2016/10/14; 大山詣り;木瓜爺撮歩99-39-1 雨降山大山寺〔1〕 (No.2833)

木瓜爺の連続投稿が思わぬ事で脅かされています。回線のメンテナンスなのです。。もっとゆとりがある筈でしたが、ちょっと書く時間がとれなくなって、あわてています。仕方が無いので、今日・明日のブログは一回分を二つに分割して、一度に予約投稿することで、連続させておきます。

m99-39-00 F5040ケーブルカーの切符を買おうとしたら、これがややこしい。ケーブル下、大山寺、下社と三駅しかないのですが・・・「大山寺」まで買うことにしましたら、「往復ですか?」と聞かれました。どうなるか分からないので「片道」で買ったのですが・・・大山寺で下車して見ると、ここは無人駅で、切符売り場がないのです。ということは、下社まで行く切符を購入し、途中下車して、大山寺に参拝してから、また大山寺からケーブルに乗って下社に行けるらしいのです。木瓜爺は、切符売り場がないのを知らずにいたから、大山寺から下社まで歩く事を決定してしまったらしいのです。まあ無札で乗って事情を説明しても良かったのでしょうけれど・・・m99-39-02 F5042 大山寺駅

とにかく、「大山寺」で下車しました。切符を持ったまま、お寺に向かいます。

いきなり、かわらけ投げの看板です。ここで投げるわけではありません。お寺の境内にあると云うことです。

m99-39-03 F5045

寺までの距離は、意外にあり、かつ分かりにくいことが沢山ありました。例えば、この「十一面観世音」と「平和大観音」。順路の←。チンプンカンプンです。

m99-39-04 F5046

m99-39-05 F5047

 

さっぱり分からないので、とりあえず本堂を目指しまm99-39-t06_1す。あとで、分かったのは、この「石碑」の横の急階段を上がって山の上のほうにゆくと、「十一面観音」が安置されていて、それが「平和観音」と呼ばれているらしい。HPの写真をコピーしておきます。大きな観音様のようです。「幸福の鐘」というののも「江ノ島」が見えるところに、設置されているらしく、説明板が下に置かれていました。m99-39-06 F5048頭の中が整理できないまま、前進・・今度は「菊川橋」のちょっと手前に「東京大空襲の犠牲者供養碑」です。m99-39-07 F5050m99-39-08 F5051

 

m99-39-09 F5052暫く行くと、またまた分からない標識です。「本堂」と「大堂」? 行きたいのは「本堂」ですが、「らくらく参道」のほうが良いのかな? 木瓜爺右に行きましたが、正しいのは左だったようです。ただ、左に行くと正面口ですが、長い石段を上るのがきつかったようです。

右に進んだ木瓜爺は、本堂ではない方に進みましたが、途中で左に行くゆるい坂を見つけてそれに入りました。m99-39-10 F5054

m99-39-11 F5055

 

これで、無事に「本堂」に到着したのですが、そこで、正面口の階段を見下ろした写真があります。m99-39-12 F5093

 

童子達がずらりと並んで迎えてくれたようです。ここで、後日HPで入手した「境内図」を入れて説明しましょう。こうなっていたのです。木瓜爺は右横の「大山寺駅」からやってきました。付き当たった所で右に行き、トイレの所から入り込みました。「大堂」ではなくて「大師堂」だったのです。m99-39-16 ke-daimap

左に進んでいれば、「前不動」の背後に出たのですね。この図で分かったのは、「男坂」が消えて(?)ずーっと女坂だということ、「前不動」は、男坂と女坂の分岐点にあると「新編相模国風土記稿」に書かれていますから、その頃は多分「大山ケーブル駅」あたりにあったのでしょう。なお前不動が二つ書かれているのはよく分かりません。m99-39-13 F5056不動堂

ともあれ、本堂=不動堂にお参りします。というところで、前半終了。ゴメンナサイ。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩, 木瓜爺珍百名山 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中