2016/10/31: 北小曽木漫歩;木瓜爺撮歩36-14 高峯山 正澤寺 (No.2850)

成木8丁目自治会館自治会館の所に、「正澤寺」のほうから流れて来る小川があり、それをさかのぼって行く事になります。m36-14-01 F5319

 

「新編武蔵風土記稿」にある「正澤」という小名は、北小曽木村の中程だそうです。先ほどまであるいて来た街道沿いの川は「北小曽木川」と記されています。面白いなあと思ったのは、榎峠と松の木峠の水を集めて、成木村のほうに流れる川については、「川 無名の川なり ・・・」としていることでした。この「正澤寺」からの川については何も書かれていません。 川沿いに歩く事300m程で、道は二叉に分かれますが、右側の分岐で、「正澤寺」入口に到着。道路の左側に石柱が立っていました。川を渡って入ります。m36-14-02 F5322住所は「青梅市成木8-497」のようです。

曹洞宗の寺院で「高峯山 正澤寺」。風土記稿には、こう書かれています。『除地一畝十八歩 畑七畝十七歩 小名正澤にあり 曹洞宗 郡内二俣尾村海禅寺の末 高峯山と号す 客殿九間に四間半 南向 本尊は将軍地蔵 木の坐像にて長八寸 開山徳光禅師 慶長十八年寂す  白山権現社 境内南の角にあり』

この「北小曽木村」を担当した風土記稿の著述者は、「曹洞宗」を正しく認識しておられます。木瓜爺ブログをご覧になって下さった方々は、ご記憶でしょう。多くの寺で「禅宗曹洞派」と書かれていたことを。当時、地誌の調査・記述にあたった人々の大多数は、禅宗の中に「臨済派」「曹洞派」があると思っていたようです。この時代でも、「禅宗系」の中に、鎌倉や京都に本山をもつ「臨済宗」と北陸の片田舎に本拠「永平寺」及び「総持寺」を持つ「曹洞宗」は別のものだったのですが、認識されていなかったようです。「総持寺」は「鶴見」には来ていません。まだ「輪島」にありました。「臨済宗」は、鎌倉時代から、政権の近くにありました。それに対して、曹洞宗の「道元」は、北条時賴に呼ばれて鎌倉に来ますが、時賴は「道元の思想」が理解出来ず、そのまま返してしまいました。見方をかえると、「曹洞宗」が分からなかったので、「臨済宗」を保護したと云うことかも知れません。m36-14-03 F5327

 

入口に並ぶ六地蔵です。風土記稿にある「白山権現社」は見当たりませんでした。神仏分離の時、どこかに合祀されたのでしょう。m36-14-04 F5328

 

境内に立つ観音様。m36-14-07 F5336正澤寺

 

本堂です。風土記稿時代にはなかったお堂でしょう。これでは北向に近いです。今も本尊は「将軍地蔵」なのでしょうか? 隙間から中を拝んだだけでは、暗くて分かりません、中央に小さな仏像があるようでした。左は地蔵堂。

「高峯山」というと「天寧寺」と同じ山号ですね。あそこも、曹洞宗でしたが、ここは「海禅寺末」。海禅寺は、Choi-Boke爺ちゃんのブログ「靑梅フォトウォーク」で歩いていますが、また行かなくちゃ。3月29日:青梅フォトウォーク第8回-2 海禅寺

つまり、Choi-Boke爺ちゃんが歩いた当時は、単体の海禅寺としてしか見ていません。しかし、周辺の寺院を歩いて見て、壇林(曹洞宗の学校)のあった「天寧寺」と「末寺を増やした 海禅寺」の住み分け(本山 「永平寺」と「総持寺」のような)みたいなものを感じたので、そういう視点で見直してみたいなと思います。m36-14-06 F5329

本堂の額ですが、「正」と「屈」の間は何だろう? ですね。禅宗では「屈」がよく出て来ます。座禅を組む場所に使われるようです。

この寺に関するインターネット情報は殆どありません。「猫」さんも寺名と住所だけですね。

境内におられたご近所のかたとお話したのですが、お寺の方には丁度来客がおられて、お寺の方とはお話出来なかったのです。来客が帰られたあと、ご本尊の事だけでも、伺って来るのだった。曹洞宗ですから、釈迦如来や観世音菩薩なら普通。風土記稿に書かれたような「将軍地蔵」なら珍しい! ということになるのです。失敗しました・・・・そのご近所のかたのお話では、このあたりは、夜になると、鹿とか猪が庭や家の周りをうろつくそうです。
寺社散歩で、いつも思うのは、失礼にならない程度のお札を入れたお布施の袋を持って歩かないといけないなあ、これがあれば、お寺の方に本尊様を拝ませて下さいとお願いしやすいのです。・・ということなのですが、直ぐに忘れて「から財布」で歩き出してしまうのです。お賽銭用の小銭はがま口に入れていますけど・・・

m36-14-08 F5331

こちらは「地蔵堂」のお地蔵様ですが、一般的な「延命地蔵」のようです。後ろの方に「板碑」が置かれて居ますね。m36-14-09 F5333

 

この梵字は何だ?向かって右は「阿弥陀如来」のようですね。左ははっきり見えません。違う文字だと思います。「釈迦如来」かも知れません。

m36-14-10 F5337

ご近所の方にもお礼を申しあげて、退散いたします。成木八丁目自治会館の前には、バス停とトイレがあった筈。後者に用事が発生してきました。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中