2016/09/09:江ノ島付近;木瓜爺撮歩10-07-1 江島神社車祓所から延命寺1 (No.2802)

江ノ島の桟橋を渡っている木瓜爺、砂埃で目玉をやられないかと心配していましたが、m10-07-01 F4537海の上に出てくると、砂も納まるようです。こういうボート? スクーターかなあ? 面白そうですね。脱ぎ捨てた草履みたいにぷかぷか浮いていますが、碇が付いているわけではなさそうだし、どうして同じ所に浮いているのか? よく分かりません。杭に縛られているのでしょうか?m10-07-02 4540

水面の光は、見飽きません。でも写真にすると意外に詰まらない・・・やはり、船系のものが絡まないとダメなのかな?m10-07-03 F4542

だいぶ、島の様子が見えて来ました。

「江ノ島」というのは、島全体が神社のような場所なのですが、「江ノ島」の神様は、「宗像三姉妹」だったかなあ・・・ちょっと記憶が怪しいので、「江島神社」のHPから引用させて頂きましょう。実は「新編相模国風土記稿」の記述が面白いのですが、長すぎて手に負えません。HPなら、整理して書かれているでしょう。

『ご祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が須佐之男命(すさのおのみこと)と誓約された時に生まれた神で、三姉妹の女神様です。

・奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
・中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
・辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)

この三女神を江島大神と称しています。古くは江島明神(えのしまみょうじん)と呼ばれていましたが、仏教との習合によって、弁財天女とされ、江島弁財天として信仰されるに至り、 海の神、水の神の他に、幸福・財宝を招き、芸道上達の功徳を持つ神として、今日まで仰がれています。福岡の宗像大社や、広島の厳島神社と御同神でもあられます。』・・・木瓜爺の記憶正しかったようですね。福岡の宗像大社と同じだと書かれています。

m10-07-04 F4545この「江島神社」の「奥津宮」「中津宮」「辺津宮」の外に、もう一つ「江島神社」があるので、今日はそこに行きます。後数歩で島に上陸します。見えて居る鳥居は、青銅製の大鳥居。この鳥居の前に、観光客がうじゅじゃいるのです。しかも、今年はその人達がみんなスマホを見ています。何だか異様な風景です。例のポケモンが出没するのでしょうか?

山に接する所に竜宮城みたいな建物がありますね。あれは「楼門」です。寺的なものも残っているのです。この広大な「江島神社」の面倒を見ていた総別当寺が「岩本院」なのです。歌舞伎の白波五人男で弁天小僧がいう台詞「知らざあ言って聞かせやしょう
浜の真砂と五右衛門が歌に残せし盗人の
種は尽きねえ七里ヶ浜、その白浪の夜働き。以前を言やあ江ノ島で、年季勤めの稚児が淵 百味講で散らす蒔き銭をあてに小皿の一文字 百が二百と賽銭のくすね銭せえ段々に 悪事はのぼる上の宮。岩本院で講中の、枕捜しも度重なり お手長講と札付きに、とうとう島を追い出されそれから若衆の美人局 ここやかしこm10-07-05 F4688の寺島で、小耳に聞いた爺さんの 似ぬ声色でこゆすりたかり 名せえゆかりの弁天小僧菊之助たぁ俺がことだぁ!」  意外に長いなあ・・とにかく、この「岩本院」は廃寺になりまして、あった場所は、現在は「岩本楼」という旅館になっています。

奧に進まずに、鳥居の所から左に曲り島の東側の海岸ぞいに少し進みます。すると、四つめの「江島神社」があるのです。

m10-07-06 F4548

小さな神社です。これは、「車用」の神社なのです。「江島神社」は階段を上がらないといけないので、並みの車には難しい。それで、お祓いの予約をしておいて、この小さな「江島神社」の神殿前に車を入れ、人間は車から出て、「辺津宮」の脇にある「社務所」まで行き、手続きをします。m10-07-07 F4550

手続きが整うと、宮司さんがここまで出張してきて、お祓いをして下さるようです。

m10-07-08 F4549江ノ島神社車用

つまり、第四の江島神社は、「江島神社御祓所」だったのです。

この「江島神社」の裏通りになるのですが、もう少し東に進んだ所に「延命寺」という変わったお寺があります。入口がちょっと分かりにくいのですが、えーと、この辺の筈だけど・・・m10-07-09 F4553 延命院入口

右の写真が、入口への階段です。赤い門が見えています。表札が懸かっていました。m10-07-10 F4554延命寺

この「延命寺」は「新編相模国風土記稿」にも書かれているのですが、「岩本院」の末寺であった新義真言宗「上ノ坊」の「念仏堂」だったようです。『念仏堂 延命寺の号あり 墓守の僧居住す』と書かれています。その念仏堂を襲った、厳しい災害については、明日に続きます・・・

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩, 海・海辺 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中