2016/10/02: 高尾山付近・小仏街道散歩;木瓜爺撮歩09-06 中央線脇の地蔵と水路のトンネル (No.2823)

26日、いつものように浄泉寺墓地で墓参り(お彼岸に供えた花を片付け)したあと、高尾山に登って見ようかと思っていたのですが、3時過ぎには雨になるかも知れないとの事なので、それまでに帰宅出来そうな所を歩くことに方針変更です。選んだ場所は「小仏街道」。「駒木野」にある「小仏関所跡」の近くに、「神明社」があるのですが、お参りしたことはありません。あそこに行ってみるか・・・

「高尾駅東口」で、「小仏行き」のバスの時刻を見たのですが、出たばかりのようです。仕方が無い、歩いて行くか・・・「陣馬高原行き」が止まっていたのですが、そちら方面の地図は用意していません。陣馬高原はバスで行くと、ちゃんと全部登らねばならないので、体力的にもはや自信ありません。マイカーで和田峠まで上がれば大丈夫なのですが。

高尾駅から中央線線路沿いの道を、西に向かいます。「金南寺」を訪ねた時、寄り忘れた「水路のトンネル」を見ておこうと思ったのです。そういえば、木瓜爺が東京に出て来た頃は「高尾駅」という名ではなかったなあ・・・何だったけ? こういうのを思い出せなくなってきました。・・・「浅川駅」でした。高尾に改名したのは、昭和36年のことだそうです。もう55年経つのですね。

暫く歩いて行くと、左手にお寺の跡のようなものが見えました。ちょっと高台になった所に、小さなお堂と墓地があるようです。広い石段があります。

m09-06-01 F3187地図を見ましたが、「八王子消防団13部OB会 クラブ事務所」という名前がありました。それは、右に見える建物の方でしょうか?

m09-06-02 F3188石段を上がって行くと、線路を貨車が走って行きました。赤頭巾ちゃん?が複数おられm09-06-03 F3190るようです。

お堂に見えたところを覗きます。

m09-06-04 F3195

 

 

 

 

「石碑」のような物が祀られています。梵字が書かれているようですが・・これ何でしょうねえ? ブログを書きながら、拡大してみたのですが、カーンという「不動明王」を表す文字に近いようです。脇に「昭和23年」と「高尾」という字が見えていました。「新編武蔵風土記稿」の「上長房村付駒木野宿 小仏宿」という所に、「古名字(こなし)」という小名があり、そこに先ほど名前だけ書いた「金南寺」があります。そのあたりの記述を探してみたのですが、該当するお寺は見当たりません。線路の南側にある「大光寺」は、「新編武蔵風土記稿」では「上椚田村 小名初澤」になっていまm09-06-11 F3194すので、そちらの方も調べたのですが、矢張り見当たりません。あえて云えば、『十王堂殿跡 小名初澤大光寺の北の方なる陸田の中にあり 六十年はかり以前堂を下椚田村高楽寺へひき移せりと云 其の跡に今も古松一株あり 囲一丈はかりなるものたてり 土人これを十王堂の松とよへり』というのが、場所的には近いかなと思わせる程度です。

お堂の中にはもう二つ厨子らしいのもありましたが、手がかりは得られません。お地蔵様の方に行きます。「赤頭巾地蔵菩薩」は十体のようですが、一番大きいのは首が落ちて下にありました。中央の供養塔側面の文字が読めれば、何かわかったかも知れませんが、まるで読めませんでした。

m09-06-05 F3191

 

m09-06-13 C_5924-

元の道に戻って、一団と細くなった路地をさらに西進。これらしい、レンガ積みのトンネルです。上にあるのは中央線線路です。出来た頃は、灌漑用水用の水路を通すために作られたものらしいのですが、今は水路は蓋されて、人間用になっています。ここで又々、木瓜爺のチョイ呆けが出てしまいます。ころっと忘れてしまったのです。何を忘れたかというと、このトンネルをくぐって、少し左に戻った所に「神明社」があったらしいのです。

m09-06-06 F3196 水路のトンネル

この神社、インターネットでみたGoogleの地図にあったのですが、当日持って行ったゼンリンの地図には出ていませんでした。メモしておけば良いのに、すっかり失念。

m09-06-07 F3197さっさと通り過ぎてしまいました。ここは又来られる場所ですから、次に寄ります。此の附近には、いくつかレンガ積みの水路トンネルがあるようです。このトンネル前を通過すると、「両界橋」の袂にでます。この道が甲州街道。高尾山から大垂水峠を越え、相模湖に行く道です。m09-06-08 F3199

「両界橋」から左側の川を見ると、結構綺麗なのですが・・あまり立ち止まる人はいません。

m09-06-10 F3200

露出がちょっとオーバーですね。小さな滝なども見えるのです。

m09-06-12 F_0037橋を渡って、小仏街道の分岐点に向かいます。

広告
カテゴリー: 寺社, 川原, 散歩 パーマリンク

2016/10/02: 高尾山付近・小仏街道散歩;木瓜爺撮歩09-06 中央線脇の地蔵と水路のトンネル (No.2823) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2016/10/20: 高尾山付近;木瓜爺撮歩09-10 水路トンネル後ろの神明社 (No.2839) | 木瓜爺ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中