2016/11/04: 越生散歩;木瓜爺撮歩88-48-2 黒山三滝 〔2.男滝の虹〕 (No.2854)

天狗滝を離れて、さらに進むと、茶店があり、其の先が滝を眺める場所になっています。しかし、二つの滝が同時に完全に見える場所は、ありません。「女滝」展望場所では「男滝」の上の方しか見えないのです。「男滝展望所」では「女滝」が見えません。越生町のHPには、全体が分かる写真があるのですが、コピーも借用出来ないようです。リンクしておけばよいのかな? 今回は中止・・・研究します。その代わりというとおかしいでしょうが、「新編武蔵風土記稿」の黒山村をちょっと引用します。『黒山村は河越城の西六里にあり・・(中略)山村なれは 水田少なく陸田多けれど これを山林に比すれば三分の一にも及ぶべからず 用水は村内 男滝女滝の滝壺より溢るる流れを引来て漑けとも 水旱共に患いあり・・(後略)』 まだ黒山三滝の名前はありませんが、男滝女滝は。村の農耕に使われていたようです。なお、風土記稿によると、この川は「黒山川」だそうで、下流で「龍穏寺」のほうから来る「龍ヶ谷川」と合流した後が「越辺川」と書かれています。木瓜爺撮歩に戻ります。

これは、茶店の所に上がって行く石段。上がると小広m88-48-26 F3760場があります。m88-48-27 F3762「黒山三滝(くろやまさんたき)」の大きな標識の横に説明板がありました。m88-48-28 F3763

「越辺川」は「おっぺがわ」と読みますが、ふりがななしですね。昨日、このあたりは「断層地帯」のようだと書いたのですが、当たっていました。やはり「天狗滝」が一番落差が大きいのですね。大本は「修験道場」・・天狗滝の奧にその痕跡が残っているm88-48-29 F3764女滝のです。・・「尾張屋三平」は別名「新井宗秀」ですか・・新吉原というのは何だったっけ? 日本橋にあった吉原(元吉原)が明暦の大火で焼けて、浅草日本堤に移ってそこを「新吉原」と呼んだ・・・成る程。 こちらが「女滝」4.5mですから、可愛らしい滝です。滝壺も浅いようですね。「男瀧」に行くには、ここから直接岩階段を上がる道と、右から大きく迂回して、橋を渡って男滝の前にでる道があります。木瓜爺は直登したのですが、足元の覚束ない老人は大回りして下さるほうが無難です。ただし、この日は、直登が正解だったのです。m88-48-30 F3765 男滝

滑りやすい岩の上での撮影なので、シャッター速度を早くしています。本当は、もう少し遅い速度にして、滝の水滴が水流に見えるように写した方がよいのでしょうが・・・で、気が付きましたか? 下方1/3位の所です。「虹」が出ているのです。この虹、岩場では見えるのですが、橋からは見えません。しばらく見とれていたのは良いのですが、ちょっと身体の向きを替えようとしたら、靴底がつるっ! 心臓がドキッ! です。ほんの少しの滑りですが、場所が場所だけに冷や汗がでました。気を取り直して、カメラを構え直しましたが、膝が笑い出したようです。m88-48-31 瀧に虹F3769

ほうほうの体で、橋の上に移動しました。でも、虹は見えなくなりました。橋を渡りきった所に「滝不動」がおられました(写真の右端)。

m88-48-32 F3772

m88-48-33 F3775お地蔵様も一段高い所に居られます。一回りして、ご挨拶。斜面の上の方に、お社がありましたが、立入禁止のクサリがかかっていました。m88-48-34 F3779どちらかというと、 危険防止のようです。大回りすると書いた緩い石段の方を通って、下におります。

ちょっと小休止。二度も、よろめきが発生したのは、多分体調が完全ではないのでしょう。これは、前途多難だなm88-48-35 F3793あ・・・臆病といわれても、今日は安全第一で過ごそう・・・この決心(?)のせいで、神社を一つパスすることになるとは、知るよしもありません。冷や汗も引っ込んだようです。出発! 来た道を戻ります。途中、トイレの近くにおられたお地蔵様を発見しました。m88-48-36 F3794

「紅葉」の具合を見るのを忘れていました。まだのようですねえ・・地図を見ると、バスを降りた辺りに、「熊野神社」と「全洞院」というお寺があります。まず個々に寄って、寺社散歩開始です。
「新編武蔵風土記稿」の男滝・女滝を書いておきましょうか。『男瀧女瀧 二瀧共に村西にあり 男瀧は岩石壁立せる山の半腹より飛流す 長さ一丈許 激勢いと甚し 此滝壷より又飛流せる七八尺の瀑あり 此を女瀧と呼ぶ 男瀧の落口は幅二尺許 女瀧は幅三尺許 女瀧の滝壷より流れ出る水一條の流となり谷間を屈曲し村の中央にて河ふり峠より出る渭水に合す その下を黒山川と呼べり』。 「河ふり峠」というのは「顔振峠」のことですね。

広告
カテゴリー: 里山, 観光旅行, 川原, 散歩 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中