強」という子供の携帯並みの設定に自分で変更したところ、ピタリと止まりました。この受信拒否強というのは、PCからのメールを一切受け付けないという設定なのです。不便な事もありますので、通過して良いアドレスを個別登録することを勉強します。

DSCF8595 スカイツリー

(8/21は、この時期には珍しく、スカイツリーが見えました。)

その後、怪しいメールは1件有りました。電話が変わったので登録して下さいという差出人の名前がないメール・・・どう考えても正常じゃない「削除」! としたのですが、よく考えてみるとdocomoのドメインでしたから、「迷惑メール情報」として、docomoに通報すべき物でした。今度あったら通報します。この時の差出人は、educationという文字がありましたので、昔で云えば「士ビジネス」の残党なのかも知れません。

という長いお話でしたが、何だか知らないけど、年寄りは狙われているぞ・・と、覚悟を決めさせられる体験でした。これを読んで頂いているあなたもいつこういう騒動に見舞われるかもしれません。慌てずに、専門家(?)と相談しながら、対処して下さい。突然見舞われた災難のブログを書いていて、別の土砂崩れ災難も重なるなんて、今日は悪い日だ・・

広告
カテゴリー: 自然観察, 雑談, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中